北海道の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索
  1. 札幌市中央卸売市場場外市場で北の幸を満喫

達人指南

現地の達人が旅行の楽しみ方を伝える観光コラムです。人気の観光地から知る人ぞ知る穴場まで、達人だからこそ分かる一歩踏み込んだ“通”な情報を紹介しています。

札幌市中央卸売市場場外市場で北の幸を満喫

  全道各地から新鮮な海産物や旬の農産物が一堂に集まる「札幌市中央卸売市場 場外市場」。土産選びから食事まで、市場の上手な楽しみ方を紹介しよう。

場外市場の入口

  北海道旅行の楽しみといえば、なんといってもグルメ。「新鮮な魚介や農産物を買いたい」「安くておいしい海鮮丼を味わいたい」「朝から魚が食べたい!」。そんな願望をすべて叶えてくれるのが「札幌市中央卸売市場 場外市場」だ。すぐ隣は札幌市民の食を支える拠点市場であり、北海道最大の規模を誇る「札幌市中央卸売市場」。そこから毎朝食材が入荷するのだから、素材のよさと鮮度は間違いない。

メイン通りを挟むようにして物販店と飲食店が約60店舗も軒を連ねており、各店からは威勢のいい掛け声が飛び交い、賑わっている。JR札幌駅や大通公園から車で10分少々、またJR桑園駅(そうえん)や地下鉄東西線の二十四軒駅から徒歩で約10分と、まちの中心部から近いので、気軽に足を運んでみよう。

構成/たびらい編集部 更新/平成28年(2016)6月

《この記事を読む人におすすめの情報》

場外市場の達人
(さわだ きはちろう)
澤田 喜八郎さん

札幌市中央卸売市場場外市場の達人
  札幌市中央卸売市場 場外市場中心街商業組合の理事長。各店舗の意見の取りまとめやイベントの企画、取材対応などに日々奔走し、場外市場の活性化に力を尽くしている。オホーツク地方の紋別市出身。行商をしていた母のもとで“おいしいカニ”をおやつ代わりに食べて育ったため、魚の味には厳しい。趣味はお酒とカラオケで十八番は吉幾三の「雪国」。

⇒ 札幌市中央卸売市場 場外市場

札幌の「場外市場」を訪れるなら午前中がおすすめ

市場にはたくさんの店が並ぶ

  札幌を周遊する観光バスの主要ルートになるほど、人気スポットのひとつが「札幌市中央卸売市場 場外市場」。早朝から活気あふれる声が響き、茹で立てのカニや生簀の中を泳ぐ新鮮な魚、おいしそうな野菜や果物を前に思わずテンションが上がるだろう。場外市場の物販の7~8割は鮮魚店で、次に多いのが青果店。ほかにも生ラムやジンギスカンを扱う精肉店、北海道の銘菓や限定酒を多数揃える商店などがあるので、土産選びがここだけで完結するほど充実している。

物販店は朝6時から17時までの営業だが、入荷状況などによっては昼頃で閉めてしまう店も。もちろん店頭に並んだ品も早い者勝ち。そこで、いろいろ見て吟味したいなら、午前中なるべく早めに行くのがおすすめだ。「品物が一番揃っているのは8時頃だね」と達人の澤田さん。

場外市場はそれほど大きくはなく、道路の両サイドに約100メートルの長さに広がっている。15~20分ほどで一周できるので、まずは各店舗をざっと見てまわり、改めてじっくりと品定めをしながら値段交渉に移るのが上手な買い物のコツ。

店員さんとのコミュニケーションが上手な買い物のカギ

店の人との掛け合いも楽しい

  場外市場には旬の味覚が集まるため、カニやメロンなど、同じ食材がズラリと並ぶ光景を見て、どの店で買ったらいいか迷ってしまう人も多いだろう。そんな時は、店員さんとどれだけコミュニケーションを取れるかが重要になってくる。対面販売ならではの値段交渉も市場の楽しみのひとつ。調理法やおいしい食べ方などを聞いてみるのもいい。

「例えば、カニは年中扱っているんだけど、同じ毛ガニでも産地で味覚が違ったり、タラバとひと口に呼ばれるカニであっても『タラバガニ』『アブラタラバ』という種類の違いがあったりといろいろ。味や値段の違いはどこからくるのかを店員さんにぜひ聞いてみて。魚介の勉強になるし、高い=自分好みの味というわけじゃない、そんなことも徐々に分かってくるよ」。

旬素材と「場外市場」イチオシのイクラ漬けを味わおう

毎年9月から始まる秋サケの時期には各店こだわりのイクラが並ぶ

  札幌中央卸売市場は道央圏に暮らす人々の台所。もちろん隣の場外市場にも北海道各地の旬の海産が、絶えることなく入ってくる。道央の食材に絞っても実にバリエーション豊かで、2月~5月には襟裳(えりも)産の真つぶが、6月には積丹(しゃこたん)半島で捕れたウニが入荷。9月からの2カ月は小樽の秋しゃこのシーズンだ。

どの店もほとんどの商品が試食できるので、遠慮なく食べ比べることも大事。特に場外市場が力を入れているのがイクラだ。醤油漬けだけでなく、塩のみを加えたもの、昆布だしを使ったものなど、店ごとに味付けのこだわりがある。「つくりたてのイクラを買うなら、秋サケが入る9月、10月がチャンス」と澤田さんは教えてくれた。

購入した商品を自宅などへ送りたい場合は、配送センターを利用するのもいいが、最後に買った店に頼むと場外市場内で購入した商品ならまとめて配送してくれるのでラク。ダンボールや発砲スチールなども各店で用意しているので、気軽に相談してみよう。

バリエーション豊かな「場外市場」グルメを楽しむなら?

浜焼き・ガンガン焼きといった漁師グルメを味わえる「カキ小屋」

  せっかく市場に来たなら、買うだけでなく、食事も楽しみたいもの。場外市場内には、新鮮な海産物を味わえる食事処が15店舗ほど点在しており、タイプはさまざまだ。バスツアーなど大勢で利用される店は「若駒」「北のグルメ亭」「北の漁場」などの大型店が中心。少人数で海鮮丼を味わうなら「菊水」「味の二幸」「北の旬」といった店もおすすめだ。「卸売センターのなかの『カキ小屋』では『浜焼き』という漁師の食べ方で魚介類を食べられて、ここも人気」と達人は言う。

飲食店に限っては行き当たりばったりで入るよりも、メニュー構成や値段を事前にインターネットで調べてから決めた方が、効率よく楽しめる。市場全体が10のブロック(建物)に分かれて形成され、小さな店などは建物の奥まで入らないと見つけにくい場合があるので、店の場所は現地で入手できる場外市場マップを片手に探してみよう。早朝(飲食店は早くて7時オープン)から開いている店が多いので、少し早起きして、ホテルではなくここで朝食を取ってから観光に出かけるのもいい。ほとんどが15時くらいで閉店してしまうが、中には夜まで営業している店も。店舗によって定休日や営業時間が異なるので、前もって確認しておくのがベターだ。

「食堂長屋」で札幌のソウルフードを堪能

「食堂長屋」には4店舗の飲食店のみが入っている

  「海産物以外の北海道名物も食べたい!」という人におすすめなのが、場外市場の東側入口(JR桑園駅側)から入ってすぐ左手にある「食堂長屋」。市場にいながら、本格的なスープカレーやラーメンが楽しめるグルメスポットだ。

「札幌スープカレー 曼荼羅」では、30種類以上の香辛料を使用したスパイシーなスープカレーを提供。スープカレーの定番といえるチキンレッグが丸ごと入ったチキンカレーや、魚介が盛りだくさんのシーフードカレーなど、多彩なメニューが揃っている。

「元祖さっぽろラーメン横丁」にも店を構える「ラーメンひぐま」の市場店も人気で、王道の味噌ラーメンはもちろん、ジンギスカンや帯広名物の豚丼まで、ここ一軒で味わえる。ひと味違った進化系ラーメンが好みなら「あら焚き豚骨 あらとん」へ。豚骨と魚のあらを使ったうま味たっぷりのスープが評判で、札幌市内に支店もある有名店だ。この「食堂長屋」は、目の前が無料の駐車場になっているので、買い物のついでだけでなく、食事目的で訪れる人も多い。

《厳選ホテル》

札幌で朝食がおいしいホテル3選

函館・小樽・札幌。北の「市場グルメ」を満喫しよう

場外市場だけじゃない!北海道のおすすめ市場情報

  駅直近、好アクセス型の人気市場を紹介。ホテルを朝早く出て、ここで海鮮朝食を楽しむのもおすすめだ。

  • NO1札幌旅行の折には立ち寄りたい“都心型”の市場が二条市場
  • NO2三角市場内観
  • NO3朝市風景
おすすめポイント
  「二条市場」はさっぽろテレビ塔や狸小路から徒歩すぐという都心型の観光市場。ここは中心部のホテルからもアクセスがよいので、観光客だけでなく出張ビジネスマンにも朝食利用されているスポットだ。小樽駅前にも「三角市場」という好アクセスな市場がある。ここは各鮮魚店が出店する海鮮が評判。人気No.1は「海鮮ちらし」。場外市場と同じく時期にはイクラの醤油漬けを提供している。函館朝市は威勢のいい“呼び込み”の声、イカ釣り体験などが特徴的。がごめ昆布、干物など乾物系も多く取り揃えている。函館朝市の敷地は、この3スポットのなかで最も広く、ゆっくりと買い物を楽しめる。

札幌の宿探しなら「宿くらべ」

  • 札幌で朝食がおいしいホテル3選
  • 札幌でカップルにおすすめのホテル3選
  • お手頃価格で泊まれる札幌のホテル4選
編集部の視点
  北海道のいい宿研究会が厳選したホテルを目的別にご紹介。お得に楽しくホテルを選んで北海道を旅するヒントがたっぷり詰まっています。自分好みのプランがきっと見つかるはず。

⇒「宿くらべ」をもっと見る

札幌で夜景の綺麗なおすすめのホテル5選

札幌市中央卸売市場 場外市場の交通アクセス

  札幌駅、大通公園、すすきのから車で10~15分と都心部から近く、タクシーでも気軽に行ける距離。公共交通機関を利用するなら、札幌駅からJRに乗るか、大通駅から地下鉄を利用しよう。

【札幌市中央卸売市場 場外市場の施設情報】

  【住所】札幌市中央区北11条西21丁目2-3
【営業時間】6時~17時(飲食店は7時~)
※営業時間は店舗により異なる
【問い合わせ(電話番号)】011-621-7044(場外市場中心街商業組合)

車(レンタカー)で

  新千歳空港から道央自動車道で約60分(札幌ジャンクションから札幌道に入り、新川ICから約10分)、JR札幌駅から約10分

JRで

  JR「桑園」駅下車(札幌駅から約3分)、徒歩約10分

地下鉄で

  地下鉄東西線「二十四軒」駅下車(大通駅から約9分)、徒歩約10分

札幌市中央卸売市場 場外市場の上手な利用法Q&A

Q 車で行きたいのですが、駐車場はありますか?
A 場外市場内には、駐車場を4カ所完備。すべて無料となっています。「1000円以上使用した方に限る」など利用条件があるように思われますが、一切ありません。買い物だけ、食事だけでも気軽にご利用ください。
Q 場外市場に行くのにおすすめの季節はありますか?
A 年中無休で営業しているので、いつ来ていただいても楽しんでもらえると思います。ただし、メロンやトウモロコシなど、特定の期間しか並ばない食材も多いので、自分が食べたいものの旬の時期にめがけて来るのがベストです。
Q 購入した商品を地方へ送りたいのですが。
A 1日4回の配送便で全国各地にお送りします。道外への配達はすべて航空便を使用しているので、昼頃に送れば翌日には届きます。もちろん日時指定もOKですが、出来るだけ新鮮な状態で食べたいなら、受け取り日の前日に送るのがおすすめ。自分用に買って帰る場合は、旅行の最終日に訪れるといいでしょう。
Q クレジットカードは使用できますか?
A カード払いが出来る店とできない店があるので、各店舗で確認してください。念のため現金を用意しておくことをおすすめします。
札幌観光に役立つ記事をひとまとめ!札幌エリア特集

札幌駅

  札幌の観光名所の楽しみ方や、夜景・グルメ・温泉・観光イベント情報などをひとまとめ!札幌エリアで旅行を楽しむツアープランやホテル・宿の予約プラン、レンタカープランなども紹介。札幌旅行を考えている方は下記のURLから「札幌エリア特集」をチェック。

【札幌エリア特集】はコチラ

札幌で大浴場がおすすめのホテル4選

いざないの一枚

その他の達人指南を見る

明治期の面影を残す博物館。

サッポロビール博物館で ここだけのプレミアムビール体験!
日本で唯一のビール博物館である「サッポロビール博物館」。ここは学びの場であると同時に、“ふたつ”のプレミアムビールを楽しめる、特別な空間でした。

毛ガニ刺身

札幌でカニを堪能!おすすめ店の紹介も
札幌で味わえる“カニ”は、種類も、味わいも、食べ方もいろいろ。カニを味わう前に知っておいてほしい食べ方や醍醐味、おすすめ店について、札幌のカニ料理店事情に精通す・・・

スープカレー

札幌スープカレー 味わい方と人気店6選
札幌のスープカレーは、ジンギスカンやラーメンと並ぶ名物グルメ。野菜や肉、魚介などの具材がドーンと盛られる、北の大地らしい豪快な一皿だ。その味わい方と人気店情報を・・・

JRタワー外観

JR札幌駅エリア・JRタワーの楽しみ方を徹底ガイド!
札幌市の中心部に位置し、道内の交通の拠点でもあるJR札幌駅。平成15年(2003)に駅周辺の再開発事業によって駅ビル「JRタワー」が誕生し、今や一大ショッピング・・・

イサム・ノグチがデザインした造形物

モエレ沼公園 札幌郊外でアート散策
札幌北東部ののどかな郊外に広がるモエレ沼公園は、世界的彫刻家イサム・ノグチが設計を手がけた都市公園。北海道らしい広々とした風景のあちこちにオブジェが点在する園内・・・

大倉山展望台 正面

大倉山ジャンプ競技場と展望台 観光ガイド
昭和47年(1972)に開催された冬季オリンピック札幌大会で、90メートル級ジャンプが行われた「大倉山ジャンプ競技場」を見下ろす展望台。札幌市内の眺望を楽しみ、・・・

藻岩山麓の「カフェ ブルー」は今、女性に評判

札幌スイーツ 今、流行の5つの楽しみ方
札幌でケーキやカフェを楽しみたいけど、どこに行けばいいのか分からない。そんな人のために、札幌スイーツ選びを徹底指南。「ケーキを食べる」「デザイン性の高いカフェを・・・

道産子のソウルフード「ジンギスカン」

札幌でジンギスカン!おすすめの名店を紹介
北海道を代表するグルメ「ジンギスカン」。 “円形の鉄鍋で羊肉を焼く料理”というのが一般的なイメージだろう。しかし、肉の種類や味付けの仕方、食べ方、はたまた鍋の形・・・

スイーツアベニュー

新千歳空港でお土産選び。人気店を紹介
北海道の旅の締めくくりに欠かせないのが、お土産選び。大切なあの人へ贈るとっておきの一品を、新千歳空港で探そう。