1. たびらい
  2. 観光情報
  3. 北海道観光情報
  4. さっぽろ羊ヶ丘展望台 記念撮影だけじゃない意外な楽しみ方
さっぽろ羊ヶ丘展望台

さっぽろ羊ヶ丘展望台
記念撮影だけじゃない意外な楽しみ方

更新:2017年10月05日

さっぽろ羊ヶ丘展望台といえば、北海道観光の代名詞「クラーク博士像」が立つ人気スポット。ここは記念撮影を楽しめるだけでなく、ラベンダー鑑賞の穴場であり、季節ごとの魅力に満ちています。のどかな札幌の景勝地には、実にさまざまな楽しみ方がありました。

[たびらいセレクション]

ラベンダー畑

札幌でラベンダー刈取り体験?
季節ごとの催しが面白い

蜂とラベンダー
展望台内には、なんとラベンダー畑が。
“北海道らしさ”満点の風景を、札幌で楽しめるのです。
ラベンダー刈り取り体験
7月中旬~下旬には期間限定で「ラベンダー刈取り体験」を実施しており、無料で楽しめます。刈り取ったラベンダーは、ポプリやドライフラワーにすると素敵な旅の思い出に。
羊の毛刈り見学
ゴールデンウィークに行われるのは、春の風物詩・羊の毛刈り。もこもこの羊もカワイイですが、重いコートを脱いだ姿もとってもキュート。
牡蠣
同じくゴールデンウィーク期間中の注目は、
グルメイベント「釧路町仙鳳趾VS津軽海峡知内 カキ食べ比べ大会」。
道東と道南の2種類の牡蠣をご当地価格で味わえる、お得イベントなのです。
※イベント内容は変更になる場合があります。
羊ヶ丘展望台スノーパーク
冬には、思いきり雪遊びを楽しめる
「羊ヶ丘展望台スノーパーク」が開催。
チューブそり滑りや歩くスキーなど、
子どもから大人まで楽しめるアクティビティが満載ですよ!
ラベンダー刈取り体験ができるのは、10日間ほど。7月中旬の連休がイチオシのシーズンです。公式ホームページで開催期間や時間をチェックして出かけましょう。予約なし、無料で体験可能ですよ。刈り取り方やポプリの作り方は、運営スタッフが丁寧に教えてくれます。畑の中まで入っていくので、この時期に羊ヶ丘を訪れるなら、スニーカースタイルがおすすめ!

さっぽろ羊ヶ丘展望台

【住所】北海道札幌市豊平区羊ケ丘1番地
【営業時間】8時30分~18時(5月~6月、9月)
8時30分~19時 (7月~8月)
9時~17時(10月~4月)
【定休日】なし(年中無休)
【料金】大人520円、小・中学生300円、未就学児無料
【問い合わせ(TEL)】011-851-3080
【公式サイト】 http://www.hitsujigaoka.jp

[たびらいセレクション]

羊と街の風景

さっぽろ羊ヶ丘展望台で
「ザ・北海道!」を楽しむ

クラーク博士像と記念撮影
「やってきました北海道!」なフォトスポットのクラーク博士。恥ずかしがらずにポーズをとって。安心してください、みんなやってます!
羊さんのお家
さっぽろ羊ヶ丘展望台の敷地内には「羊さんのお家」が。
羊
晴れた日には羊たちが外をお散歩。とってもカワイイ!
さっぽろ雪まつり資料館2階
実はさっぽろ羊ヶ丘展望台には「さっぽろ雪まつり資料館」があり、夏場でも雪まつりの世界に触れられます。
雪像模型
歴代雪像の精巧な模型。一見の価値ありですよ!
さっぽろ羊ヶ丘展望台は、クラーク博士だけでなく、羊が草を食む牧歌的な景色とその向こうに都会の街並みが広がる、なんとも不思議な景観が魅力。ゆったりと歩きながら、お気に入りのフォトスポットを探してみて。敷地内には道内各地の温泉水を使用した「羊ヶ丘ほっと足湯」も。
もっと見る

[たびらいセレクション]

八紘学園でソフトクリームを食べる

さっぽろ羊ヶ丘展望台と
周辺のおすすめグルメ

ラムまん
「羊ヶ丘レストハウス」は、軽食やスイーツも充実しています。
「ラムまん」は可愛らしい見た目ながら、実はピリ辛の一品。
クラーク先生のカレー、クラーク博士の珈琲
お土産にするなら、
「クラーク先生のカレー」と「クラーク博士の珈琲」は
イチオシのアイテム。
コーヒーは野性味あふれる苦味と飲み口のよさが同居した
独特の味わいです。
八紘学園農産物直売所敷地内
周辺のグルメスポットにも注目。「八紘学園農産物直売所」では、学園職員や学生が手がけたミルク製品を販売。緑豊かな敷地内で「ツキサップ牛乳」やソフトクリームが楽しめます。
ツキサップソフトクリーム
搾りたての牛乳を使った
「八紘学園」のソフトクリームは4月~11月の限定販売。
ぜひ一度味わって!
ツキサップじんぎすかん倶楽部
八紘学園の敷地内にある「ツキサップじんぎすかん倶楽部」は、道内にもファンが多いジンギスカン店の老舗。柔らかくクセが少ない大人の羊肉「マトン」を、自家製ダレで味わいます。
さっぽろ羊ヶ丘展望台にも、ジンギスカンが楽しめる「羊ヶ丘レストハウス」が。自慢のジンギスカンは、お馴染みのラム肉に加え、エゾシカ肉、豚肉、牧場で飼育されたエゾシカの肉を使った「絶品・えぞ鹿ジンギスカン」(1858円/税込)。食べ比べて、好みの味を見つけるのも楽しいですね。周辺のグルメスポットは羊ヶ丘から約5分~10分の移動距離ですが、これらを巡るならレンタカーの利用がおすすめです。

本文に出てきたメニュー・土産品の価格

クラーク先生のカレー:2食分864円
クラーク博士の珈琲:フレッシュバッグコーヒー5枚入り648円
ラムまん:230円
※価格は全て税込


八紘学園農産物直売所

【住所】北海道札幌市豊平区月寒東2条13丁目1-12

(学校法人八紘学園北海道農業専門学校内)
【営業時間】10時~17時(4月中旬~11月上旬)
10時~16時(11月中旬~4月中旬)
【定休日】木曜日 ※11月中旬~4月中旬は土曜・日曜・月曜のみ営業
【メニュー】ソフトクリーム大:270円、小:160円(コーン)
【駐車場】あり(無料)
【問い合わせ(TEL)】011-852-8081
【公式サイト】 http://hakkougakuen.web.fc2.com/


ツキサップじんぎすかん倶楽部

【住所】北海道札幌市豊平区月寒東3条11丁目2-5(八紘学園農場内)

【営業時間】11時~21時 ※毎月第三木曜日は、17時から営業
【定休日】水曜日・年末年始
【問い合わせ(TEL)】011-851-3341
【公式サイト】 http://www.tjc1953.com/

もっと見る

ローカル案内役
宮津 有沙(たびらい編集部)

北海道増毛町出身。おいしいものと田舎に目がないたびらい編集スタッフ。ちょっとマニアックな北海道の魅力を探るべく日々奮闘中。

[たびらいセレクション]

北海道でローカルの魅力に触れる

今、この宿、見られてます