1. 道の駅おおぎみ やんばるドライブの休憩に

達人指南

現地の達人が旅行の楽しみ方を伝える観光コラムです。人気の観光地から知る人ぞ知る穴場まで、達人だからこそ分かる一歩踏み込んだ“通”な情報を紹介しています。

道の駅おおぎみ やんばるドライブの休憩に

  沖縄本島北部は「やんばる」と呼ばれ、豊かな自然が広がるエリア。やんばるドライブの途中にちょっと寄り道して、シークヮーサー(沖縄産のかんきつ類)ジュースを飲んでひと休みするのにピッタリな道の駅を案内。

道の駅おおぎみ外観

  長寿の里として有名な沖縄本島北部の大宜味村(おおぎみそん)。自然が豊かでのどかな村にある道の駅では、シークヮーサーや赤土大根(あかつちだいこん)といった地元の特産物をはじめ、旬のさまざまな野菜や果物、加工品を買うことができる。直売店の店主を務める手登根(てどこん)さんは、「おじい」と呼ばれ親しまれている人気者で、おじいに会いに来る観光客も多いのだとか。そんな元気な手登根おじいから、道の駅おおぎみのおいしいもの、おすすめの商品を紹介してもらった。

更新日/平成27年(2015)12月

その他の「道の駅グルメ」を見る

[たびらいセレクション]

手登根 恵貴 さん
(てどこん けいき)
手登根 恵貴 さん

道の駅おおぎみの達人
  道の駅おおぎみの直売店の店主。年齢については70歳過ぎたら忘れることにしたが、あえて言うなら昭和5年(1930)生まれだそう。気持ちはいつでも高校3年生。健康の秘訣は毎日畑に行くこと、道の駅でお客さんとおしゃべりして出会いと交流を楽しむこと。「一日中家でテレビ見ててもしょうがないさーね」と笑う。

地元でとれたて、旬の果物や野菜が勢揃い。

おしゃべりしながらパイナップルを選ぶ地元のお母さんたち

  夏はパイナップルマンゴードラゴンフルーツなどのトロピカルフルーツや、冬瓜、ししとう、かぼちゃなどの夏野菜がずらりと揃う。どれも地元大宜味村をはじめ、近隣の東村や国頭村(くにがみそん)など沖縄本島北部一帯の農家から直接仕入れた新鮮なものばかり。「8月頃からシークヮーサーが出始めて、秋から冬にかけてタルガヨー、タンカンなどがでるさー」と手登根さん。どれも大宜味特産のかんきつ類だ。特に大宜味産シークヮーサーは甘酸っぱくおいしいと評判。ビタミンCたっぷりで美容と健康にもいい。手登根さんも毎日ジュースにしたり、絞り汁を刺身にかけたりして食べているそうだ。
 観光客はもちろん地元のお客さん、手塩をかけて育てた農作物を持って来る農家の人とのふれあいで道の駅は活気づいている。

元気なお年寄りに会える道の駅。

「おいしいわよ〜めしあがれ!」と笑顔で話す平良さん

  道の駅おおぎみの店頭で野菜や果物を売っている平良さんはなんと79歳。あまりの若々しさに驚きだ。「70代はまだ青年!」と手登根さんが威勢よく言うとおり、さすが長寿の里、平良さんもチャキチャキと手際よく試食用の果物を切って用意し、お客さんとの会話を楽しんでいる。夏のおすすめ野菜として手に持っているのは「そうめんかぼちゃ」。大宜味で生産されているかぼちゃで、ゆでると実がそうめんのように細くほぐれていく珍しい野菜だ。冷やしそうめんのように麺つゆで食べるとおいしいらしい。

大宜味産で有名な農作物のひとつ、赤土大根。

さすが長寿の村。元気なお年寄りがおいしい赤土大根を作っている

  店内に入るとシークヮーサーを使った調味料や飲み物、大宜味産のお茶、沖縄本島最北端の田嘉里酒造所(たかざとしゅぞうしょ)の泡盛など、地元の名産品が揃っている。手登根さんはシークヮーサーや野菜などを作っていて、赤土大根もその一つ。大宜味の赤土で育つ大根は、通常の大根より太くて大きい。生で食べても甘味がある。「旬は11月~5月ごろだから、夏は売っていないけど、切り干し大根があるから買っていったらいいよ!」とおすすめしてくれた。
 道の駅おおぎみの楽しいところを尋ねると「夏は若い女の子がたくさん来て、冬になると若くない女の子がたくさん来るよー」と冗談を言って笑わせる元気な手登根おじいが、一番の人気のもとなのかもしれない。

滝を眺めながら食事を楽しむ。

清らかに流れる水のせせらぎに耳を傾けてはいかが

  道の駅の裏に親川(ウェーガー)という滝がある。ロープが張られていて立ち入り禁止だが、1階の「ふるさと食堂」、2階にある和そばの店「美ゅうびゅう(びゅうびゅう)」のテラス席では滝を眺めながら食事が楽しめる。大宜味産のそば粉を使った和そばに舌鼓を打ちながら、流れ落ちる滝の水音に耳を澄ますのも風流。美ゅうびゅうの店内からは海が一望でき、眺めの良さは抜群だ。

[たびらいセレクション]

沖縄のいい宿研究会厳選!沖縄リゾートホテルランキング

道の駅おおぎみのおいしいものと周辺の名所めぐり!

道の駅おおぎみの食堂で食べたい!ふるさとの味ベスト3

  お腹が空いたら、ここでしか味わえない手づくりのご当地グルメを堪能。

  • 作り方にひと工夫したこだわりの一品
  • 自慢の押川シークヮーサーを100%使ったソフトクリーム
おすすめポイント
  道の駅おおぎみ1階にある「ふるさと食堂」では、沖縄そばチャンプルーなど沖縄の定番料理が味わえる。中でもジューシー(沖縄風炊き込みご飯)のおにぎりや、大宜味の特産品シークヮーサーを使ったソフトクリーム、さらに近くの塩屋湾(しおやわん)で養殖している新鮮な海ぶどうをたっぷり盛りつけた海ぶどう丼は、ぜひ食べてほしい人気メニューだ。

まだまだある、こだわりの名店

  地元の素材にこだわる。ボリュームにこだわる。地元の素材にこだわる。大宜味の美味しい店から選び抜いた3店を紹介する。

  • 地元の食材を使った料理はヘルシーで美味
  • 大宜味村産蕎麦粉を使った「十割蕎麦」
おすすめポイント
  牛肉ともやしたっぷり、大盛りの牛肉そばが有名な「前田食堂」。地元の旬の食材にこだわり、島野菜の恵みを伝える「笑味の店」。道の駅おおぎみの2階にある十割蕎麦の店「美ゅうびゅう」。個性豊かなおいしいものを楽しんでみよう。

自然と歴史にふれる大宜味村の名所

  塩屋湾の風景、滝、歴史ある建造物まで村の見所を紹介。

  • 浅瀬から深いところへ。青のグラデーションが美しい。
  • 沖縄の青い空に映えるモダンな建物
  • 滝の近くはマイナスイオンたっぷり。
おすすめポイント
  ドライブにぴったりな景色のいい塩屋湾(しおやわん)。集落の奥にある森の中を流れ落ちる喜如嘉(きじょか)の七滝では清々しい気持ちに包まれる。沖縄県内に現存する最も古い鉄筋コンクリートの建物、旧大宜味村役場庁舎で沖縄の建築の歴史に触れることができる。

本島北部のホテル探しなら「推し宿」

  • 恩納村で朝食が人気!ホテル4選
  • 恩納村のお手頃リゾートホテル3選
  • 大人数で泊まれる恩納村のホテル3選
編集部の視点
  沖縄のいい宿研究会が厳選した本島北部周辺のホテルを目的別にご紹介。お得に楽しくホテルを選んで沖縄を旅するヒントがたっぷり詰まっています。自分好みのプランがきっと見つかるはず。
⇒「推し宿」をもっと見る

道の駅おおぎみの交通アクセス・施設情報

  那覇空港から沖縄自動車道を通ってひたすら北へ。または、国道58号をのんびり寄り道しながら北上するもよし。

レンタカーで

  那覇空港から沖縄自動車道を通って車で約1時間30分。
那覇空港から国道331号を南下すると一番近い豊見城・名嘉地ICから乗る。終点の許田ICを降り国道58号を北上して、大宜味村に入ってしばらくすると右手にある。
一般道だと空港を出て車で国道58号を北上して約2時間かかる。

住所:沖縄県大宜味村根路銘1373
TEL:0980-44-3048
営業時間:8時30分~17時30分
定休日:年中無休
駐車場:有り

道の駅おおぎみQ&A

Q 道の駅おおぎみの前の海は泳げる?
A 遊泳禁止ではないがシャワーなどの施設は特にない。
大宜味村の隣、国頭村にはJALプライベートリゾートオクマの中にオクマビーチがある。
⇒沖縄の海で遊ぶアクティビティ探しはこちら
Q 道の駅おおぎみの看板に描かれている「ぶながやー」って何?
A 大宜味村のシンボルキャラクターでもある「ぶながやー」は、古くから大宜味村の森や川に住むといわれている伝説の妖精。平和と自然を愛し、子どものように小さく体も髪も赤いのが特徴だ。
Q 道の駅おおぎみの側にある石碑は何?
A 「日本一長寿宣言の村」の碑。大宜味村は長寿の村を宣言していて、碑には「80(歳)はサラワラビ(童)90(歳)となって迎えに来たら、l 00(歳)まで待てと追い返せ。我らは老いてますます意気盛んなり、老いては子に甘えるな。」など、80歳はまだまだ子どもだと力強く言う大宜味村の人々が長寿を全うし、人生を謳歌する意気込みが書かれている。
Q 近くに宿はある?
A 美ら海水族館や今帰仁グスクなど、本島北部の観光拠点となる「本部町・今帰仁村エリア」は、おしゃれなペンションやコテージ、リゾートホテルが多くそろう。道の駅おおぎみにもアクセスしやすい場所なので、おすすめのエリアだ。
⇒本部町・今帰仁村のホテルを探すならこちら
レンタカーから沖縄の旅は始まる。だから最安値プランを!

  沖縄の旅には、ドライブが似合う。青い空の下、青い海を眺めながらの運転は、とにかく爽快!
 そんなドライブ旅をサポートできるレンタカープランを紹介。厳選したレンタカー会社15社の全プランを最安値で比較でき、お得なプランも盛りだくさん。
 自分好みのレンタカーを簡単検索!

⇒沖縄の最安値レンタカープランを探す

沖縄のホテル特集 最安値プラン!公式サイトからのご予約がお得

いざないの一枚

沖縄のおすすめ情報

本島北部の観光スポット

名護市/パイナップル尽くしの観光スポット

人気観光施設「ナゴパイナップルパーク」

本部町/沖縄の海を再現した感動的な光景

沖縄美ら海水族館の楽しみ方を徹底ガイド

恩納村/昔ながらの沖縄を体験しよう!

人気観光施設「琉球村」の楽しみ方

名護市/地元ビールの魅力に迫る

オリオンハッピーパークでビール工場見学

今帰仁村/海と城壁を望む絶景ポイント

世界遺産・今帰仁城跡の楽しみ方

恩納村/沖縄を代表する絶景スポット

絶景の人気観光地「万座毛」の楽しみ方

国頭村/沖縄の最北端の景色を楽しむ

絶景の人気観光地「辺戸岬」の楽しみ方

名護市/やんばるの玄関口にある道の駅

やんばる土産がそろう「道の駅許田」の魅力

本島北部の人気ホテル

本部町/南国ムードを演出したリゾート

ホテルマハイナウェルネスリゾートオキナワ

本部町/のんびり・ゆったり本部を楽しむ

モトブリゾート

国頭村/大自然を満喫するリゾートホテル

JALプライベートリゾートオクマ

恩納村/スパ、エステ、マリンが楽しめる

沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパ

恩納村/海に囲まれた白亜のリゾート

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート

恩納村/南国沖縄の透き通るビーチを眺める

サンマリーナホテル

名護市/寛ぎも喜びも、世界基準

オキナワマリオットリゾート&スパ

名護市/圧倒的な広さを誇る楽園リゾート

カヌチャベイホテル&ヴィラズ

沖縄のおすすめ観光

楽してお得に観光スポット巡り

バスツアーで行く沖縄観光

9つの観光施設がお得なチケットで楽しめる

OKINAWA丸ごとポン!

沖縄旅行に彩りを加える体験を。

ものづくり・体験

専門ガイドが観光スポットを楽しく案内

ガイド付き観光ツアー

沖縄の伝統芸能や郷土料理を堪能!

琉球舞踊・沖縄料理

船に乗りながらガラス越しに海中鑑賞

水中観光船・グラスボート

沖縄旅行に彩りを添える体験を

ものづくり・体験

沖縄の夜をゆったり楽しむ

ディナークルーズ

おすすめの沖縄土産

多種多様でおもしろい沖縄土産を紹介

定番から達人のおすすめの一品まで!沖縄土産

伝統工芸の島、沖縄の魅力

旅のお土産におすすめ。沖縄の伝統工芸

今も昔も人気の伝統工芸品

大人の沖縄土産「琉球漆器」の魅力

100年以上の歴史がある伝統の織物

大人の沖縄土産 伝統の織物「芭蕉布」

石垣島を代表する伝統工芸品のひとつ

おとなの沖縄土産「石垣島のミンサー」

沖縄の自然のように鮮やかで美しい伝統染物

大人の沖縄土産 伝統の染物「紅型」

人気の観光土産やちむん(焼き物)

おとなの沖縄土産「やちむん」(焼き物)

やちむんの工房が集まる「やちむんの里」

読谷・やちむんの里でおとなの沖縄土産選び

その他の達人指南を見る

芭蕉布で作られた着物。長い間に渡り沖縄で愛されてきた

芭蕉布 100年続く沖縄伝統の高級織物
素材、染料などすべて自然の素材から作られる「芭蕉布」。100年以上の歴史を持ち、技術を継ぎ、国の重要無形文化財に指定されているその魅力を、達人に聞く。

世界最大級の水槽「黒潮の海」は必見!

沖縄美ら海水族館 ツウな楽しみ方徹底ガイド
沖縄の人気スポットである「沖縄美ら海水族館」はジンベエザメやマンタが悠々と泳ぐ、超ビッグスケールの水族館。平成14年(2002)のオープンから今年11月で15年・・・

青い海と白い砂浜が美しい浜のビーチ

国頭村を楽しむ! おすすめ観光情報
沖縄本島の最北端に位置し、村の面積の80パーセント以上を森林が占める国頭村。本島屈指の美しさを誇るビーチや天然記念物のヤンバルクイナが生息することでも有名だ。大・・・

与那覇岳をイメージした建物。重量挙げするヤンバルクイナが目印

道の駅ゆいゆい国頭で地元の特産品に出合う
沖縄本島最北端の村、国頭村(くにがみそん)にある「道の駅ゆいゆい国頭」には、国頭村限定スイーツや地元特産品などおいしいものが勢揃い!本島中南部とはまた違った「や・・・

北に向かって突き出している辺戸岬の全景

「辺戸岬」奄美群島を望む本島最北端の絶景
沖縄本島の最北端、辺戸岬は、沖縄の雄大な自然を体感する景勝地。カメラ好きにおすすめの絶景スポットを地元の人気写真家が紹介。

透き通った沖縄の海の上で浮遊感を味わえるのがカヤックの醍醐味

沖縄カヤックの楽しみ方! おすすめのプランを紹介
マングローブの森に透明度の高い青い海を満喫したいなら、カヤックが一番。初心者でも安全で、年中楽しめる沖縄カヤックの楽しみ方を紹介します。

コバルトブルーの海と、豊かな緑の大地に恵まれた村

今帰仁村を楽しむ!おすすめ観光情報
飛び抜けて透明度が高い海と、豊かな森を有する今帰仁村。美しい景色があらゆる場所で見られ、その景色を楽しめるようなカフェも多い今帰仁村は、ドライブはもちろん、ゆっ・・・

今帰仁城跡の平郎門(へいろうもん)。カンヒザクラが美しく咲く

世界遺産・今帰仁城 英雄伝説の残る絶景
首里城に匹敵する敷地面積を誇る今帰仁城跡(なきじんじょうあと)。北山王(ほくざんおう)の居城として高台に築かれ、広さは4ヘクタール。万里の長城のように堅牢な造り・・・

古宇利大橋から眺める海の風景は、沖縄でも指折りの美しさ

古宇利島の隠れた楽しみ方 早起きして絶景をひとり占め
古宇利大橋を渡って行ける絶景の島・古宇利島。人気がゆえに、たくさんの観光客が訪れますが、宿泊すればその景色をすべてひとり占めできます。