北海道の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索
  1. 札幌スイーツ 今、流行の5つの楽しみ方
PR
北海道のホテル特集最安値プラン!公式サイトからのご予約がお得

達人指南

現地の達人が旅行の楽しみ方を伝える観光コラムです。人気の観光地から知る人ぞ知る穴場まで、達人だからこそ分かる一歩踏み込んだ“通”な情報を紹介しています。

札幌スイーツ 今、流行の5つの楽しみ方

  札幌でケーキやカフェを楽しみたいけど、どこに行けばいいのか分からない。そんな人のために、札幌スイーツ選びを徹底指南。「ケーキを食べる」「デザイン性の高いカフェを訪れる」「コーヒーの名店を楽しむ」。旅の合間の貴重なスイーツタイムを充実したものにするなら、“目的”をしっかりもつのがポイント。北海道のスイーツ事情に明るいフードコーディネーターに、そのコツを聞いた。

藻岩山麓の「カフェ ブルー」は今、女性に評判

  札幌にスイーツが登場したのは大正10年(1921)のこと。駅前通りと 狸小路商店街の交差点に開店した「千秋庵」がその始まりだ。また、昭和46年(1971)には円山地区に「パールモンドール」がオープン。生地に洋酒を染み込ませ、生クリームを絞り込んだ“大人”な洋菓子「サバラン」を発売、工房・ショーケースをガラス張りにするといった画期的な陳列手法などで人気を獲得し、長く札幌の洋菓子界を引っ張ってきたのが、この店だった。

しかし、今や「札幌スイーツ」は種類も、また店舗も非常に数が多い。北海道全域から新鮮な乳製品が届き、函館・十勝地方など各地からスイーツショップも参入しているので、どこへ行けばいいのか迷ってしまう人も多いはず。この記事ではカフェコンシェルジュであり札幌スイーツ&カフェ専門学校講師を務める達人にインタビュー! 「食べる」「空間を楽しむ」「コーヒーを飲む」 といった目的別にスイーツを楽しんで、という達人に、迷わない札幌スイーツ旅の極意を教えてもらった。

取材・文/たびらい編集部 投稿/平成28年(2016)6月

札幌スイーツ達人
(かねこ ゆみ)
金子 由美さん

札幌スイーツの達人
  札幌に生まれ育ち、フードコーディネーターとして数多くの飲食店プロデュース&マネジメントを行う。札幌市生涯学習センター「ちえりあ」で「カフェオーナーへの道」講師を務めるほか、「札幌スイーツ&カフェ専門学校」でショップ経営、材料学を教える。

道東地方の旅アドバイザーを務め、道東の食の魅力を発信するほか、全道の生産者と消費者をつなぐ活動に尽力中。今、お気に入りの地方は牧場風景が美しい道東・浜中町(はまなかちょう)と中標津町(なかしべつちょう)。

純粋にケーキを楽しむなら

たまねぎ・札幌黄を使った「ガトー〝たまねぎ〟SAPPORO」

  目的、その1。純粋にケーキやチョコレートなどを買う、食べることを目的とするなら? 「おすすめしたいのが、札幌中心部にある『SATURDAYS』や 『べんべや』。『べんべや』は小樽寄りの手稲エリアが本店ですが、中央区の百貨店・丸井今井にも入っています」。ほかには、円山エリアの超有名店「パティスリーシイヤ」と 中島公園直近にある「ボン・ヴィバン」が達人・金子さんのおすすめするスイーツショップ。

「また、札幌から少し足を延ばしてでも行ってほしいのが、北広島にある『パティスリー・モンタンベール』。ここは伝統的なつくり方をしていて、焼き菓子がとってもおいしいです」。モンタンベールは札幌洋菓子協会などが推進する「スイーツ王国さっぽろ」に加盟する名店だ。

札幌では毎年、札幌と近郊都市のパティシエが集う「さっぽろスイーツコンペティション」が開かれており、そのグランプリ作品は市内の菓子店で味わえる。“その年だけの札幌の味”をぜひ試してみてほしい。また、達人が紹介してくれたショップのほか、 チ・カ・ホ(札幌駅前地下歩行空間)の 大通公園直下には道内の人気スイーツ6店舗が入る ビッセスイーツが、その向かいには「白い恋人」で有名な石屋製菓が提供する「イシヤカフェ」もあり、雨の日でも利用しやすい。

札幌のおしゃれカフェでスイーツを楽しむ

民家を改装した「カフェ ブラン」。店内外は“真っ白”な空間だ

  札幌中心部の大通エリアには女性向きのカフェが多い。丸井今井に入る「カフェノーブル」や札幌池内の「カフェ森の間」などは、初めて札幌を訪れる人にも入りやすく、パンケーキを使ったスイーツも人気。「最近、南円山エリアにできた『inZONE TABLE(インゾーネテーブル)』というスポットも人気です」。ここはインテリアブランドが展開したカフェで、家具のひとつ一つがとてもおしゃれ。こういった“自分の理想の部屋”のような空間でお茶を楽しむ女子が多い、と金子さん。

「また、個人的に“デザイナーズカフェ”と分類しているカフェがあります」。札幌の代表格が 「アトリエモリヒコ」 「カフェ ブラン」で、どちらもデザイン性の高い空間が魅力だ。モリヒコは種類豊富な自家製ケーキの人気が高く、円山・西11丁目、苗穂エリアと札幌各所にそれぞれ雰囲気の異なるカフェを開いている。カフェブランの人気スイーツはパンケーキ。イチゴとクランベリー、クリームチーズを使った「ベリーベリー」が評判だ。

カフェブランは 藻岩山のすぐ近くにあり、近隣には 「カフェ ブルー」がある。こちらは、カントリー調の温かい雰囲気の店舗で、人が途切れることのない人気の店舗だ。藻岩山で夜景鑑賞をする前に、これらのカフェで時間を過ごすのもおすすめ。

コーヒーの専門店でスイーツを味わう

「スタンダード・コーヒー・ラボ」のボリューム満点ワッフル

  目的1はスイーツ自体を楽しむ、目的2は空間を重視して、そこでスイーツを味わう。達人・金子さんの迷わない札幌スイーツ旅のコツが目的3。それはコーヒー専門店でスイーツを味わうこと。もちろん、これまで紹介してきたカフェのなかにもコーヒーにこだわりをもつところはたくさん。それでは、今、金子さんがイチオシするスポットとは?

「札幌南区の『スタンダードコーヒーラボ』がイチオシです。オーナーはラテアートの世界チャンピオン。“本物のラテアート”ってすごいんだ、と驚くはずですよ。でも、地元のママさんやおばあちゃんなどがたくさん訪れる世代を超えて愛されているお店で、とても入りやすい雰囲気も魅力です。」

スタンダードコーヒーラボの人気の理由はコーヒーだけでなく、ワッフルにもある。「自家製ラムレーズン」「抹茶クリームと大納言小豆」など多彩な種類のワッフルを“サンド”形式で提供しており、どれもボリューム満点。藤野という 定山渓温泉寄りのエリアにあり、市街地からの主なアクセスは車となるが、定山渓・ ニセコ方面へドライブする際はぜひ立ち寄ってみて。

札幌の夜にちょっと贅沢スイーツを。「〆パフェ」を楽しもう

札幌で「〆パフェ(シメパフェ)」を流行らせた「ペンギン堂」

  札幌では昼だけではなく、最近は夜にお酒を飲んだ後に〆パフェ(シメパフェ)を食べるスイーツスタイルが流行中。「 『ペンギン堂』が札幌の〆パフェの走りですね。25時くらいまでやっているお店もあり、大人な雰囲気のなかで楽しめます」。

金子さんがおすすめするのは 札幌市電の西4丁目駅近くにある「HASSO」、 狸小路1丁目の「パフェ、珈琲、酒、佐藤」。そして、同じく狸小路5丁目にある「イニシャル」。「どの店も素材にこだわっています。『HASSO』はイタリアンシェフが経営するイタリアンバーですが、パフェだけ頼むのもOK」。

これらの店で食べられるパフェ&スイーツは、一般的なスイーツ価格よりは高めで1000円~ほどが目安。また、店舗規模が小さく、大勢は入れないので2~3人で訪れるならば予約するのがベターだ。

北海道らしい風景のなかでスイーツ三昧

“絶景カフェ”として人気、札幌・定山渓の「カフェ崖の上」

  「札幌はとても洗練された街なので、中心部は東京に近い感覚です。でも、せっかくなら北海道ならではのスイーツタイムを楽しんでほしい」と金子さん。郊外型のカフェ&スイーツが今、地元女子に、また北海道のヘビーリピーターに人気だ。そこで、最後は札幌近隣の達人イチオシカフェを紹介。

北海道らしい風景を見られるカフェには「海系」と「森系」のふたつのタイプがあると達人は教えてくれた。「海系なら小樽・張碓(はりうす)地区にある『ビューカフェ』。札幌~小樽間の中間にあるので、小樽ドライブの途中によるのもおすすめです」。平成27年(2015)に出来たばかりだが、石狩湾を見渡せる“絶景カフェ”として早くも道央では話題のスポット。ワッフル・パフェ、自家製のベイクドチーズケーキなどスイーツも豊富にそろえている。「また、スイーツではなくピザが有名な場所ですが、石狩市の『リップル』もイチオシです。ちょっと遠いけど、新冠町(にいかっぷちょう)の『椿サロン』はぜひ行ってみてほしい」。

森系カフェ、達人のおすすめは長沼町の「緑の丘」と千歳市の「MEON農苑」。「どちらも、新千歳空港からそれほど離れていないので、帰り際に立ち寄るのもいいですね」。そして、札幌にも森系カフェがある。それが定山渓エリアに建つ 「カフェ 崖の上」。テラス席の直下には豊平川(とよひらがわ)支流が流れている。ここは、発酵バターを使った手づくりの「崖の上ケーキ」が評判だ。

《厳選ホテル》

札幌で朝食がおいしいホテル3選

札幌のスイーツを楽しもう!おすすめスポット情報

ハイセンスな札幌のカフェ3選

  札幌市電で行ける、“札幌らしい”ナチュラルなカフェを紹介。

おすすめポイント
  せっかく札幌を訪れたのなら、中心部だけでなく、円山・藻岩山といったゆったりとしたエリアでスイーツを楽しみたい。今回ピックアップした3スポットは、どれも札幌市電で行ける西部エリアにある。アトリエモリヒコは西12丁目にあり、札幌資料館や北海道立近代美術館などの、建築物&アート散策の折に訪れるのがおすすめ。「カフェ ブラン」「カフェ ブルー」は夜景で有名な藻岩山の近くにあるので、昼~夕方くらいの時間に訪れるのもよい。

札幌近郊の“森系”カフェ

  北海道ならではの景色のなかでスイーツを楽しみたい。そんな人におすすめなのが郊外型のカフェだ。

おすすめポイント
  石狩・小樽・千歳などは札幌から約1時間と近く、半日ドライブでカフェ巡りを楽しめるエリア。森のなかにたたずむカフェや、海が見えるカフェは、このエリア周辺にある。「カフェ崖の上」は札幌市内にある貴重な“森系”カフェ。札幌を流れる豊平川の支流直上に建っており、スイーツを味わいながら、それを眺めるのが楽しい。夏のテラス席はすぐに満席になるので、早めに訪れたい。

札幌の宿探しなら「宿くらべ」

  • 札幌で朝食がおいしいホテル3選
  • 札幌でカップルにおすすめのホテル3選
  • お手頃価格で泊まれる札幌のホテル4選
編集部の視点
  北海道のいい宿研究会が厳選したホテルを目的別にご紹介。お得に楽しくホテルを選んで北海道を旅するヒントがたっぷり詰まっています。自分好みのプランがきっと見つかるはず。

⇒「宿くらべ」をもっと見る

札幌で夜景の綺麗なおすすめのホテル5選

いざないの一枚

その他の達人指南を見る

スープカレー

札幌スープカレー 味わい方と人気店6選
札幌のスープカレーは、ジンギスカンやラーメンと並ぶ名物グルメ。野菜や肉、魚介などの具材がドーンと盛られる、北の大地らしい豪快な一皿だ。その味わい方と人気店情報を・・・

雄大な石狩平野と樽前山から手稲山まで連なる山々

札幌近郊半日ドライブ 地元目線で楽しもう
北海道の爽やかな春~初秋はドライブに絶好のシーズン。気ままに車を走らせ、束の間の住人となって北海道を地元目線で楽しもう。例えば北海道旅行の最終日、半日しかない貴・・・

イサム・ノグチがデザインした造形物

モエレ沼公園 札幌郊外でアート散策
札幌北東部ののどかな郊外に広がるモエレ沼公園は、世界的彫刻家イサム・ノグチが設計を手がけた都市公園。北海道らしい広々とした風景のあちこちにオブジェが点在する園内・・・

三角市場内観

小樽三角市場、駅前の小さな市場で新鮮体験
JR小樽駅から徒歩2分。絶好のアクセスの「三角市場」は、小樽や北海道近海で獲れた鮮魚が並ぶ市場。6店舗もある食事処では、カニ、ウニ、いくらなどが豪快に乗った海鮮・・・

池田ワイン城

池田ワイン城観光で、十勝ワイン体験!
池田ワイン城がある北海道の池田町は、十勝ワインで有名な街。今や北海道を代表するブランドとなった十勝ワインだが、このブランドはまち自体を苦境から救うため、池田町と・・・

帯広スイーツ

スイーツ好きの天国。帯広でスイーツ巡り
帯広はスイーツ好きの天国だ。数多くのスイーツ店が切磋琢磨するからか、お菓子の平均レベルが高い。どの店も美味いのだ。そしてうれしくなるほどに値段も安い。そんな帯広・・・

人気ダントツの看板メニュー「チャイニーズチキンバーガー」

函館「ラッキーピエロ」 の楽しみ方ガイド
“ラッピ”の愛称で親しまれている函館のハンバーガーチェーン「ラッキーピエロ」。ご当地グルメとして人気の「チャイニーズチキンバーガー」やレストラン機能を備えた個性・・・

海産物からスイーツまで、函館土産はバリエーション豊か

函館の土産ガイド 定番とおすすめアイテム
歴史ある人気の土産から、ふんわりと柔らかく女性におすすめの絶品スイーツ。函館名物の海鮮を使った製品や変わり種の甘味まで、函館旅行に行ったならぜひ持ち帰りたい土産・・・

函館グルメの定番「塩ラーメン」

「函館ラーメン」おすすめ&人気店を紹介
「函館の塩ラーメン」は、札幌の味噌ラーメンと旭川の醤油ラーメンに並ぶ北海道三大ラーメンのひとつ。透き通ったスープには、長い歴史と人々を魅了する味わいの秘密が凝縮・・・