北海道の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索
  1. たびらい
  2. 観光情報
  3. 北海道観光情報
  4. ファーム富田 ラベンダーの名所を満喫したいなら、何するべき?
ファーム富田メイン

ファーム富田
ラベンダーの名所を満喫したいなら、何するべき?

富良野市に隣接する中富良野町の「ファーム富田」は、毎年100万人もの観光客が訪れる日本最大級のラベンダー畑。北海道指折りの人気スポットを100%満喫するには、実際どんなふうに過ごせばいいの? SNSに投稿したくなる撮影のカギも紹介します。

更新:2017年10月19日

[タイアップ]

ラベンダー畑散策

ファーム富田は朝イチから!
早起きして楽しもう

木漏れ日の中で散策
実はファーム富田は24時間出入りが可能。日が昇りきる前の時間帯は、観光客も少なく、じっくりとラベンダー鑑賞を楽しめます。
開ききらないラベンダーの花
朝8時頃の畑は、日差しが当たらないところも多数あります。
花びらの閉じたラベンダーは色が濃く見え、写真映え抜群。
トラディショナルラベンダー畑からの眺望
朝早くなら、人気の畑「トラディショナルラベンダー畑」もまだ空いています。
十勝岳連峰の眺めを思う存分満喫して。
トラディショナルラベンダー畑で記念写真
丘の上から写真を撮るのもコツ。ラベンダーの花で茎が隠れるのでファーム富田の広大な“紫の花畑感”を演出でき、写真に立体感が出ますよ。
彩りの畑の風景
丘の上のラベンダー畑を楽しんだなら、次は「彩りの畑」へ。
彩りの畑のビール大麦
ここは連作障害を避けるために、毎年違う花を栽培している畑。
ビール大麦が強い生命感を生み出しています。
彩りの畑で記念写真
「彩りの畑」では人気の展望台をあえてハズして、畑の正面で撮るのもGOODです。これぞ富良野、という写真になりますよ!
ラベンダーイースト
特別な体験を楽しむなら、あえて「ラベンダーイースト」に向かうのもあり。
ファーム富田の他の畑にはない「ラベンダーバス」が運行しており、
収穫風景も眺められる空間です。
ラベンダーソフトクリーム
陽が高く昇って暑くなったなら、やっぱりこれ!
「ラベンダーソフトクリーム」(コーン300円/税込)は
欠かせないスイーツですよね。

富良野エリアの中でも特に人気のファーム富田は、ハイシーズンの7月中旬~下旬には10時頃から混み合うようになるので、撮影を長時間楽しむなら、朝8時頃から訪れるのがおすすめ。「トラディショナルラベンダー畑」は勾配があり、十勝の山々と立体感のある写真を同時に狙えるおすすめスポット。散策路に立った人物を畑脇の側道からラベンダー越しに撮影すると、ボケ感のある写真を撮ることができます。

ファーム富田

【住所】北海道空知郡中富良野町基線北15号
【料金】なし
【駐車場】約500台分あり、無料
【問い合わせ(TEL)】0167-39-3939

ファーム富田ラベンダーイースト

【住所】北海道空知郡上富良野町東6線北16
【料金】なし
【営業期間】7月(6月、8月の営業はなし)
【営業時間】9時~16時30分
【公式サイト】http://www.farm-tomita.co.jp/
ラベンダーオイルと木漏れ日

どれ選ぶ?
イチオシのラベンダーアイテム

蒸留の舎
ラベンダー畑とはまた少し違う視点で、香りを楽しめるのが「蒸留の舎(いえ)」。
ラベンダーウォーター
ここではラベンダーを蒸留した際にオイルと一緒に採れる
「ラベンダー蒸留水」を購入できます。
お風呂に入れて、衣服にかけるだけで
青々とした爽やかな香りが漂いますよ。
ラベンダーオイル並列
イチオシは「ラベンダーエッセンシャルオイル」。
数種類のラベンダーオイルをブレンドしたものと、
香りのよい「おかむらさき」のオイル。
好みの香りをチョイス!
お土産用ラベンダーオイル
ラベンダーエッセンシャルオイルには
2.5ミリリットルの小瓶タイプもあります。
友人たちに富良野の香りを配るのに、ぴったりのサイズ感。
蒸留の舎の蒸留風景
「蒸留の舎」は日本唯一のラベンダーオイルの抽出工場。
7月上旬~お盆頃まで、蒸留作業を目の前で見られます。
10時~17時頃まで作業しているので、畑鑑賞の後にぜひ立ち寄ってみて。
香水の舎
女性におすすめなのは「香水の舎(いえ)」です。こちらでは、香水やエッセンシャルオイル、ラベンダー石鹸を多数取り扱っています。
香水の舎でお土産選び
「香りのしおり」にサンプルを吹きかけて、好みの一品を探して。
気分はフレグランスソムリエ。
香水の舎に並ぶ昔の香水サンプル
昔に作られた海外物のラベンダーの香水の展示も。目でも楽しめる施設なんです。

ラベンダーエッセンシャルオイルの使用期限は、未開封の状態で約1年間。開封後は半年以内に使い切るのがコツ。オイルは1~5滴ほど“垂らして”使いますが、蒸留水はシチュエーションによって量を使い分けることができます。例えば、入浴時ならお湯に50~100ミリリットルほど、洗濯のすすぎ時に5~10ミリリットルほどを注いでみてください。蒸留水もオイル同様の使用期限となっています。

ラベンダーエッセンシャルオイル

【価格】ラベンダーオイル1200円(12ミリリットル)
ラベンダーオイルおかむらさき1600円(7ミリリットル)
ラベンダーオイルミニ360円(2.5ミリリットル)
※全て税別

ラベンダー蒸留水

【価格】おかむらさき・300ミリリットル 350円
おかむらさき・200ミリリットルスプレータイプ 450円
※全て税別

蒸留の舎

【営業時間】7月/8時30分~17時30分、8月/8時30分~17時
(他、時期によって営業時間変更・クローズあり。ショップは夏季のみ営業)

香水の舎

【営業時間】7月/8時30分~17時30分、8月/8時30分~17時
(他、時期によって営業時間変更・クローズあり)
ラベンダー畑とアゲハ

知っておきたい豆知識
ラベンダーの旬っていつなの?

濃紫早咲(のうしはやざき)

濃紫早咲(のうしはやざき)
ファーム富田で最も早く開花するのは「濃紫早咲」。6月下旬~7月中旬までが、その見頃です。名前の通り濃い紫色が特徴ですよ。

ようてい

ようてい
7月上旬~下旬に見頃を迎えるのが「ようてい」。他の品種と比べて赤味が強めに出る品種で、ファーム富田の中では少しレアな存在のラベンダーです。

おかむらさき

おかむらさき
「おかむらさき」はラベンダーの中でも最も香りがよく、エッセンシャルオイルに適しているといわれる品種の花です。穂が長いために、風が吹くと波のようにうねる姿を見られるのも特徴的。見頃は7月中旬~が目安です。

はなもいわ

はなもいわ
うぶ毛のような繊維が生えており、他のラベンダーに比べて淡い色合いに見える「はなもいわ」。7月中旬から見頃となり、下旬まで楽しむことができます。

ラベンダーの種類によって咲き方や時期は異なりますが、例年7月中旬にわずかな期間だけ4種類の開花が重なります。ファーム富田の中心部にある「倖(さきわい)の畑」では紫色のグラデーションを見られるので、訪れる前にチェックを。開花状況はファーム富田の公式サイトで公開されていますよ。また、この畑では5月中旬からシバザクラも見ることができます。

ローカル案内役
松田 謙介(たびらい編集部)

ウイスキーと渓流魚をこよなく愛するたびらい編集スタッフ。よく旅をするのは支笏・洞爺エリア。北海道の大自然と旅行者を結び付けたいと願い、日々、現場を見ています。

[タイアップ]

詳しく知る

基本情報

彩りの畑
「彩りの畑」を楽しむ人たち。最近は海外の旅行者にも大人気

「ファーム富田」ってどんなところ?

富良野市に隣接する中富良野町の「ファーム富田」。日本最大級のラベンダー畑を見ようと、毎年、約100万人の観光客が押し寄せる人気スポット。

ファーム富田の歴史は昭和33年(1958)頃から始まります。当時は香料の抽出のみを目的に、丘一面にラベンダーが咲く、現在の「トラディショナルラベンダー畑」だけで栽培が行われていました。しかし1970年代ごろからは、安価な輸入香料の台頭により富良野地域全体のラベンダー産業が衰退。近隣の農園が姿を消していき、ファーム富田も苦境に陥ります。

しかし「ラベンダーを残したい」という情熱から、稲作で生計をたてながら農園を継続。そんな折、ある転機が訪れます。昭和51年(1976)、ラベンダー畑が国鉄のカレンダーで紹介されたことをきっかけに、ここは観光地として知られるように。その後は拡大が続き、当初はひとつだった花畑も増設され、現在のファーム富田の畑は、合計で10スポットへと拡大しています。

「トラディショナルラベンダー畑」は、ファーム富田で最も古い歴史をもつ畑。なだらかな丘になっているので、登っていくと上からは十勝岳と富良野盆地の広大な景色も楽しむことができます。「花人の畑」は、ファーム富田に入ってすぐ見つけられる、多彩な花が咲き誇る畑。春~秋まで咲いているので、長期間にわたって見事な景色を目にできますよ。

平成20年(2008)には開園50年を記念し、隣接する上富良野町に「ファーム富田 ラベンダーイースト」が開園しました。この畑は、ラベンダーオイルやドライフラワー生産のためのラベンダー畑。エントランスを入ってすぐ左手に、上へと続く階段があり、ここを登ると展望デッキとなっています。風香る丘や約9万株のラベンダーを、また、天気の良い日には畑の向こうに十勝岳連峰や夕張山地を望める畑です。7月下旬からはフランス製のラベンダー刈取機で行われる収穫風景も。例年7月のみ営業する貴重なエリアなので、車で自由に行き来できるなら、ぜひ中富良野町の畑とセットで訪れてみてください。

さらに平成29年(2017)、木々に囲まれた0.7ヘクタールの「森のラベンダー畑」、カラフルなポピーも楽しめる「山の彩りの畑」もオープン。ファーム富田が栽培するラベンダーの面積は、約19ヘクタール。日本最大級のスケールを誇る、ラベンダー観光のメッカなのです。

ファーム富田へ札幌から自動車で向かうなら、高速で三笠まで走り桂沢湖を通っていくルートが一般的です。四季の景観を楽しめるこのドライブコースは少しクネクネした山道ですが、比較的走りやすい道路。富良野のオンシーズンには途中から渋滞するぐらい混むので、早めに出発するか、富良野・美瑛エリアや旭川に宿泊していくのがおすすめ。富良野近郊に宿泊すれば、ゆったりとした観光が可能です。

「倖(さきわい)の畑」で見られる紫色のグラデーション
「倖(さきわい)の畑」で見られる紫色のグラデーション

数日ごとに変わる紫色の景色を楽しむ

ファーム富田では、時期や特徴が異なる4種類のラベンダーを栽培しています。

一番早く見頃を迎える「濃紫早咲(のうしはやざき)」という品種は、6月下旬から7月中旬までが見頃。名前の通り濃い紫色が特徴で、花びらが咲く前のつぼみの状態が最も鮮やか。また、穂の長さも短いので、畑では花同士が密集して一面の紫色となります。その次に見頃を迎えるのが「ようてい」。見頃は7月上旬から下旬まで。他の品種と比べて赤っぽい色が特徴。ファーム富田では観賞用の本数が少ない品種です。

続いて7月中旬から「おかむらさき」が見頃を迎えます。最も多く見られる品種で「濃紫早咲」とは対照的に長い穂を持っています。そのため「おかむらさき」の畑に風が吹くと、パープルの花々が波のようにうねる姿が見られます。その光景は、まさに壮観。「おかむらさき」はファーム富田に咲く4種類のラベンダーの中でも最も香りがよいといわれます。ファーム富田園内に各所ある土産スポットでも、この「おかむらさき」のみを使ったエッセンシャルオイル、蒸留水を販売しているので、ブレンドタイプのものと比較してみてください。、甘くかぐわしい香りであることに気づくはず。

4種類目の「はなもいわ」は7月中旬から下旬が見頃。全体にうぶ毛のような繊維が生えており、白っぽく見えるのが特徴です。

それぞれ咲き方や時期は異なりますが、7月中旬頃、わずかな期間だけ4種のラベンダーの開花が重なります。その期間、4種のラベンダーが植えられた「倖(さきわい)の畑」では紫のグラデーションが見られますよ。見頃が短いラベンダ―は、訪れる日が数日違うだけで見られる景色が変わります。開花状況はファーム富田の公式ホームページでも公開されているので、事前にチェックしてみましょう。

見る人を感動させる「トラディショナルラベンダー畑」
見る人を感動させる「トラディショナルラベンダー畑」

ラベンダーを目で、香りで楽しむ

ファーム富田でラベンダー鑑賞を楽しむなら、眺め方を工夫してみましょう。

ファーム富田の敷地は全体が緩やかな丘になっており、丘の下側から眺めると斜面に沿って広がるラベンダー畑が見られます。丘を登ればラベンダーを見下ろすような角度で鑑賞でき、茎の部分が花で隠れるので紫色が濃く見えます。人物写真を上手に切り取るなら、下にかがんで人にピントを合わせるのがコツ。ラベンダーを使ったボケ感を演出でき、立体感のある写真が撮れますよ。また、視線を上げた先に見える、富良野盆地と十勝岳の景色もおすすめ。ファーム富田の畑の中でも「トラディショナルラベンダー畑」や「森の彩りの畑」は特に高い場所にあるので、この景色が見たい人は上まで行ってみて。

また、ラベンダーの花びらに目を近づけて観察するのも楽しいものです。ラベンダーの茎にはつぼみのかたまりが四つあり、ひとつのかたまりごとにおよそ六つのつぼみがあります。開花は必ず、茎の下側にあるかたまりから順番に。開花するつぼみも、六つのうち、向かい合って対(つい)になる二つが同時に咲きます。品種ごとに特徴が異なる場合もありますが、訪れた際には花のディテールにも注目を。

香水としても重宝される、ラベンダーの香りもファーム富田観光の楽しみのひとつ。畑に近づくだけでも香りを楽しめますが、ひと通り花畑鑑賞を終えたなら「蒸留の舎(いえ)」に立ち寄ってみましょう。ここは、ラベンダーオイルを蒸留する日本唯一の抽出工場。7月上旬からお盆頃まで蒸留作業をしており、蒸留釜のフタを開けた時には、辺りにラベンダーの香りがよく広がります。10時ごろから17時くらいまで作業が行われているので、立ち寄ってみて。

お土産としては、特に香りがよい品種である「おかむらさき」を使った「ラベンダーオイル」、乾燥ラベンダーの花つぶが詰まった香り袋「サシエ」など、ラベンダーの香りを持ち帰ってから楽しめるグッズも人気です。

「花人の畑」には、四季咲きの種類の花も植えられている
「花人の畑」には、四季咲きの種類の花も植えられている

ラベンダーと花畑鑑賞を楽しむコンディションを知る

ファーム富田を訪れるのに、晴れた日の、太陽が高く昇る時間を狙っていく人も多いはず。しかし、そうではない条件下だからこそ味わえる楽しみもあります。夏の夕立が上がった後のタイミングは、花に残った水滴に陽光が当たり、ラベンダーがキラキラと煌めいて幻想的。雨上がりなどの湿気が多い時は、地面から蒸発していく水分に乗って花々の香りが漂うため、ラベンダーの香りも楽しみやすくなるのです。

またファーム富田を訪れるなら、朝8時前後の時間もおすすめ。実は、ファーム富田は24時間出入りが可能です。プロ・アマチュアを問わず、写真にこだわる人は観光客が増える時間を避け、早朝の時間に訪れています。ラベンダーは、日が昇りきる前の時間には花びらが閉じているので、色も濃く見えるそう。夏のファーム富田は10時頃からツアーバスが入って混み始めます。じっくりとラベンダー鑑賞をしたい人や、こだわった写真が撮りたい人は、早朝に訪れるのがコツですよ。

より鮮明な紫色を見たいなら、曇りの日の鑑賞もあり。太陽光が強い晴れの日よりも紫色が濃く見えるのが特徴で、特に写真だとその違いが明確に分かります。雲が多い日は湿度も上がるため、前述のとおり、香りも感じやすくなります。訪れる時間を変えたり、その日の気候条件に合わせて、楽しむポイントを変えてみましょう。

ファーム富田で楽しめるのはラベンダー畑だけではありません。合計で80種類以上の、四季折々、色とりどりの花々も栽培されています。例えば、入口から最初に目に入る「花人(はなびと)の畑」。春から秋まで楽しめるよう、四季咲きのマリーゴールドなども植えられています。他にも、季節ごとの花々が栽培された畑もあるので、そちらにも注目を。

敷地をのぼった先にある「彩りの畑」は、ゆるやかな丘を彩る七色の花々が人気の畑。多くの雑誌やパンフレット、ポスターでたびたび取り上げられることもある景観です。この畑も「花人の畑」も、実は、毎年花の位置が異なります。場所を変えずに栽培を続けると、「連作障害」や「忌地現象」と呼ばれる、花がきれいに咲かなくなる現象が起きるため。それを踏まえたうえで、見栄えや色の順番を考えてファーム富田の花々は植えられており、毎年訪れるたびに違った姿も見られるのです。

はちみつクロワッサン
ファーム富田は軽食・スイーツが充実している

散策の合間にスイーツ&軽食タイム

農場や牧場が多く、良質な食材が育つ富良野エリア。ファーム富田でも地元食材を使った多彩な食事メニューを提供しています。特に人気なのが、ホクホクの男爵いもを使った「富良野産男爵いものじゃがバター(190円)」と「北海道産男爵いものサクサクコロッケ(160円)」。いずれもおやつ感覚で食べやすいお手軽グルメです。また、カレーライスはトッピング別に4種類があり、ルウは契約工場で作ったオリジナルで、具には季節ごとの旬の野菜を使用。北海道らしさ、富良野らしさが味わえる一品となっています。

ハチミツを塗って焼き上げる、パリパリふわふわのクロワッサン「花畑で採れたはちみつクロワッサン(150円)」も人気の軽食です。ファーム富田が信頼を置く契約養蜂場で採れたハチミツを使用しており、ひとつ一つを園内で焼き上げ。オーブンを開けると、甘い香りが周囲に漂います。

これらのメニューは、「倖の畑」を一望するテラスが人気の「ポプリの舎(いえ)」や、入口すぐそばにオープンした「カフェ・ルネ」等で味わうことができます。「ポプリの舎」の営業時間は7月が8時30分~17時30分、8月は8時30分~17時まで。また「カフェ・ルネ」は7月・8月共に8時30分~16時30分となっています。月によって営業時間が異なる部分もあるので、事前にチェックして訪れましょう。

ファーム富田で採れるラベンダーエキスを使ったスイーツやドリンクもあり、こちらも人気。「ラベンダー生カステラロールケーキ(260円)」や「ラベンダー生シュークリーム(260円)」、「ラベンダーラムネ(230円)」、「ラベンダーカルピス(260円)」等はお土産にする人も多いアイテムです。

園内でも食べ歩ける「ラベンダーソフトクリーム(コーン300円・カップ250円)」は来園者の5人にひとりが買うほどの大人気スイーツ! 人気の理由は、ユニークな見た目だけではなく、食べた瞬間に鼻を抜けるラベンダーの爽やかな香り。開発段階にはラベンダーエキスの配分を変えたものを何パターンも作っては試食を繰り返したほど、こだわって作られたものです。ファーム富田でしか楽しめない味が人気の秘訣。ラベンダー鑑賞を楽しんだ後は、思い出作りにぜひこちらを試してみて。

スイーツやドリンクは園内に点在するカフェコーナーでも味わうことができます。

アクセス・施設情報

施設情報

ファーム富田
【住所】北海道空知郡中富良野町基線北15号
【料金】なし
【駐車場】約500台分あり、無料
【問い合わせ(TEL)】0167-39-3939

ファーム富田ラベンダーイースト
【住所】北海道空知郡上富良野町東6線北16
【料金】なし
【営業期間】7月(6月、8月の営業はなし)
【営業時間】9時~16時30分
【公式サイト】http://www.farm-tomita.co.jp/

車(レンタカー)で

札幌中心部より約120キロ、約2時間10分。
旭川中心部より約45キロ、約1時間。
【札幌発の場合】
道央自動車道・三笠IC~道道岩見沢三笠線~国道452号~道道115号線を経由し、富良野市につながる国道36号線に合流。富良野市街からは、国道237号線を経由。「ファーム富田 1キロ」と書いた紫色の看板が目印。

JRで

《函館本線特急50分》滝川経由《根室本線普通70分》でJR富良野駅へ。そこから、JR富良野線でJR中富良野駅へ。踏切渡渉後、進行方向右手前方に、丘に咲くラベンダー畑あり。

富良野・美瑛ノロッコ号(夏期間限定の臨時列車)で

JR富良野線「富良野駅」またはJR函館本線「旭川駅」から乗車可能。この場合はJR中富良野駅ではなく、夏季限定でオープンする「ラベンダー畑駅」で下車。

ファーム富田のQ&A

ラベンダーの見頃はいつ頃でしょうか?

例年、ファーム富田では6月の末頃から8月の中旬ぐらいまでラベンダーが見られます。見頃は品種によって違いがあり、「濃紫早咲」は6月下旬から7月中旬まで。「ようてい」は7月上旬から下旬まで。「おかむらさき」は7月中旬から8月上旬まで。「はなもいわ」は7月下旬から8月上旬までが見頃の目安。ファーム富田の公式ホームページで開花状況を更新しているので、出発前にチェックしてみてください。

駐車場は何台ぐらいありますか?

ファーム富田は約500台の駐車スペースを用意していますが、7月・8月のメインシーズンになるとあっという間に満車になってしまいます。朝の空いた時間帯の撮影を楽しむためにも、早めに出発するのがおすすめですよ。

営業時間を教えてください

ファーム富田の花畑は24時間公開しているので、何時に行っても大丈夫。観光客が増えるのはおよそ10時ぐらいからになります。花畑の写真を撮るなら、8時前後を目安に訪れるのもおすすめ。カフェやグッズショップなどは、店によって詳細な時間は異なりますが、だいたい8時30分から17時30分ごろまで営業しています。月によって営業時間が変わる場合もあるので、事前に確認しましょう。

観光の所要時間を教えてください

見てまわる場所の数や1カ所あたりの鑑賞時間で変わりますが、見るだけなら、だいたい1時間半か2時間ほどでOK。その時間に、フードメニューやお土産選びの時間を加味して考えましょう。また、約5キロ離れた「ラベンダーイースト」に行く場合は、自動車なら片道15分ほど。こちらでの鑑賞時間は30分ほどが目安です。いずれの場合も、広大な花畑を観光することになりますので、時間を気にせずゆっくりと鑑賞することをおすすめします。

服装の注意点はありますか?

夏は暑くなるが、虫も増える季節なので、気になる人は長袖のパーカー(薄手)やカーディガン、シャツなどを1枚持っていくのがおすすめ。また花畑を鑑賞する際には土の路面を歩きます。ヒールは不適。スニーカーなど底が平べったい靴が歩きやすく、くるぶし丈のトレッキングシューズなら快適に過ごすことができます。

子どもや年配の人でも見て周れますか?

小さな子ども連れの家族や年配の旅行者も多く訪れているので、特に問題はありません。ただ、勾配のある斜面を登る花畑もあるので、体力に自信がない人は無理に登らず下から鑑賞を。それでも十分に感動的な景色が楽しめます。

富良野観光で役立つ! 富良野の人気観光スポット

この記事を見ている人におすすめホテル情報

トップに戻る

最新情報はこちらからチェック!

旬な観光情報を現地からお届け