1. 北海道の空の玄関口「新千歳空港」を満喫!

達人指南

現地の達人が旅行の楽しみ方を伝える観光コラムです。人気の観光地から知る人ぞ知る穴場まで、達人だからこそ分かる一歩踏み込んだ“通”な情報を紹介しています。

北海道の空の玄関口「新千歳空港」を満喫!

  日本第3位の利用者数を誇る北の玄関口「新千歳空港」。
何回来ても飽きないといわれる空港が持つ、たくさんの魅力にふれて楽しもう。

新千歳空港全景

  ここへ来る人とここから飛び立つ人が交差する、北海道の空の玄関口・新千歳空港。観光・ビジネス・帰省など、さまざまな事情でこの場所に集まるが、ここをただの通過点として通り過ぎるのはあまりにも勿体ない。
 2011年7月、国内線ターミナルビルのリニューアルを機に、エンターテインメント空港として変身を遂げた新千歳空港。グルメに遊び、ショッピングやカルチャー、癒し、そしてエンターテインメントなど、あらゆる魅力が集結した。今や北海道観光の一大名所の一つと言っても過言ではないほどの人気スポットだ。
 訪れる度に新たな発見がある新千歳空港、そのとっておきの楽しみ方を紹介しよう。

《この記事を読む人におすすめの情報》


[札幌を拠点に観光・グルメを楽しむ]

札幌に宿泊する、現地スタッフおすすめツアー(航空券+宿泊)をご紹介

[たびらいセレクション]

北海道空港渡辺さん
(わたなべ ちあき)
渡辺 千秋さん

新千歳空港遊びの達人
  北海道空港(株)リテール事業本部営業企画部サービス事業課課長。空港内を知り尽くした新千歳空港のエキスパート。現在はエンターテインメント施設の魅力を知ってもらうため、日々新しい空港の楽しみ方を考えている。

■新千歳空港ターミナルビル http://www.new-chitose-airport.jp/ja/

達人が語る 新千歳空港の魅力

ドラえもんわくわくスカイパーク

  新千歳空港の最大の魅力は「空港の枠を越えた空港」であることだろう。土産店や飲食店がただ並ぶだけでなく、誰もがわくわくするエンタメ施設がそろっており、ここに来る者をしっかり楽しませようという心を感じることができる。

 その特徴的な施設の一つである「ドラえもん わくわくスカイパーク」は、「ドラえもん」をテーマにした世界初の空港併設型エンターテインメント施設。パークゾーン(有料)には、国内最大級の「ドラえもん」や、「どこでもドア」などのひみつ道具をテーマにしたアトラクションが盛りだくさん。テレビやマンガで見たドラえもんやのび太が、楽しそうに「ドラえもんの世界」へといざなう。ほかにも、ドラえもんのオリジナル商品などがそろうショップやドラえもん たいやきが楽しめるカフェ、どら焼き型のすべり台などで遊べるキッズフリーゾーンなど、子どもも大人も夢中になれる空間が広がっている。
(c)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK

スイーツ王国・北海道の「甘~い誘惑」

スイーツアベニュー

  『北海道=スイーツ』とイメージする人も少なくないだろう。新千歳空港には、そんな「スイーツ男子・女子」の期待にしっかりと応えてくれる人気スイーツショップが点在している。「Sweets Avenue(スイーツアベニュー)」と名付けられたスポットには、北海道を中心とする人気菓子店が15店集結している。その一角を歩けば、どこからか甘く香ばしい香りが漂い、歩く者を甘く誘惑する。北海道では定番といわれるものから、話題の新商品までその種類は本当に幅広く、これほどの数の人気スイーツ店が軒を連ねる場所は北海道でも珍しいため、ついつい手に取ってしまう。気がつくと、大量のスイーツを手にしている…なんてことも。
 また、土産品だけでなく、買ってすぐに食べられるスイーツの店もあり、自分用に買い、食べてみたら美味しかったので土産にも…という人も多い。その名が示すように、夢のような甘い幸せを買い求めることができる通りなのだ。

フライト時間まで優雅に映画鑑賞を

じゃがポックルシアター

  新千歳空港は、なんと映画館「じゃがポックルシアター」も備えており、世界初のエアポート・シネマという。北海道限定で発売している人気菓子「じゃがポックル」が館名として付いているこの映画館は、出張中のビジネスマンに人気で、フライト前までの時間に余裕があるときに観る人や話題の作品を鑑賞するために早めに空港へ来る人もいるのだとか。
 もちろん設備も快適さを誇る。3スクリーン、総計377席を備え、全スクリーンで3D上映に対応。迫力ある映像とダイナミックな音響には定評があり、地元住民からも根強い人気を得ている。また、照明にはLEDを採用するなど、環境に配慮した面もうれしい。上映作品も幅広く、洋・邦画の大作から、センスのよいミニシアター系まで、さまざまな作品を上映している。作品に見入ってしまうあまり、思わず空港にいることを忘れてしまうという人も。

北海道のイベントもグルメもまるごと楽しめるお得なバスツアーを見る

⇒札幌出発のバスツアーを探す

旅の疲れは天然温泉で癒して

「新千歳空港温泉 万葉の湯」

  この空港には「温泉」まで存在する。国内の空港では初の天然温泉を活用した温泉であり、千歳市内の源泉から温泉を運搬しているというこだわりも感じられる。施設内は広く明るく清潔で、内風呂や露天風呂、サウナなどで汗を流したあとのリラックスルームも完備され、別料金にて宿泊もできる。旅の疲れを癒すのには最適な施設として、ビジネスマンや家族連れにお薦めしたい。
 さらに、ゲームコーナーや読書処、ネットコーナーもあり、女性に人気のマッサージや岩盤浴も3種類備えている。この施設だけで一日過ごすこともでき、地元住民のファンも多い。夏の熱い日にかいた汗、冬の北海道の寒さで冷えた体を温めるなど、四季折々のくつろぎをくれる、とっておきの癒しスポットなのだ。

[たびらいセレクション]

北海道のホテル特集最安値プラン!公式サイトからのご予約がお得

新千歳空港の楽しみ方

家族で楽しめる♪エンタメスポット

  新千歳空港には、家族みんなで北海道に来たときに楽しめるエンタメスポットが勢ぞろい。
1日中楽しめる、達人お薦めの施設をピックアップしてご紹介。

おすすめポイント
  家族連れで来た人には、小さな子どもがわくわくするようなエンタメスポット巡りがお薦め。世界で初めてテディベアを生んだ「シュタイフ」社のぬいぐるみとふれあえるミュージアム「シュタイフ ネイチャーワールド」や憧れの飛行機の模型を見たり、制服を着て楽しめる「大空ミュージアム」、そしてチョコレート工場に迷い込んだ気分で製造工程が見学できる「ロイズ チョコレートワールド」など、大人もしっかり楽しめる施設がそろっている。時間に余裕を持って、ぜひ全ての施設を巡ってほしい。

心とおなかを満たす♪空港グルメスポット

  新千歳空港に来たなら、一度は味わっておきたい美味の数々。
新千歳空港が誇る「味なグルメスポット」をご紹介。

おすすめポイント
  「北海道グルメ」の幅は想像以上に広い。定番の「ラーメン」なら、道内各地にある名店10店が出店し味を競う「北海道ラーメン道場」で好みの一杯を探すことをお薦めする。また、昭和レトロな空間が広がる「市電通り食堂街」で、寿司やスープカレーなど北海道が誇る絶品グルメ・食材に舌鼓を打つのもよいだろう。また、フライト前で時間のない人には「フードコート」が最適。ファストフード店が軒を連ね、飛行機が飛び交う滑走路を眺めながら、気軽に食事することができる。

北海道の宿探しなら「宿くらべ」

  • 温泉・スパがある北海道ホテルランキング
  • 札幌で朝食がおいしいホテル3選
  • 函館で朝食がおいしいホテル3選
編集部の視点
  北海道のいい宿研究会が厳選したホテルを目的別にご紹介。お得に楽しくホテルを選んで北海道を旅するヒントがたっぷり詰まっています。自分好みのプランがきっと見つかるはず。

⇒「宿くらべ」をもっと見る

北海道のホテル特集最安値プラン!公式サイトからのご予約がお得

新千歳空港までの交通アクセス

  北海道千歳市と苫小牧市にまたがる新千歳空港。北海道内のさまざまな観光起点として交通が発達している。

【住所】北海道千歳市美々
【TEL】0123-23-0111

列車

  新千歳空港駅とJR札幌駅を結ぶ快速エアポート(片道1040円)は、新千歳空港駅始発8時台から最終22時台まで、JR札幌駅始発6時台から最終20時台までほぼ15分間隔(所要時間36~40分)で運行。

バス

  高速バス(北海道中央バス・北都交通)(片道1000円)は、新千歳空港始発8時台から最終22時台まで、札幌バスターミナル(JR札幌駅南口東側)始発5時台から最終17時台までほぼ20分間隔(所要時間70~80分)で運行。

レンタカー

  道央道(高速道路)を利用すると、JR札幌駅から新千歳ICまで約60分で到着する。
冬場は道路凍結の恐れもあるので80~90分はみておきたい。
北海道のレンタカーを最安値で予約できます!

達人が答える新千歳空港のQ&A

Q 手荷物は預けられる?
A 国内線1階及び国際線2階・3階にある手荷物一時預かり所で可能。
料金は、当日1個につき小型300円・中型500円・大型800円(国内線・国際線共に)。
Q 家族でまわるときに役立つ情報は?
A 授乳室や貸し出しベビーカーがあるため、小さな子どもがいても安心して利用できる。
また、館内各所に総合案内スタッフやタッチパネルでの空港案内もあるため上手に活用したい。
Q 早朝・深夜営業している店はあるか?
A 飲食店、物販店を合わせて、早朝7:30前からオープンしている店は約40店舗。
20:30以降も営業しているお店は約15店舗あり、早朝フライトや深夜出発でも安心。
詳しくは新千歳空港ホームページで確認を。
札幌観光に役立つ記事をひとまとめ!札幌エリア特集

札幌駅

  札幌の観光名所の楽しみ方や、夜景・グルメ・温泉・観光イベント情報などをひとまとめ!札幌エリアで旅行を楽しむツアープランやホテル・宿の予約プラン、レンタカープランなども紹介。札幌旅行を考えている方は下記のURLから「札幌エリア特集」をチェック。

【札幌エリア特集】はコチラ

温ぱらユーザーが選んだ宿TOP20 ユーザー満足度ランキング

いざないの一枚

その他の達人指南を見る

スイーツアベニュー

新千歳空港でお土産選び。人気店を紹介
北海道の旅の締めくくりに欠かせないのが、お土産選び。大切なあの人へ贈るとっておきの一品を、新千歳空港で探そう。

千歳秋の風物詩

千歳を観光 おすすめスポットを案内
千歳市は新千歳空港があるだけではなく、見る・食べる・遊ぶを満喫できる場所がたくさんある観光エリアでもある。特に「支笏湖」や「千歳川」、「牧場」など、大自然を満喫・・・

国内2番目のカルデラ湖「支笏湖」

支笏湖観光、札幌から車で1時間の湖を遊ぶ
日本有数の透明度を誇る支笏湖には、「チップ」と呼ばれる特産品のヒメマスを使ったグルメや「苔の洞門」などの観光スポットがあり、さらには“カヤック”を利用したアクテ・・・

雄大な石狩平野と樽前山から手稲山まで連なる山々

札幌近郊半日ドライブ 地元のお楽しみルート、ガイドします!
北海道の爽やかな春~初秋はドライブに絶好のシーズン。気ままに車を走らせ、束の間の住人となって北海道を地元目線で楽しもう。例えば北海道旅行の最終日、半日しかない貴・・・

JRタワー外観

JR札幌駅エリア・JRタワーの楽しみ方を徹底ガイド!
札幌市の中心部に位置し、道内の交通の拠点でもあるJR札幌駅。平成15年(2003)に駅周辺の再開発事業によって駅ビル「JRタワー」が誕生し、今や一大ショッピング・・・

スープカレー

札幌スープカレー 味わい方と人気店6選
札幌のスープカレーは、ジンギスカンやラーメンと並ぶ名物グルメ。野菜や肉、魚介などの具材がドーンと盛られる、北の大地らしい豪快な一皿だ。その味わい方と人気店情報を・・・

道産子のソウルフード「ジンギスカン」

札幌でジンギスカン!おすすめの名店を紹介
北海道を代表するグルメ「ジンギスカン」。 “円形の鉄鍋で羊肉を焼く料理”というのが一般的なイメージだろう。しかし、肉の種類や味付けの仕方、食べ方、はたまた鍋の形・・・

森の謌の露天風呂

定山渓温泉の魅力と楽しみ方を徹底ガイド!
古くから札幌の奥座敷として親しまれている温泉郷、定山渓温泉。札幌にありながら、四季折々の自然を感じられるロケーションと、しっとりとした湯上がりを楽しめる泉質が特・・・

運河沿いの石造倉庫群は当時の姿のまま残されている

銀行街と運河、堺町通りを巡る小樽散策
旧銀行の重厚感あふれる建物が、街中のところどころに点在する小樽。その多くが小樽市指定歴史的建造物として現存され、小樽らしい街並み作りに一役買っている。この銀行街・・・
×