沖縄の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索

沖縄観光情報

  1. 沖縄でカヤック!楽しみ方とプラン情報
PR
“疲れる旅選び”をなくしたい!おすすめプランだけを集めた「たびらい厳選ツアー」

達人指南

現地の達人が旅行の楽しみ方を伝える観光コラムです。人気の観光地から知る人ぞ知る穴場まで、達人だからこそ分かる一歩踏み込んだ“通”な情報を紹介しています。

沖縄でカヤック!楽しみ方とプラン情報

  マングローブの森に透明度の高い青い海を満喫したいなら、カヤックが一番。初心者でも安全で、年中楽しめる沖縄カヤックの楽しみ方を紹介。

透き通った沖縄の海の上で浮遊感を味わえるのがカヤックの醍醐味

  カヤックといえばダイビングやシュノーケルと並ぶ沖縄で人気のマリンスポーツ。沖縄にはカヤックショップが数多くあり、初心者でも、子どもでも、お年寄りでも、安全に楽しめる多彩なプログラムが用意されている。そもそも、カヤックの魅力とは、五感を使って楽しむことにある。風景を眺め、潮の香りをかぎ、波の音を聞きながら自分の力で漕ぐ。沖縄の大自然を満喫するのにピッタリなレジャーだ。沖縄カヤックガイドの草分け的存在、大湾文雄さんが沖縄ならではのカヤックの魅力、楽しみ方、ポイントなどを熱く語る。
(聞き手/黒田史夫)

更新日/平成27年(2015)12月

◆カヤックで遊べるモデルコース
家族向けコース
グループ向けコース

◆その他のカヤック情報沖縄のおすすめカヤックプラン

大湾 文雄さん
(おおわん ふみお)
大湾 文雄さん

沖縄カヤックの達人
  沖縄県カヤックガイド協会副会長&沖縄県カヌー協会役員。沖縄県那覇市の出身。Sea Kayak Tours BIGBAY代表。カヤックショップ運営に関するガイドライン作りや安全講習の徹底など、県内カヤックショップの地位向上のために日々奮闘中。
沖縄県カヤックガイド協会:⇒http://kayakguide.ti-da.net
Sea Kayak Tours BIGBAY:⇒http://www.cosmos.ne.jp/~bigbay/new2.html

達人が語る「沖縄カヤック」の魅力

カヤックの上からも水中が手に取るように分かる

  カヌー、カヤックと聞くと、何を思い浮かべるだろう。川遊びのイメージが強いかもしれない。しかし沖縄では、川はもちろんのこと、海でのカヤックも人気だ。沖縄の海や自然が好きだけど、シュノーケリングやダイビングとは違うマリンスポーツを楽しみたい人には、うってつけのレジャーだ。家族みんなで、カップルで、友人同士で、一緒にパドルを漕ぐことで、沖縄の大自然を感じながら「絆」も深まるに違いない。
 ところで、「カヌー」と「カヤック」。この2つの違いはなんだろうか? 「カヌー」とは「丸木舟」、「パドルで漕ぐ小舟」のことで、この手の小舟の総称が「カヌー」。一方、「カヤック」にはさまざまな種類があるが、パドルの種類によって「カヤック」と「カナディアン・カヌー」の二つに分類される。しかし、カヤックの達人・大湾文雄さんは「カヌーとカヤックに厳密な違いはないよ」とさらりと言う。舟そのものに違いがあるのではなく、遊び方の違いによって「カヌー」と呼んだり「カヤック」と呼んだりしているのが実情なのだそうだ。
 沖縄のカヤックの特徴は「シュノーケルとセットで楽しむこと」と、「初心者向けのプログラムが多いことだ」と達人は言う。現在、沖縄県内には200軒近くのカヤックショップが存在するが、多くはダイビングショップ内に併設されている。どちらかと言うとシュノーケルがメインで、カヤックはポイントまでの移動手段、という位置づけのショップが多いようだ。これはダイビングを中心に発展してきた沖縄のマリンスポーツ業界ならではと言える。
 また、沖縄の大多数のショップで使用されているカヤックは、推進力に勝り、波や風に強い本来のシーカヤックではなく、「シット・オン・トップ」と呼ばれるレジャー性の強いタイプ。船体が短く、幅が広く安定しているので初心者でも扱いやすい。体験カヤックにピッタリだ。本格的なシーカヤックを希望する場合は、「自分の経験や目的をきちんとショップに説明し、希望に合致するかどうか、事前に確認することが大事」と達人はアドバイスする。

洞窟、マングローブ、無人島……。人気のツアー目白押し

無人島に行く途中、岩穴を抜けるなどと、アドベンチャー要素も

  ここ数年、不動の人気ナンバー1ポイントが「青の洞窟」。シーカヤックとシュノーケルがセットになったカヤックツアーだ。恩納村の真栄田岬下にある青の洞窟はダイビングの人気スポットとして有名。断崖絶壁に沿って、無数の奇岩を眺めながら洞窟へとカヤックでアプローチするコースは、ちょっとしたアドベンチャー気分が味わえる。「シーズン中の洞窟内の人口密度が高いのが難点だけど」と達人。だが、それを補って余りある神秘的な体験ができるはず。人気プログラムだけに、どう選べばいいか悩んでしまうが、ショップによるツアー内容はそれほど差がない。
 マングローブカヤックも沖縄らしさが感じられる定番の人気ツアーだ。亜熱帯ならではのマングローブが繁茂する川をカヤックでゆっくりとパドリングして進む。シーカヤックと比べ、波の影響を受けにくいので初心者でも安心だ。沖縄特有の貴重な動植物の観察をするエコツアーとしての側面もある。「マングローブは県内数カ所にあり、それぞれのポイントにカヤックショップがある」と達人。まずは、目指すポイントを決めればショップ選びもしやすいだろう。
 もう少しカヤックそのものを楽しみたい人には、無人島ツアーがおすすめ。文字どおり、シーカヤックで無人島へ渡り、島でキャンプをしたり、サンゴの海でシュノーケルを楽しんだりする。目指すは本島沿岸の無人島なので漕ぐ時間は、それほど長くない。初心者でも子どもでも安心して参加できる。半日ツアーや1日ツアーなどがあり、ショップごとに個性的なプログラムが組まれている。ちなみに、達人がオーナーガイドを務める「BIGBAY」では、恩納村の沿岸に浮かぶ無人島への1Dayツアーを主に扱っている。リピーターが多い人気ツアーだ。

上級者なら、離島を巡るツアーやフィッシングカヤックも

カヤックに疲れたら、真っ白なビーチでのんびり休憩

  沖縄のカヤックショップは観光客向けの体験プログラムばかりではない。本格的に沖縄の海でカヤックをやりたい人には那覇市にある「パドリングガイド漕店」がおすすめ。達人いわく、「全国的に有名な本格派のカヤックショップ」だ。離島をシーカヤックで漕いで巡る「アイランド・ホッピング・ツアー」など上級者向けのプログラムが充実している。たとえば、慶良間諸島周辺をカヤックで周遊し、ビーチでキャンプを張って2泊3日などのカヤックの旅を楽しむというもの。
 その他にも「最近の流行はフィッシングカヤックだ」と達人は言う。小回りが利き、細かなポイントやインリーフまで進入できるカヤックの特性を生かした楽しみ方だ。
 沖縄でカヤックの魅力にはまり、帰ってから本格的にカヤックを始める人も多い。初心者から経験者まで幅広く遊べるカヤックの世界。どうやら沖縄はカヤックの入り口としては最適な場所のようだ。

取材協力&写真提供=沖縄県カヤックガイド協会、Sea Kayak Tours BIGBAY

たびらいホテル予約であなただけの旅しおりお届けします!

沖縄カヤックの達人おすすめスポット

人気のマングローブカヤック3選

  沖縄本島でジャングル気分を満喫

  • 比謝川カヤック
おすすめポイント
  本島北部、東村にある慶佐次(げさし)湾のヒルギ林は、本島内では一番有名なマングローブの群生地。北部やんばるの大自然を体験できる。金武(きん)町の億首川(おくくびがわ)と嘉手納(かでな)町の比謝川(ひじゃがわ)は町の近くでジャングル気分が味わえる貴重なマングローブ。特に比謝川は国道58号線のすぐそばなのに、街中とは思えないほど。那覇からのアクセスも良く、半日あれば十分楽しめる。

離島で楽しむカヤック3選

  離島ならではの大自然を堪能する

  • NO1
  • NO2セブンシーズ カヤック
  • NO3ぱいしぃず カヤック
おすすめポイント
  渡嘉敷島座間味島を中心とした慶良間諸島は、那覇市の西約40キロに位置する。世界でも有数の透明度を誇る海が広がり、内湾は穏やかでシーカヤックの人気ポイントでもある。宮古島はカヤックだけではなく島内のエコツアーと併せてで楽しみたい。西表島では、壮大なマングローブや落差の大きい滝もあり、楽しみ方が豊富だ。

プラスアルファを楽しむカヤックツアー

  一緒に楽しめば、カヤックの魅力が倍増

おすすめポイント
  昼間の海もいいけれど、夕日を眺めたり、夜にはビーチでキャンプしたり。沖縄の海だからこそ味わえる「プラスアルファ」のカヤックツアーも面白い。キャンプ&カヤックツアーは上級者のイメージがあるが、ショップが十分な準備をしてくれる。島でキャンプとまでは行かなくても、半日、1日の無人島ツアーもあり、サンセットを海上の眺めることも可能だ。ナイトツアーなら夜行性の動物の生態が観察できる。

沖縄のホテル探しなら「宿くらべ」

  • ビーチが自慢!沖縄リゾートホテル5選
  • プールがすごい!沖縄ホテル5選
  • ペットと楽しめる沖縄のホテル4選
編集部の視点
  沖縄のいい宿研究会が厳選した沖縄のホテルを目的別にご紹介。お得に楽しくホテルを選んで沖縄を旅するヒントがたっぷり詰まっています。自分好みのプランがきっと見つかるはず。
⇒「宿くらべ」をもっと見る

JALプライベートリゾートオクマ

達人が答える沖縄カヤックQ&A

Q どんな服装で参加すればいい?
A シュノーケルとセットになったツアーでは、ウェットスーツを着るので水着着用をお忘れなく。それ以外の場合は、ゆったりしたTシャツなど動きやすく濡れても大丈夫な服装で。ラッシュガードはくっきりと日焼け跡がついてしまうので避けたほうが無難。
⇒カヤックの服装や準備をチェックする
Q カヤックを漕いだことがなくても、すぐにツアーに参加できる?
A スタート前にはパドリングの講習があるので初心者でも心配はいらない。心配なら事前にパドリング講座をみておくと安心。
⇒カヤックのミニパドリング講座を見る
Q ツアーに参加せず、カヤックをレンタルして個人でもできる?
A 安全面から不可。カヤックショップが開催するツアーに参加すること。希望のポイント近くのショップでもいいし、現地集合のショップでもいい。
⇒カヤックのツアーを予約する
Q カヤックショップを選ぶときのポイントは?
A 自分の希望に合ったカヤックポイントやツアーで選べばいい。ただし、安全面への配慮が十分かを見極めてほしい。ショップのホームページだけではなく、ひとつの目安として「沖縄県カヤックガイド協会加盟店」かどうかを調べてみるといい。加盟店は「充分な技術講習や安全講習を受けている」と協会副会長の達人の言葉。
これだけ見れば安心!―カヤックの魅力・準備・パドリング講座―

  季節や天候に左右されず、1年中遊べるカヤック。多少の雨でも遊べる子どもから年配者まで家族みんなで楽しめる川と海のレジャー。
 でも・・・「海と川、それぞれのカヤックの魅力は?」
      「事前に準備するべきものは?」
 そんな疑問もここで解決。あとは現地で楽しむだけ!
 ⇒カヤックの魅力・準備・パドリング講座を見る 

沖縄のいい宿研究会厳選!沖縄リゾートホテルランキング

いざないの一枚

カヤックと合わせて楽しむおすすめ情報

その他のアクティビティ

大きなクジラが海を悠々と泳ぐ姿に感動

沖縄の冬おすすめ「ホエールウォッチング」

沖縄本島のシュノーケリングポイントを紹介

沖縄シュノーケリング 沖縄本島編

八重山諸島のおすすめシュノーケリング

沖縄シュノーケリング 石垣島&八重山諸島

慶良間諸島のシュノーケリングポイントを紹介

沖縄シュノーケリング 慶良間諸島編

誰でも楽しめる沖縄キャンプの魅力

キャンプ情報満載!沖縄キャンプの魅力

青く輝く海に向かって、豪快ショット!

一年中OK!沖縄リゾートゴルフの魅力

沖縄の自然に触れて心も体も癒される

沖縄ならではのトレッキングで自然体験

おすすめの観光スポット

本部町/沖縄の海を再現した感動的な光景に出会う

沖縄美ら海水族館の楽しみ方を徹底ガイド

名護市/パイナップル尽くしの人気スポット

人気観光施設「ナゴパイナップルパーク」

読谷村/沖縄の文化や伝統を体験できる

人気観光施設「体験王国むら咲むら」の魅力

名護市/沖縄の地元ビールの魅力に迫る

オリオンハッピーパークでビール工場見学

南城市/沖縄を代表する観光スポットを紹介

「おきなわワールド・玉泉洞」の楽しみ方

うるま市/沖縄の生態系が見られる植物園

人気観光スポット「ビオスの丘」の楽しみ方

北谷町/観覧車がシンボルの人気エリアをガイド

人気リゾート美浜アメリカンビレッジの魅力

沖縄を楽しむ居酒屋・BAR

那覇市/おいしい料理と合わせるこだわりワイン

自然派ワイン居酒屋 zoucafe(ぞうかふぇ)

北谷町/おしゃれなカフェバーから眺める夜景

NIRAI(にらい)

中城村/夜景を見ながら洋風料理を頂く

Hanta Baru(はんた ばーる)

宜野湾市/こだわりの店内で料理とお酒を堪能

Cafe Distance(でぃすたんす)

与那原町/洋食とワインとジャズを楽しむ

洋食堂タロウ(ようしょくどうたろう)

那覇市/生簀の新鮮活貝をその場で楽しむ

生け簀の銀次 新都心店(いけすのぎんじ)

那覇市/沖縄&本土の直送新鮮魚介を堪能

ぴかり魚(ぴかりぎょ)

那覇市/豊富でおいしいおつまみが自慢

お酒とおつまみの店 KIITOS(きーとす)

那覇市/口コミで評判が広がった久茂地の隠れ家

居酒屋 笑里(しょうり)

那覇市/島の恵みをありのままに快く楽しむ

まいすく家(まいすくや)

温泉・スパのある人気ホテル

豊見城市/海に囲まれた絶景の地で温泉を楽しむ

琉球温泉瀬長島ホテル

名護市/寛ぎも、喜びも、世界基準。

オキナワマリオットリゾート&スパ

名護市/豊かな森と心温まるおもてなしに感動

ザ・リッツカールトン沖縄

南城市/極上のリラクゼーションで最高の1日を

ユインチホテル南城

恩納村/スパ・エステ・マリンが楽しめる

沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパ

恩納村/癒しの空間が広がるリゾート

SPA RESORT EXES(スパリゾートエグゼス)

北谷町/笑顔がはじけるとっておきの休日を

ザ・ビーチタワー沖縄

那覇市/那覇で極上のリラクゼーションを

ロワジールスパタワー那覇

恩納村/充実したマリンスポーツが自慢

ルネッサンスリゾートオキナワ

那覇市/リゾートと都市を楽しむホテル

沖縄ナハナ・ホテル&スパ

その他の達人指南を見る

岬の上から見た「真栄田岬」のポイント。夏のシーズン中は賑わう

沖縄シュノーケリング 沖縄本島編(青の洞窟など)
サンゴ礁の海に囲まれた沖縄は、水面に浮かびながら海中散歩を楽しめるシュノーケリング天国だ。沖縄のシュノーケリング・ポイントを知り尽くした達人が、数多くある沖縄本・・・

沖縄本島北部、国頭村の比地大滝(ひじおおたき)

トレッキングで沖縄の自然体験、おすすめコースも紹介
最近注目されつつある、自然体験型ツアー。個人で楽しむ以外にも、団体旅行でツアーに取り入れるところも増えてきた。中でもトレッキングは1年を通して気軽に体験できる。・・・

ヤンバルの森でキャンプファイアーの炎を囲む

沖縄でキャンプを楽しむ!キャンプ場情報も
海で、山で、オートキャンプ! 沖縄キャンプの楽しみ方や人気のキャンプ場を紹介。

北部にはきれいなビーチが目白押し(万座ビーチ)

沖縄本島北部のビーチならココがおすすめ
沖縄本島の北部は「ヤンバル」とも言われ、自然豊かな地域として近年人気が高まっている。北部ビーチの魅力は東と西で大違い。ヤンバルの自然に抱かれたような東のビーチと・・・

整備されたビーチでは安全に海を楽しめる(サンセットビーチ)

沖縄本島中部のビーチならココがおすすめ
沖縄本島中部は、那覇からのアクセスも便利で、西海岸、東海岸に個性豊かなビーチが多数。大自然と沖縄の歴史文化を感じるビーチを紹介。

久高島の穴場ビーチ「やぐるがー」にて美しい海を家族で独占

沖縄本島南部のビーチを観光するならココがおすすめ
那覇での宿泊でも楽しめる近場のビーチが多いのが南部の特徴。市民憩いのビーチから、南部観光の際に訪れたいパワースポット近くのビーチまで、南部のビーチを紹介。

まだまだ手つかずの浜が多い八重山(西表島・イダの浜)

沖縄・八重山諸島のおすすめビーチ
世界的なトラベルガイド「ロンリープラネット」でミステリアスな島々として紹介されたこともある八重山の島々には、確かに素晴らしい自然ビーチがたくさん。石垣島以外の、・・・

宮古島の海と浜の美しさは沖縄でも一、二を争う(砂山ビーチ)

沖縄・宮古島諸島のおすすめビーチ
那覇から飛行機で約45分。そこはビーチ天国の宮古島だ。極上の砂浜でゆったりするのもよし、宮古島周辺の離島へ出掛けてのんびりするのもよし。宮古島のスペシャルビーチ・・・

慶良間の海はウミガメやクマノミが泳ぎ回る(渡嘉志久ビーチ)

慶良間と沖縄本島周辺離島のおすすめビーチ
沖縄本島からフェリーや飛行機で30分から1時間程度で行ける慶良間諸島や本島周辺の離島。島へ渡れば、都会の喧騒を忘れさせてくれるゆったりした時間が流れている。日帰・・・