1. たびらい
  2. 観光情報
  3. 北海道観光情報
  4. ニッカウヰスキー余市蒸溜所 歴史と試飲を楽しむ、ほろ酔いオトナ旅
夜の水族館 ネズミイルカ

ニッカウヰスキー余市蒸溜所
歴史と試飲を楽しむ、ほろ酔いオトナ旅

更新:2017年11月2日

日本を代表するウイスキーブランド「ニッカウヰスキー」。香り深い味わいを育む余市蒸溜所は、全国からウイスキーファンが集まる人気スポット。リピーター続出の施設の魅力に迫ります。

[たびらいセレクション]

ウイスキー倶楽部

ビギナーからマニアまで楽しめる
二つの試飲スポットをフカボリ

ウイスキー館エントランス
ウイスキーファンなら必ず訪れたいのは、
ポットスチルが出迎える「ウイスキー館」。
館内のバーカウンター「ウイスキー倶楽部」には、
世界のウイスキーがずらりと並びます。
ウイスキー倶楽部
一部は有料で試飲することができ、
中にはここでしか味わうことのできない逸品も。
専門のスタッフがおすすめを教えてくれますよ。
シングルカスク
年代物の商品はなくなり次第終了なので、まさに一期一会。ひとつの樽で熟成された10年ものの「余市シングルカスク」は、フレッシュな果実感とほのかなビートが香る味わい。15㏄1000円(税込)。
ニッカ会館
「ニッカ会館」では、誰もが安心して楽しめる無料試飲コーナーが充実。1階で「試飲カード」を記入し、会場の2階へ向かいましょう。
無料試飲商品
ここで提供されるのは、「シングルモルト余市(ノンエイジ)」「スーパーニッカ」「アップルワイン」の3種類。ひとり各1杯まで受け取れますよ。
試飲の様子
フロアには水や氷、炭酸水などが揃えられ、
自分で飲み方を選べます。
「オススメの飲み方」も詳しく紹介されているので、初心者でも安心。
試飲の様子
シングルモルト余市(ノンエイジ)、ロックでいただきます。う~ん、強い! でも、クセになるかも……
試飲の様子
強いアルコールが苦手な人には、ハイボールがおすすめ。
ジュースやお茶も無料で提供されているので、
子どもやドライバーも一緒に楽しめますね。
余市蒸溜所限定ウイスキー
試飲の後は、隣接する売店でお土産選び。平成29年(2017)発売、余市蒸溜所限定のブレンデッドウイスキーは3000円(税込)。他では買えない一品、つい欲しくなっちゃいます。
「ウイスキー倶楽部」は、スタンダードな商品の他、限定品や終売品まで取り扱う、マニアにはたまらないスポット。希少な味わいが手ごろな価格で楽しめると評判を呼んでいます。「ニッカ会館」の無料試飲では、試飲カードに来館日と氏名、年齢の記載が必要。ノンアルコールのみの試飲の場合は、カードは必要ありません。車で来館の場合、ドライバーは「ハンドルキーパー」のステッカーを忘れずに。

ニッカウヰスキー 余市蒸溜所

【住所】北海道余市郡余市町黒川町7ー6
【営業時間(見学)】9時~17時
【見学料金】無料
【定休日】年末年始 ※一部施設は雨天時や冬季閉鎖の場合あり
【問い合わせ(TEL)】0135-23-3131
【公式サイト】 http://www.nikka.com/distilleries/yoichi/

ニッカ会館


【営業時間】9時15分~17時
【定休日】年末年始

ディスティラリーショップノースランド

【営業時間】9時15分~17時
【定休日】年末年始

[たびらいセレクション]

蒸溜棟

博物館とウイスキー作りの現場から
創業者・竹鶴政孝の軌跡をたどる

ニッカ館
ニッカウヰスキーの創業者は、「日本のウイスキーの父」と呼ばれる竹鶴政孝。「ニッカ館」では、ウイスキー作りに情熱を注いだ彼と、その妻・リタの歴史が紹介されています。
ニッカ館
ウイスキー作りを学ぶため、若くして単身で
スコットランドへ渡った竹鶴政孝の足跡が分かる資料が充実。
竹鶴ノートレプリカ
海外で学んだすべてが書かれた、通称「竹鶴ノート」のレプリカも。
驚くほどに緻密な内容に、その勤勉さがうかがえます。
旧竹鶴邸
敷地内には、二人が暮らした住居「旧竹鶴邸」の一部も公開されています。新しいもの好きの竹鶴政孝らしい、和洋折衷の造りに注目を。
蒸溜棟
歴史を学ぶと、気になるのは現在のウイスキー作り。
最も重要な段階のひとつである「蒸溜棟」は見学が可能です。
大きな単式蒸溜器(ポットスチル)が並ぶ様子は迫力。
蒸溜棟
余市で行われているのは、石炭の直火による蒸溜。
高度な技術を要するこの作業は、世界的にも珍しいもの。
独特の重厚で香ばしい風味はこうして生み出されるのです。
一号貯蔵庫
ウイスキーを熟成させる「貯蔵庫」にもぜひ訪れて。ポットスチルで抽出されたウイスキーが樽に詰められ、自然のままの環境で眠っています。
竹鶴政孝とウイスキーの歴史がよく分かる「ウイスキー館」と「ニッカ館」は同じ建物内に設けられ、「ウイスキー博物館」と名付けられています。「旧竹鶴邸」も一緒に見学すれば、ウイスキーに関する知識や愛着がぐっと深まりますよ。ニッカウヰスキー余市蒸溜所は、創業者・竹鶴政孝と妻のリタがモデルとなったドラマの実際のロケ地にもなった場所。放送後、来場者は一時従来の3倍以上に上ったことも。二人の歴史や人柄が伝わる展示に魅了される来館者が後を絶ちません。

ウイスキー博物館

【営業時間】9時15分~16時30分
【定休日】年末年始

旧竹鶴邸


【営業時間】9時15分~16時30分
【定休日】年末年始
もっと見る

[たびらいセレクション]

柿崎商店 海鮮丼

ニッカウヰスキー余市蒸溜所周辺の
おすすめグルメ情報

柿崎商店

柿崎商店の記事イメージ
創業70年の老舗「柿崎商店」は、新鮮な魚介類や果物の宝庫。店舗2階の「海鮮工房」では、旬の食材たっぷりのメニューがリーズナブルな価格で味わえます。

詳細はこちら

南保留太郎商店 燻製屋

南保留太郎商店 燻製屋の記事イメージ
北海道でも珍しい燻製の専門店「南保留太郎商店 燻製屋」。古民家を改装した趣ある建物には、絶品燻製料理が味わえるカフェ「燻香廊(けむかろう)」が併設されています。

詳細はこちら

フルーツプラネット

フルーツプラネットの記事イメージ
余市の果物は糖度が高く上質。自慢の地元産フルーツを使ったスイーツを提供する「フルーツプラネット」は、赤い建物が目印です。

詳細はこちら

もっと見る

[たびらいセレクション]

余市観光におすすめ 小樽のホテル情報

余市観光におすすめ
小樽のホテル情報

小樽朝里クラッセホテル

小樽朝里クラッセホテル
朝里の森に囲まれ、温泉とスポーツが楽しめるホテル。テニスやプール、スカッシュなどでリフレッシュした後は、温泉大浴場へ。森林浴気分が味わえる露天風呂は夜にはイルミネーションが点灯し、ほたる鑑賞をしているような雰囲気が味わえます。夕食には総支配人プロデュースのアワビや海老を使った会席や魚介たっぷりの食べるスープ「しりべしコトリアード」と共におたるワインとのマリアージュを楽しむのもおすすめ。

詳細はこちら

ホテルノルド小樽

ホテルノルド小樽
総大理石造りの運河沿いに建つ「ホテルノルド小樽」。夜はドーム天井に星座が輝き、運河夜景が眺められるバーを利用するのがおすすめです。リニューアルしたレストランも魅力で、小樽らしい海鮮勝手丼や実演の海鮮焼きが味わえる朝食が人気。

詳細はこちら

運河の宿 おたる ふる川

運河の宿 おたる ふる川
宿前には、運河を望む足湯があり、小樽の宿で足湯が楽しめるのはここだけ。また、季節のフルーツが浮かぶ浴槽や洞の寝湯がある温泉大浴場で、のんびり湯浴みも楽しめます。落ち着く雰囲気のラウンジや優しい味わいの朝食がホッとできると好評ですよ。

詳細はこちら

もっと見る

ローカル案内役
松田 謙介(たびらい編集部)

ウイスキーと渓流魚をこよなく愛するたびらい編集スタッフ。よく旅をするのは支笏・洞爺エリア。北海道の大自然と旅行者を結び付けたいと願い、日々、現場を見ています。

[たびらいセレクション]

今、この宿、見られてます