北海道の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索

北海道観光情報

  1. 函館元町 おすすめの散策ルートを紹介
PR
【あかん遊久の里鶴雅 別館】阿寒湖の絶景の中で過ごす大人の一日[タイアップ]

達人指南

現地の達人が旅行の楽しみ方を伝える観光コラムです。人気の観光地から知る人ぞ知る穴場まで、達人だからこそ分かる一歩踏み込んだ“通”な情報を紹介しています。

函館元町 おすすめの散策ルートを紹介

  函館市の代表的な観光エリア・元町。多数の教会や西洋文化と日本文化が混じり合った街並み が石畳の坂道に沿って建ち並び、「異国情緒漂う」という表現がぴったりと当てはまる景観を作り出している。元町の魅力とおすすめの観光スポット、そして元町エリアのめぐり方を紹介する。

教会と石畳の坂道は元町を代表する景観

  函館山の麓に位置した坂の街・元町は、日本で最初に開港した都市としての面影を強く残すエリア。早くから外国人が居住していたことから西洋文化が根付き、“和”と“洋”が混じり合う独特の文化・景観を形成してきた。異なる宗派の教会や寺院が建ち並び、かつて役所や外国の 領事館として使われていた建物は観光施設として再利用されている。また元町エリアには、古民家を改装したカフェも多くある。季節や時間によって様々な表情を見せる元町は、訪れる度に新たな魅力を発見できるスポットだ。

ライター/函館・みなみ北海道観光情報誌「函館comodo」編集部 壁下優子
投稿/平成27年(2015)6月

《この記事を読む人におすすめの情報》

《その他のおすすめ北海道観光情報》
函館 人気の観光スポット

《北海道新幹線に乗って函館へ行こう!》
たびらいの「北海道新幹線」ツアープランはこちら

元町観光の達人
(つちだ たかし)
土田 尚史さん

元町観光の達人
  主に函館市内・西部地区の観光案内を行う「函館まちあるきガイド」として活躍中。歴史や文化、建物、人物など、あらゆる角度からのガイディングが観光客から好評を集める。「函館公式観光情報サイト はこぶら」の記者としての一面も。
達人へのガイド依頼は「函館観光コンシェルジュセンター」へ。ガイドや取材のこぼれ話などを紹介するブログ「いただきます!はこだて」も執筆している。

元町を歩いて感じる「異国情緒」

元町の代表的な教会のひとつ・函館ハリストス正教会

  安政元年(1854)の日米和親条約により、安政6年(1859)に国際貿易港として箱館(現在の函館)が開港。函館の中心地だった元町には多くの外国人が住み始めた。「函館の人は新しいもの好きで、どんどん外国の文化を取り入れました」と達人。西洋建築や1階が和風で2階が洋風の和洋折衷建築、純和風建築など様々な建物が並んだ。教会も多く、異なる宗派の教会がこんなに近くにあるのは世界的にも珍しいのだとか。中でも有名なのが「カトリック元町教会」「函館ハリストス正教会」「函館聖ヨハネ教会」だ。

大三坂沿いの「カトリック元町教会」は、六角屋根の上のニワトリが目印。「ローマ法王から贈られた日本唯一の祭壇があるので、ぜひ拝観を」と達人は提案する。 カトリック元町教会から少し坂を登った先にあるのが、緑色の屋根と白い壁が美しい、日本初のロシア正教の教会「函館ハリストス正教会」。鐘の音色が「日本音風景100選」に選定されていて、市民からは「ガンガン寺」と呼ばれている。この鐘の音は、毎週土曜日の17時頃と日曜日の午前中に鳴らされる。チャチャ登りという坂をはさんで函館ハリストス正教会の向かいにあるのが、英国聖公会の「函館聖ヨハネ教会」。茶色の屋根と外壁の十字架が特徴で、屋根も十字型。函館山山頂から、その十字型の屋根が見られる。

美しい坂道と達人おすすめの散策ルート

坂道の先に海が広がる八幡坂からの景色

  元町は函館山の麓にあるため坂が多い。元町の坂は、度重なる大火の経験から、街づくりの一環として真っすぐに伸びているのが特徴だ。中でも代表格といえるのが「八幡坂」。石畳の道が海に向かって真っすぐ伸び、正面に青函連絡船・摩周丸が見える函館屈指のビューポイント。過去には函館の観光ポスターやCMのロケ地となったこともあり、元町観光の定番だ。

教会が並ぶ「大三坂」は「日本の道百選」に選ばれた坂。坂道の両脇に植えられたナナカマドが紅葉のトンネルを作る秋の景観が達人のおすすめだ。「大三坂」をさらに登ると「チャチャ登り」が。「チャチャ」とはアイヌ語で「おじいさん」の意味。おじいさんのように腰を曲げるほど急な坂道というのが由来だ。「坂の上から、教会を目の前に函館の街並が広がる絶景が見られます」と達人。他の主要な坂にも、名前の由来が紹介されたサインが立っている。

坂道が多いと観光が大変だと思う人も多いだろう。達人曰く、目的地に最短距離で行こうとせず、平坦な道を通りながら遠回りするのが疲れづらい元町散策のポイント。石畳の道が多く、細いヒールはつまずきやすいのでペタンコ靴がベターだ。観光ルートは「函館市地域交流まちづくりセンター」を起点に、大三坂を登り、元町公園へ向かい基坂を下りると主要な観光施設を効率良く見学できる。「函館市地域交流まちづくりセンター」では観光情報も紹介。パンフレットを手に入れ、コインロッカーに荷物を預ければ散策がラクになる。

「元町公園」函館の歴史が詰まった憩いの場

すぐ上には旧函館区公会堂と函館山が見える元町公園

  港を見下ろす高台にある元町公園。ここにはかつて役所があり、行政の中心地だった。室町時代の地方豪族・河野政通(こうのまさみち)が、「函館」の由来といわれる「箱型」の「館」を築いた場所でもある。

公園でまず目に入る、薄いカーキ色の洋風建築。これは明治42年(1909)に建てられた旧北海道庁函館支庁庁舎。現在は1階が観光案内所、2階が函館市写真歴史館となっている。開港場だった函館は、横浜や長崎と並び、早くに写真技術が伝えられた。函館市写真歴史館では昔の撮影機材や日本最古の銀板写真(複製)など、約300もの資料で函館の写真文化の歴史を紹介している。

函館市写真歴史館を出て右側にあるレンガ造りの建物は、明治13年(1880)頃に建てられたといわれる旧開拓使函館支庁書籍庫。「ここではレンガとその積み方を見てください」と達人。大半が1列に短い辺と長い辺を交互に並べる「フランス積み」という積み方。だが、増築された入口の下屋部分は1列に長い辺のみ、その上は短い辺のみと重ねる「イギリス積み」になっている。なぜ違うかというと、建築当時は「フランス積み」が主流で増築時は「イギリス積み」が主流だったから。日本のレンガ造りの歴史を伝える貴重な建物なのだ。レンガの一部には、明治7年~9年の製造年と函館製造といった製造場所が刻まれ、今でもその刻印が残っている。

レトロな建物のカフェでホッと一息

大正時代に建てられた風情のある「茶房 菊泉」

  元町の景観や風情のある街並みに惚れて店を開くオーナーが多く、カフェや甘味処が点在。ランチやティータイムに、迷ってしまう人も多い。達人のおすすめは、大正~昭和初期の雰囲気を味わえる古建築を再利用した店。味・雰囲気ともに達人お気に入りの「茶房 菊泉(きくいずみ)」は、大正10年(1921)に建てられた酒問屋の別邸を再利用。店名は、酒問屋で独占販売していた大阪府・堺市の酒蔵の清酒「菊泉」が由来。店内はカフェとして使用するための改装しかされておらず、歩くと少し「ギッ、ギッ」と音が鳴る床や、ちょっとしたキズやひずみのある窓、障子など、ほとんどが当時のまま。冬は座敷の中央にある囲炉裏に炭火が焚かれる。

奥の窓辺にはテーブル席があるので座敷が苦手でも大丈夫。達人がほぼ必ずオーダーするのが「とうふ白玉パフェ(680円)」。三色の小さい白玉に自家製のあんこ、ゴマアイス、フルーツなどが盛られたボリューム満点の人気ナンバー1メニューだ。白玉粉と豆腐で作られた白玉は、一般的なそれよりも軽い歯触りとつるつるもちもちとした歯ごたえ。この白玉と十勝産あずきで手作りしたあんこ、ゴマアイスのバランスが絶妙なので、バラバラに食べずにぜひ一緒に口に放り込んで。器の底には「最後のお口直しに」と冷凍フルーツが敷かれている。「甘いものが苦手…」という人も、オムライスやパスタなどのフードメニューも充実しているのでご安心を。せっかく観光に来たのなら、函館の郷土料理「くじら汁」や北海道特有の「甘納豆」を使った「赤飯」等のご当地メニューを味わうのもいい。

元町に隠れている“幸せのしるし”を探してみよう

かわいいハート型をした石畳

  「元町には幸せが隠れた場所が二つあるんですよ」と達人。まずひとつが、「函館ハリストス正教会」から「元町公園」までの通りにある石畳。この通りの中に、ハート型をした石畳があるのだ。

何かご利益があるというわけではないようだが、カップルや若い女性にかわいいと人気。場所のヒントは、函館西高等学校を過ぎて数メートル以内。達人がガイド中にどの辺りにあるかヒントを出しても、なかなか見つけられない人が多いのだとか。周りの風景を楽しみながら探すのは難しいかもしれないが、転ばない程度に足下を注視して見つけよう。

もうひとつが、先に紹介した元町公園の正面入口にある階段の壁に埋め込まれたレンガ。旧開拓使函館支庁書籍庫と同様、いくつかに明治7~9年までの製造年が刻印されていて、現役で使われていることから「触ると長生きする」といわれている。なかには、多くの人に触られ刻印が薄れ黒ずんだレンガも。刻印がキレイに残っているものもあるので、元町公園を訪れたら一風変わった長寿祈願をしてみてはいかがだろう。

小さな子供と楽しめる!金森赤レンガ倉庫を楽しむ4つのポイント

達人おすすめの「元町」散策スポット

達人おすすめの景観3選

  どの景観を切り取っても絵画のような美しさを持つ元町の中でも、達人おすすめの景観スポットを紹介。

おすすめポイント
  高台にあるため景観スポットが多い元町。四季折々に美しい表情を見せるが、オールシーズンおすすめなのが「元町公園からの夜景」と「チャチャ登り」。函館山山頂に霧が発生していても麓は晴れていることも多く、「元町公園」から夜景を楽しむことができる。「チャチャ登り」を登りきって振り返ると、教会群のバックに街並が。少し移動するだけで見え方が変わり、夜のライトアップされた景観もロマンチック。大三坂も四季を通して美しい景観だが、ナナカマドの葉が赤く色づく紅葉の季節は特におすすめ。

元町で見られる“日本初”のもの3選

  北海道の表玄関として早くから発展してきた函館には「日本初」のものが多くある。元町にある「函館ことはじめ」を紹介。

おすすめポイント
  北海道の政治の中心地だった函館には、「日本初」の歴史的なものが多く残されている。「真宗大谷派函館別院(東本願寺函館別院)」は日本初のコンクリートの寺院。3万枚以上におよぶ屋根瓦も圧巻だ。上水道発祥の地は横浜だが、日本人が設計したものでは「元町配水場」が日本初。敷地は一般開放されていて、景観スポットとしてもおすすめ。開港都市である横浜、長崎と並んで函館も写真の歴史が古く、「函館市写真歴史館」では貴重な日本最古の銀版写真のレプリカを展示している。

おすすめの古建築カフェ3選

  元町には大正~昭和初期の建物が多く現存し、それを活用したカフェも多い。なかでも達人おすすめの古建築カフェを紹介。

おすすめポイント
  ともに大正10年(1921)に建てられた建物を利用した純和風の「茶房 菊泉」と和洋折衷建築の「甘味茶房花かんろ」。とうふ白玉パフェやあんみつなど手作りの和スイーツが人気だ。

函館の宿探しなら「宿くらべ」

  • 函館で朝食がおいしいホテル3選
  • 函館でカップルにおすすめのホテル3選
  • 函館で夕食がおいしい宿3選
編集部の視点
  北海道のいい宿研究会が厳選したホテルを目的別にご紹介。お得に楽しくホテルを選んで北海道を旅するヒントがたっぷり詰まっています。自分好みのプランがきっと見つかるはず。

⇒「宿くらべ」をもっと見る

札幌で大浴場がおすすめのホテル4選

函館 元町の交通アクセス情報

  元町エリアには市電やバスでも行くことができる。自動車で向かうこともできるが、有料駐車場を使うことになる。JR函館駅や市電の最寄駅から遠くもないので、徒歩や公共の交通機関で向かう方が良いだろう。
オススメは、徒歩で景観を楽しみながら向かうこと。そして帰りに市電やバスなど公共の交通機関を使うと、散策で疲れていても安心して戻ることができる。

徒歩で

  JR函館駅から
JR函館駅を出たら、すぐ右手側へ。朝市の前を通過してまっすぐ進んでいくと、二十間坂通りに入る。そのまま進むと二十間坂の麓にたどり着き、そこはもう元町エリア。八幡坂や元町公園へ向かうには北側に進むことになる。

函館市電で

  JR函館駅や湯の川方面から向かうなら「函館どつく方面行き」に乗って「十字街」または「末広町」電停で下車。山側に日和坂という坂道があるので、そちらへ向かえば元町にたどり着く。

函館市地域交流まちづくりセンターへの交通アクセス情報

  「函館市地域交流まちづくりセンター」を起点にして、元町観光をするのが達人のおすすめ。ここへ向かう際は、JR函館駅から市電で行くとわかりやすい。

【函館市地域交流まちづくりセンター】
住所/北海道函館市末広町4-19
電話/0138-22-9700
開館時間/9時~21時
休館日/12月31日~1月3日(月1回程度臨時休館する場合有り)
駐車場/有料駐車場有り

函館市電で

  5系統「函館どつく前行き」または2系統「谷地頭行き」で約5分、「十字街」で下車し徒歩で約1分。

バスで

  JR函館駅から「元町・ベイエリア周遊号」で約12分、「十字街」で下車後すぐ目の前。

自動車で

函館 元町観光のQ&A

Q 元町の観光施設に駐車場はありますか?
A 元町の主要な観光施設に駐車場はないので、マイカーやレンタカーの場合は有料の元町観光駐車場を利用すること。細い路地が多く一方通行の道や交通規制されている道もあるので、函館市電を十字街や末広町電停で降り、徒歩で観光するのがおすすめ。
Q 散策にかかる時間はどれくらいですか?
A 記念写真を撮ったり、建物の外観を眺めるたりするだけの街歩きなら約1時間。それに施設見学やランチ、ティータイムの時間がプラスされると考えると良いだろう。
Q 元町にお土産を買う場所はありますか?
A ショッピングモールはないが、地元作家やハンドメイドの雑貨などを揃える雑貨店や、ロシア東欧雑貨輸入品店、ギャラリーショップなど、こだわりの品を揃える店が並んでいる。
Q 元町にグルメスポットはありますか?
A 先に紹介した古建築カフェ以外にもカフェが多いし、有名な洋食店「五島軒」やソーセージ専門店「カールレイモン」もこのエリア。函館市民御用達の蕎麦屋やパン屋など、グルメには困らない。
Q 夜に元町を観光できますか?
A 主要な観光施設は19時頃には閉館してしまう。冬期間は、17時頃に閉館する施設も。散策だけなら、夜はライトアップされとてもロマンチックなので十分楽しめるだろう。函館山山頂から夜景を眺めた後、函館山ロープウェイ山麓駅から元町公園の方向に散策するのがおすすめだ。
大手旅行会社の格安函館ツアープランをまとめて比較!

幕末と開国の歴史を感じる函館

  「たびらい北海道」は業界最安値を徹底追求!大手旅行会社各社のプランをまとめて比較して、格安のツアープランを見つけられる。交通と宿泊がセットになっているので、旅の準備も手軽になる。

⇒格安のツアープランを探す

北海道のホテル特集最安値プラン!公式サイトからのご予約がお得

いざないの一枚

その他の達人指南を見る

空、海、街のコントラストが美しい函館山からの眺望

函館山 夜景だけではない絶景と楽しみ方
函館山は函館観光の定番スポット。世界三大夜景の一つとも言われる夜景を見に多くの観光客が訪れる。しかし、独特の地形や本州に近い自然環境を持つ函館の街は、昼でも美し・・・

温泉街の写真

湯の川温泉 函館の人気温泉街の楽しみ方
湯の川温泉は北海道三大温泉郷のひとつに数えられる名湯。海に面したロケーションや地の利を生かした料理、函館空港から車で約5分というアクセスの良さが魅力だ。函館エリ・・・

函館グルメの定番「塩ラーメン」

「函館ラーメン」おすすめ&人気店を紹介
「函館の塩ラーメン」は、札幌の味噌ラーメンと旭川の醤油ラーメンに並ぶ北海道三大ラーメンのひとつ。透き通ったスープには、長い歴史と人々を魅了する味わいの秘密が凝縮・・・

金森赤レンガ倉庫

「函館観光」のおすすめはドライブツアー
函館は、北海道の中でも人気の高い観光都市。函館旅行がきっかけで函館の街が好きになり移住したという話も珍しくないほど。魅力がいっぱいの函館~素敵旅~へご案内!

旧函館区公会堂

観光名所と街が好き!函館の魅力を伝えたい
歴史~文化~絶景まで、紹介しきれないほど魅力があふれている街、函館。何度でも訪れたくなる人気の観光地。

磯金ネタケース

北海道の海鮮を、産地で食べれば旨さも格別
北海道だからって何でも美味しいわけじゃない!海鮮選びはベテラン板さんに聞け!見極めのお手伝いをさせていただきます。

イカ刺し定食/函館グルメ

函館グルメ 定番からローカルグルメまで
函館観光の楽しみのひとつといえば、なんといっても「グルメ」。活イカや塩ラーメンといった定番はもちろん、地場食材を使った洋食、近年存在感を増しているリノベーション・・・

函館市青函連絡船記念館摩周丸

青函連絡船摩周丸 函館の人気観光スポット
青函連絡船として運航していた船体が、そのままミュージアムとなった「函館市青函連絡船記念館摩周丸」。船内には、その歴史や役割を伝える模型などが展示されている。その・・・

歴史的価値の高い建物が並ぶ

函館どつく 観光を楽しめる周辺情報を紹介
函館市の「西部地区」と呼ばれるエリアの中で最も西側に位置し、元町やベイエリアに比べるとガイドブックでも紹介されることが少ない函館どつく周辺エリア。「函館発祥の地・・・