北海道の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索
  1. 「札幌市電」 路面電車できままに観光

達人指南

現地の達人が旅行の楽しみ方を伝える観光コラムです。人気の観光地から知る人ぞ知る穴場まで、達人だからこそ分かる一歩踏み込んだ“通”な情報を紹介しています。

「札幌市電」 路面電車できままに観光

  ガタゴト揺られてのんびりゆったり…。札幌観光で気ままなひとときを楽しむなら、路面電車がオススメ。レトロな車体は、乗っても、眺めるだけでも風情満点。札幌市交通局に勤続35年の達人が、その魅力を紹介する。

市電メイン

  札幌市中心部を走る路面電車は、観光客や市民に人気の乗り物だ。駅前通と南1条通の交差点付近にある停留所「西4丁目」から乗り込むと、都心のにぎやかな雰囲気から一転、自然豊かな藻岩山のふもとへ。その先に広がる昔ながらの街並みを越えると、再び華やかな「すすきの」に到着。

平成27年(2015)12月には、この「西4丁目」と「すすきの」間を結ぶ新しい線路がループ化工事によって誕生。新しく「狸小路」停留所がオープンし、札幌中心部をぐるり一周できるようになった。札幌市電の路線延長は約9キロ、約50分間の札幌ミニトリップが味わえる。

もちろん途中下車して、沿線のスポットに立ち寄るのも楽しい。近年は雪ミク電車や映画ロケもあり、話題の車両を探すのもオススメだ。より便利になった札幌市電で、少し変わった旅情を満喫してはいかがだろう。

ライター/新目 七恵 投稿/平成28年(2016)2月

《この記事を読む人におすすめの情報》

《その他の札幌観光情報はこちら》
札幌観光で”役に立つ”情報20選

市電達人
(ふじむら としひろ)
藤村 敏寛さん

札幌市電の達人
  昭和55年(1980)から約20年間、札幌市電の運転手を務めたベテラン職員。現在は札幌市交通局高速電車部・運輸課電車業務係として、夏・冬のダイヤ改正などに携わる。幼い頃から沿線に住み、路面電車はなじみ深い存在だったという。映画「探偵はBARにいる2」など、札幌市電に関するロケに協力した経験も豊富。

道内では札幌と函館2カ所だけ! 路面電車を旅の思い出に

昔写真

  道内では、札幌と函館でのみ運行している路面電車。札幌市が運営する路面電車(札幌市電)は、中心部と郊外をぐるっとほぼ一周する一路線だが、実は約50年前のピーク時には、駅前から東西南北に路線が延びていた。路線延長は約25キロで、現在の3倍! まさに市民の“足”として活躍した当時、幼い藤村さんもよく家族や友達と乗り、「連結部分に乗るのが面白かった」など思い出がたくさん詰まっているそうだ。

車の普及や地下鉄の影響で路線は減り、唯一残ったのが現在のコースと知れば、貴重さが実感できるはず。だからなおさら、“路面電車のある風景”に愛着を持つ人も多いのだ。

ところで、市電のそもそもの始まりは、明治期の馬車鉄道だという。札幌市郊外にある「北海道開拓の村」では、夏は馬車鉄道、冬は馬そり体験ができる。興味があれば、札幌市電ゆかりの場所にも足を運んではいかがだろう。

旅情気分を盛り上げる“のんびり&ゆったり”が最大の魅力

車窓から

  心地よいリズムに揺られて、ついウトウト…。路面電車に乗った人なら、こんな経験がきっとあるだろう。札幌市電の一番の魅力は、その速さ(遅さ?)にある。時速は約30キロだが、数分おきに停留所で停まるため、体感速度はもう少し遅いかもしれない。

車窓からの眺めも大きな楽しみだ。ゆっくり流れる沿線の風景はもちろん、「四季折々に移り変わる木々や街の雰囲気もいいですよ」と藤村さん。特に「西4丁目」から「西15丁目」まで、南1条通をまっすぐ進む区間は、進行方向に大倉山ジャンプ台がそびえて圧巻の景色。また、「すすきの」付近は、日が暮れるとネオンがきらめき、繁華街のにぎやかに包まれる。

ちなみに、藤村さんによると、運転手の“大敵”といえば西日のまぶしさだそう。もし夕暮れ時に札幌市電に乗ることがあったら、そっと運転手さんを応援してほしい。

藻岩山へ、電車旅に行こう!

藻岩山

  中島公園や豊平川(とよひらがわ)、美術館など、数ある札幌市電・沿線スポットのなかでもオススメなのが、藻岩山(もいわやま)。平成27年(2015)、日本新三大夜景のひとつに選ばれた札幌の夜景を楽しめるとあって、話題の場所だ。

藻岩山へは、「西4丁目」「すすきの」どちらからでも約20分の「ロープウェイ入口」で下車。そこから歩いてすぐ、山麓駅まで行ける無料シャトルバス乗り場(15分間隔で運行)があるので、気軽に利用しよう。山麓駅へは徒歩約8分程度なので、街歩き感覚で向かうこともできる。

藻岩山の標高は約531メートル。アイヌ語で「インカルシペ(いつもそこに上がって見張りをするところ)」という意味の通り、山頂からは札幌を一望できる大パノラマが広がる。平成23年(2011)には関連施設がリニューアルし、ロープウェイのゴンドラも最新型に。中腹駅にはお土産ショップ、山頂駅にはレストランもあるので、時間に余裕を持って訪れたい。

大人も子供も大興奮! 電車事業所の楽しみ方

電車事業所

  電車好きはもちろん、子供連れに人気の沿線スポットといえば、停留所「電車事業所」そばにある札幌市交通局電車事業所だろう。ここは車両の格納所。その場で申し込めば、安全が確保できる範囲で見学できる。

見学時間は、ラッシュの時間帯を除く、平日10時30分~15時、土日9時30分~15時。入口そばの事務所で申し込めば、藤村さんら職員が案内してくれる。札幌発祥の徐雪用車両「ササラ電車」をはじめ、その時に停まっている車両を見学可能だ。

車両の多くは50年以上のレトロな型だが、平成25年(2013)には新型低床車両「ポラリス」が登場した。新旧多彩な仕様や歴史を知れば、札幌市電への親しみも増すことだろう。藤村さんのオススメポイントは、意外にも事務所入口。レゴブロックで作った「ポラリス」があるのだ。これは、市民から寄贈を受けたもので、「細部まで丁寧に再現しているのでじっくり見てみて」と話している。

札幌市電のループ化で、もっと便利&快適に

ループ化

  札幌市電に関する最新のビッグニュースが、ループ化だ。これは、これまで起・終点の停留所だった「西4丁目」から「すすきの」まで、約400メートルの区間をつなぐもの。平成27年(2015)12月20日に完成した。

それぞれの停留所は単線から複線に。基本的に双方向で環状運転となる。「東京の山手線のようにグルグル回ることになるので、乗り過ごしの不安も減りましたね」と藤村さん。さらに、新たに「狸小路」停留所が設置されたので、札幌観光のちょっとした移動にも気軽に活用しやすくなった。

気になる車両の位置情報は、各停留所のモニターで表示している。また、札幌市交通局のホームページ内「札幌市電Navi」では、位置情報や車両の種類を5秒ごとに更新して知らせているので、チェックしてみよう。

《厳選ホテル》

札幌で朝食がおいしいホテル3選

札幌市電をもっと楽しむ観光情報

これは欲しい! ユニークな市電グッズ

  旅のお土産に、自分への記念に、オススメの商品をご紹介。

おすすめポイント
  子どもはもちろん、大人になっても、レトロな路面電車をかたどったグッズには心躍るもの。思わず手にとりたくなるぬいぐるみ「市電M101」は、なんとゼンマイ駆動で本当に“走る”のがポイント。路線図と市電のキャラが描かれた「市電トイレットペーパー」とともに、札幌市内で販売している。「西線ロール」は、停留所「西線9条旭山公園通」そばにある手作りケーキ店「シャモニー」の看板商品。ほかにも市電に関連した菓子を用意しているので、ぜひ立ち寄ってほしい。

これは乗りたい! オススメ車両3選

  レトロなタイプだけじゃない! 若者や観光客、市民に大人気のオモシロ車両をチョイス。

おすすめポイント
  「雪ミク電車」とは、冬の北海道を応援するキャラクター「雪ミク」仕様にフルラッピングされた車両のこと。期間限定の特別運行とあって、全国からファンが乗りに訪れ、今や札幌の冬の名物となっている。「ポラリス」は、平成25年(2013)年に運行を始めた最新車両。乗り降りしやすい小さな段差や洗練されたデザインが特徴で、「特に見晴らしの良い椅子は『ミニ展望席』と名付けたので座ってみて」と藤村さん。大泉洋さん主演の映画「探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点」に登場したのが241号車。今も車内に直筆サインが飾ってあるので、お見逃しなく。

シャッターチャンス! 路面電車のある瞬間ベスト3

  街中を走る様子が「絵」になるのも、路面電車の魅力。眺めて、撮って楽しめるオススメのスポットをご紹介。

おすすめポイント
  通年でオススメの眺めといえば、「三吉(みよし)神社」と「藻岩山」だろう。「さんきちさん」の呼び名で親しまれる「三吉神社」は、停留所「西8丁目」から「中央区役所前」に向かう区間にある。緑豊かで歴史も古く、ビル街の中のオアシス的存在だ。登るだけでなく、眺めても壮観な「藻岩山」。「電車事業所」と「中央図書館前」の間から振り返ると、山麓の札幌平和塔が望める。また、徐雪電車「ササラ電車」は、冬に欠かせない風景。見かけたら、札幌ならではの光景としてぜひシャッターで収めてほしい。

札幌の宿探しなら「宿くらべ」

  • NO1札幌で朝食がおいしいホテル3選
  • NO2札幌でカップルにおすすめのホテル3選
  • NO3お手頃価格で泊まれる札幌のホテル4選
編集部の視点
  北海道のいい宿研究会が厳選したホテルを目的別にご紹介。お得に楽しくホテルを選んで北海道を旅するヒントがたっぷり詰まっています。自分好みのプランがきっと見つかるはず。

⇒「宿くらべ」をもっと見る

札幌で夜景の綺麗なおすすめのホテル5選

電車事業所への交通アクセス

  車でも行けるが、駐車場はないのでご注意を。オススメはもちろん、札幌市電を利用すること。停留所「西4丁目」「すすきの」どちらからでも約20分程度の場所にあるので、ちょっとした散策気分を楽しみながら向かおう。

札幌市交通局高速電車部運輸課(電車事業所)の施設情報

  【住所】
北海道札幌市中央区南21条西16丁目2-20 電車事業所

【問い合わせ(電話番号)】
011-551-3944

【問い合わせ受付時間】
8時45分~17時15分

【定休日】
なし

【駐車場】
なし

札幌市電で

  札幌市電停留所「電車事業所前」から徒歩3分

車(レンタカー)で

  札幌市電の路線に沿って「福住桑園通」を南へ。停留所「電車事業所前」の先にある信号を右へ。
※電車事業所内に駐車場はなし

札幌市電で快適に旅するためのQ&A

Q 札幌市電の乗り方は?
A 車両の中央に近い「乗車口」から乗り、先頭の運転席横の「降車口」から降ります。札幌市電に整理券はありません。降りる時に、料金をお支払いください。
Q 料金はいくらですか?
A 一律170円(小人90円)、地下鉄乗継290円(小人150円)です。地下鉄に現金で乗り継ぐ場合、乗務員に「乗継券」と告げてから料金を支払い、乗継券をお受け取りください。なお、乗り継げるのは、指定駅のみですのでご注意ください。
Q 料金の支払い方は?
A 降車口手前にある料金箱に現金・乗継券を投入してください。1000円の両替も可能ですが、安全のため、できるだけ停車中に行ってください。
Q お得な乗り方はありますか?
A 土曜・日曜、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)なら、市電専用1日乗車券「どさんこパス」が利用できます。1枚で、大人1人と子供1人が市電に1日乗り放題。1枚310円で、市電車内や大通定期券発売所(年末年始の休業期間中を除く)で販売しています。前売りはなく、利用する当日しか買えませんのでご注意ください。また、地下鉄やバスは利用できません。
札幌観光に役立つ記事をひとまとめ!札幌エリア特集

札幌駅

  札幌の観光名所の楽しみ方や、夜景・グルメ・温泉・観光イベント情報などをひとまとめ!札幌エリアで旅行を楽しむツアープランやホテル・宿の予約プラン、レンタカープランなども紹介。札幌旅行を考えている方は下記のURLから「札幌エリア特集」をチェック。

【札幌エリア特集】はコチラ

札幌で大浴場がおすすめのホテル4選

いざないの一枚

その他の達人指南を見る

道産子のソウルフード「ジンギスカン」

札幌でジンギスカン!おすすめの名店を紹介
北海道を代表するグルメ「ジンギスカン」。 “円形の鉄鍋で羊肉を焼く料理”というのが一般的なイメージだろう。しかし、肉の種類や味付けの仕方、食べ方、はたまた鍋の形・・・

明治期の面影を残す博物館。

サッポロビール博物館で ここだけのプレミアムビール体験!
日本で唯一のビール博物館である「サッポロビール博物館」。ここは学びの場であると同時に、“ふたつ”のプレミアムビールを楽しめる、特別な空間でした。

イサム・ノグチがデザインした造形物

モエレ沼公園 札幌郊外でアート散策
札幌北東部ののどかな郊外に広がるモエレ沼公園は、世界的彫刻家イサム・ノグチが設計を手がけた都市公園。北海道らしい広々とした風景のあちこちにオブジェが点在する園内・・・

スイーツアベニュー

新千歳空港でお土産選び。人気店を紹介
北海道の旅の締めくくりに欠かせないのが、お土産選び。大切なあの人へ贈るとっておきの一品を、新千歳空港で探そう。

北一硝子トップ

小樽「北一硝子」 ガラス製品の魅力と楽しみ方
小樽みやげの定番といえば、きらびやかなガラス製品。中でも北一硝子は数万点のアイテム数を誇り、その質の高さにも定評がある。ショッピングはもちろん、体験やグルメも楽・・・

クラーク博士の立像

さっぽろ羊ケ丘展望台 クラーク博士像が立つ人気展望スポット
北海道観光の代名詞ともいえる「さっぽろ羊ケ丘展望台」は、人口190万人以上の都市・札幌にありながら、牧草地で草を食む羊の群れを眺められる牧歌的なビュースポット。・・・

スープカレー

札幌スープカレー 味わい方と人気店6選
札幌のスープカレーは、ジンギスカンやラーメンと並ぶ名物グルメ。野菜や肉、魚介などの具材がドーンと盛られる、北の大地らしい豪快な一皿だ。その味わい方と人気店情報を・・・

もいわ山の夜景

藻岩山は夕方からGO! 札幌夜景+αの楽しみ方ガイド
標高531メートルの藻岩山は、札幌市のほぼ中央に位置し、景色を眺めるには絶好のエリア。山頂に登れば、自然豊かな札幌の街並み、ロマンチックな夜景が広がります。カッ・・・

白い恋人パーク中庭

白い恋人パークで ここだけのお菓子づくり&スイーツ体験
札幌・西区にある白い恋人パークは、人気の北海道銘菓「白い恋人」のテーマパーク。製造工場を見て楽しむだけでなく、つくって、味わって体験できる施設の楽しみ方を紹介し・・・