北海道の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索
  1. 札幌スープカレー 味わい方と人気店6選
PR
小さな子供と楽しめる!金森赤レンガ倉庫を楽しむ4つのポイント[タイアップ]

達人指南

現地の達人が旅行の楽しみ方を伝える観光コラムです。人気の観光地から知る人ぞ知る穴場まで、達人だからこそ分かる一歩踏み込んだ“通”な情報を紹介しています。

札幌スープカレー 味わい方と人気店6選

  札幌のスープカレーは、ジンギスカンやラーメンと並ぶ名物グルメ。野菜や肉、魚介などの具材がドーンと盛られる、北の大地らしい豪快な一皿だ。その味わい方と人気店情報を、札幌のスープカレー事情に詳しい達人が紹介する。

スープカレー

  なじみ深いルーカレーとは一線を画し、サラサラのスープに野菜や肉などの具材がゴロリと入る「スープカレー」。その発祥の地である札幌には、老舗から気鋭店まで200を超える専門店があると言われており、東京や大阪などにも札幌発の人気店が進出している。

とはいえ、北海道以外の人にとっては、どのような料理か皆目見当がつかない人も多いのでは。そこで今回は、スープカレーの歴史・食べ方などのベースとなる部分から、いま絶対に食べておきたい超人気店まで、食べる前に知っておきたい基礎知識をご紹介。

せっかく札幌を訪ねたなら、1店と言わず2、3店を食べ歩いて、その奥深い世界に触れてほしい。

取材・文/北海道の出版社「亜璃西社」 投稿/平成27年(2015)5月

《この記事を読む人におすすめの情報》

《札幌のホテルを探す》旅のお得度NO.1のホテル予約サイト

スープカレー達人
(かさいまいこ)
葛西麻衣子さん

スープカレーの達人
  札幌出身のフリー編集者兼ライター。出版社勤務時代にスープカレー本の編集を担当するほど、スープカレーに対する愛情は深い。また各種ガイドブックの取材で老舗から新店まで幅広く網羅し、札幌のスープカレーの“いま”にも精通。二日酔いの日のランチは、スープカレーで汗を流して午後からの仕事に挑むこともしばしば。

スープカレーって、いったいどんな料理?

マジックスパイス

  スープカレーの発祥は昭和45年(1970)前後で、札幌の喫茶店「アジャンタ」が提供した薬膳カリィが元祖と言われる。昭和59年(1984)にはスリランカカリーを標榜する「スリランカ狂我国」が開店し、大きな具が入る、辛さを選べるなど現在へとつながるスタイルが定着。それでも当初はカレーマニアのみが知るサブカル的な料理だったが、平成5年(1993)にオープンした「マジックスパイス」が「スープカレー」という名前を付け、徐々にメジャーな存在に。

ひと口にスープカレーといってもその味わいは多種多彩だ。スープのベースだけをみてもトンコツや鶏ガラ、エビなど店によってかなり違いがある。スープの濃度はサラサラ系からとろみ系まで幅広くあり、具の種類も肉、魚介、野菜とバラエティ豊か。近年は、ギンギンにスパイスを効かせたものよりも、スープの旨みをしっかり感じさせるタイプが人気のようだ。

初めてのスープカレー、どうやって食べるの?

スープカレー食べ方

  特に決まりはないので、自由に食べて問題はない。ただ、いくつか定番の食べ方があるので、代表的なスタイルを紹介しよう。

もっともオーソドックスなのは、一口分のライスをスプーンにのせ、スープに浸して食べるという方法。こちらは特にサラサラ系に有効で、ライスにスープを染み込ませることで、とろみがなくとも食べやすくなる。

少しとろみがあるスープなら、ルーカレーと同じようにライスへかけてしまってもいい。ただその際、一挙に全投入するとライスの皿から溢れてしまうので、食べる分だけ少しずつかけていくのがおすすめだ。

食べ進んだ最後の方には、スープへライスを投入するのもアリ。ライスの味でスパイスの刺激が少しまろやかになり、またライスにスープが染み込むことで、最後の一滴まで難なく味わえる。

そして、ポイントとなるのが辛さの選び方。番号(例えば0~100番など)で選ぶのが主流だが、同じ番号でも店によって辛さの基準はマチマチなので注意したい。最初は、少し控えめな辛さを選んだ方が無難だ。

ゴロンと入った大きな具がスープカレーの魅力

スープカレー具材

  北海道とスープカレー、この一見結びつきがなさそうな関係をとりもつのが、ゴロンと入る大きな具だ。北海道はご存じの通り食材の宝庫であり、広大な大地を生かした畑作はもちろん畜産、酪農も盛ん。また四方をぐるりと海に囲まれ、新鮮な魚介も手に入りやすい。スープカレーに季節ごとの野菜や銘柄肉、魚介がドーンと入るのは、そんな恵まれた土地柄だからこそ。ジャガイモひとつをとっても、味わいの違いに驚くはず。

もちろん、季節によってはすべてが道産食材というわけにもいかないが、北海道の食材にこだわる店は数多い。また、初夏のアスパラや冬の牡蠣など、季節の食材を盛り込んだ限定メニューを用意する店もあり、北海道が誇る旬の食材をスープカレーで堪能できる。

人気店のスープカレーは、一口目からウマい!

スープカレー食べ方

  老舗や気鋭の人気店の中には、並ばないと食べることのできない店も多数ある。それほどまでお客を惹きつける魅力は、飽きられないよう日々味を進化させていく、接客を丁寧にする、食材にしっかりこだわる、など各店さまざま。一概には言えないが、味・接客・コストパフォーマンスのどれもが高いレベルである店が、行列店となるのは間違いないようだ。

また、近年の傾向としては“初心者でも食べやすい味”の店に人気が集まっているよう。原価をかけた良い食材でじっくりとスープを作り、具にも工夫を凝らして、一口目から「ウマイ!」と感じる味に仕上げている。

ともあれ、人気の秘密を知るには食べてみるのが一番。実際に並んで食し、行列ができる理由をそれぞれの舌で確かめてほしい。

トッピングを使うなら1、2品程度がおすすめ

スープカレー具材

  スープカレーを楽しむ際に忘れてはいけないのが、好みで加えられるトッピング。店によって違いはあるものの、季節の野菜やじっくり煮込まれた肉、豊かな風味が加わる魚介などなど、1個100円前後からバラエティに富んだ食材を追加することで、自分流に具や味をカスタマイズできる。

中でも定番なのが、スープの熱でトロリととろけるチーズだ。乳製品のコクがスパイスの刺激を和らげ、グッと優しい味わいに。味をまろやかにするなら、茹で卵や温泉玉子を加えるのもいい。

また、意外かもしれないが納豆を加えるのもおすすめしたい。サラリとしたスープと納豆のネバネバが混然一体となり、豆の旨みや香りがスープに奥深さを与える。

トッピングを選ぶ際のポイントは、基本的なことだが元々のメニューにどんな食材が入っているのかを確認して、その食材との相性を想像すること。また、もともと具材が多いので、何種類も加えるよりは、1、2品に抑えておいた方がいい。

札幌で夜景の綺麗なおすすめのホテル5選

札幌・名店の一皿と人気のおみやげカレーをチェック

ここを押さえておけば大丈夫! 行列必至のメジャー店

  札幌市内の数あるスープカレーの中でも、行列が絶えない人気店がコチラ! まずは、多くの人に支持される味でスープカレーの真髄に迫ろう。

おすすめポイント
  札幌中心部で行列店の代表格といえば「GARAKU」。和風ダシがほんのり香るスープは、まろやかで初心者でも食べやすい味。開店前に並べば、比較的早く入れるかもしれない。
「奥芝商店」はエビスープで人気を博す店で、農家から直送される野菜のおいしさも魅力だ。「マジックスパイス」は中心部から少し離れているものの、地下鉄でもアクセスできるのでご安心を。ここは辛さの段階で具の量が変わるので、あまり辛くしない場合は、追加トッピングがおすすめ。

足を延ばしてでも食べたい郊外の人気店

  アクセスがちょっと大変だけど、それでも行く価値がある人気店をピックアップ。地元密着のローカルな味わいを、ぜひ試してみて!

おすすめポイント
  有名どころを抑えたあとは、住宅街や郊外にひっそりとたたずむ、地域の名店へ足を運んでみてはいかがだろう。隠れ家的雰囲気にあっても、もちろん味は本格派。地元客はもちろん、その店の味を求めてわざわざ遠方から客が訪れるのも納得のおいしさだ。駐車場完備の店が多いので、レンタカーで向かうのもOK。地元客に囲まれて“札幌スープカレー”の裾野の広さを感じよう。

名店の味を自宅で! おみやげカレー人気ベスト3

  札幌でスープカレーにはまってしまったら、その味を自宅でも楽しもう! 札幌・狸小路商店街のおみやげ店で、人気のレトルトスープカレーをリサーチしました。

おすすめポイント
  おみやげスープカレーもやはり、市内人気店のブランドが売れ筋。具材も入っているが店で食べるものよりは少ないので、好みの野菜を加えて味わおう。実際に何軒も食べ比べるのはなかなか骨が折れるもの。でも、レトルトなら簡単! 店で食べておいしかったものだけでなく、気になっていたけど食べられなかった店のレトルトを買って、自宅で試してみてほしい。

⇒最安値で北海道のレンタカーを探す

札幌の宿探しなら「宿くらべ」

  • 札幌で朝食がおいしいホテル3選
  • 札幌でカップルにおすすめのホテル3選
  • お手頃価格で泊まれる札幌のホテル4選
編集部の視点
  北海道のいい宿研究会が厳選したホテルを目的別にご紹介。お得に楽しくホテルを選んで北海道を旅するヒントがたっぷり詰まっています。自分好みのプランがきっと見つかるはず。

⇒「宿くらべ」をもっと見る

札幌で朝食がおいしいホテル3選

新千歳空港から札幌駅への交通アクセス

  新千歳空港からJR札幌駅までは、車(レンタカー)のほか列車やバスなど公共交通機関でも簡単にアクセスできる。

車で(レンタカーで)

  千歳インターチェンジ経由≪道央道・札樽道約42km≫で札幌北インターチェンジへ。札幌北インターチェンジから≪国道5号など≫で市街中心部方面へ約4キロ、所要約1時間

JRで

  JR新千歳空港駅から≪快速エアポート37分≫でJR札幌駅へ

高速バスで

  新千歳空港から北海道中央バス、北都交通の空港連絡バスで約1時間10分

スープカレーの食べ方Q&A

Q 注文の方法・流れってあるの?
A まずは「チキン野菜」や「シーフード」などグランドメニューからひとつ選び、続いて辛さとご飯の量を選択、トッピングを追加するならそちらも店員に伝える。辛さの段階やご飯の量で追加料金が必要となる場合もあるのでご注意を。
Q スープカレーを食べるときに気をつけることは?
A 普通のカレーと同じで、スープとご飯をバランスよく食べること。具が多いので、小食の方はご飯を少な目に頼むのもいい。また、店によってはスパイスの匂いが服についてしまうことも。消臭スプレーを置いている店もあるが、気になるなら、匂いがついてもいいラフな服装で訪ねたい。
Q 辛いのが苦手でも大丈夫?
A ほとんどの店で辛さのレベルを選べるので、0番(辛みなし)にしておけば、辛いのが苦手な人でも食べられるはず。また、卓上に辛味スパイスを置いている店もあるので、もの足りない場合はそちらを足せばいい。
札幌観光に役立つ記事をひとまとめ!札幌エリア特集

札幌駅

  札幌の観光名所の楽しみ方や、夜景・グルメ・温泉・観光イベント情報などをひとまとめ!札幌エリアで旅行を楽しむツアープランやホテル・宿の予約プラン、レンタカープランなども紹介。札幌旅行を考えている方は下記のURLから「札幌エリア特集」をチェック。

【札幌エリア特集】はコチラ

北海道のホテル特集最安値プラン!公式サイトからのご予約がお得

いざないの一枚

その他の達人指南を見る

藻岩山麓の「カフェ ブルー」は今、女性に評判

札幌スイーツ 今、流行の5つの楽しみ方
札幌でケーキやカフェを楽しみたいけど、どこに行けばいいのか分からない。そんな人のために、札幌スイーツ選びを徹底指南。「ケーキを食べる」「デザイン性の高いカフェを・・・

場外市場の入口

札幌市中央卸売市場場外市場で北の幸を満喫
全道各地から新鮮な海産物や旬の農産物が一堂に集まる「札幌市中央卸売市場 場外市場」。土産選びから食事まで、市場の上手な楽しみ方を紹介しよう。

毛ガニ刺身

札幌でカニを堪能!おすすめ店の紹介も
札幌で味わえる“カニ”は、種類も、味わいも、食べ方もいろいろ。カニを味わう前に知っておいてほしい食べ方や醍醐味、おすすめ店について、札幌のカニ料理店事情に精通す・・・

サッポロさとらんど内を走る馬車

サッポロさとらんどで農業・酪農体験を満喫
正式名称は「札幌市農業体験交流施設」。「サッポロさとらんど」はさまざまな農業体験のほか・気軽に酪農体験を楽しめるスポットだ。東京ドーム18個分の広大な園内を巡る・・・

JRタワー外観

JR札幌駅エリア・JRタワーの楽しみ方を徹底ガイド!
札幌市の中心部に位置し、道内の交通の拠点でもあるJR札幌駅。平成15年(2003)に駅周辺の再開発事業によって駅ビル「JRタワー」が誕生し、今や一大ショッピング・・・

もいわ山の夜景

藻岩山で札幌の夜景を一望。楽しみ方を紹介
平成23年(2011)12月にリニューアルし、施設も乗り物も装い新たになった「札幌もいわ山ロープウェイ」。絶景以外にも見どころ満載! より面白くなった「藻岩山」・・・

季節や時間帯によって表情を変える石づくりの建物

「ニッカウヰスキー余市蒸溜所」の楽しみ方を深ボリ!
「日本のウイスキーの父」と呼ばれる創業者・竹鶴政孝氏が醸造の地に定めた余市町。開設から80年余りの時を経た今も、高品質のウイスキーがじっくりと育まれる余市蒸溜所・・・

神威岬の神威岩

積丹観光-うに丼と魅惑のシャコタンブルー
北海道内で唯一の海中国定公園に指定されている透き通った海と、断崖絶壁・奇岩・大岩の絶景を楽しめる積丹半島。「生うに」をはじめとした新鮮で豊富な海鮮グルメも楽しも・・・

北一硝子トップ

小樽「北一硝子」 ガラス製品の魅力と楽しみ方
小樽みやげの定番といえば、きらびやかなガラス製品。中でも北一硝子は数万点のアイテム数を誇り、その質の高さにも定評がある。ショッピングはもちろん、体験やグルメも楽・・・