北海道の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索
  1. 阿寒湖観光 温泉とアイヌ文化をめぐる旅
PR
北海道のホテル特集最安値プラン!公式サイトからのご予約がお得

達人指南

現地の達人が旅行の楽しみ方を伝える観光コラムです。人気の観光地から知る人ぞ知る穴場まで、達人だからこそ分かる一歩踏み込んだ“通”な情報を紹介しています。

阿寒湖観光 温泉とアイヌ文化をめぐる旅

  日本で唯一、球状のマリモが生息する阿寒湖は釧路・阿寒エリアのなかで高い人気を誇る有名観光地だ。湯めぐり、アイヌ文化、周辺散策の楽しみ方を、地域観光のプロにインタビュー。急いで通り過ぎることなく、ぜひ宿泊込みで訪れよう。阿寒湖は時間ごとに異なる表情を見せてくれる。

阿寒湖

  総面積で約9万500ヘクタールの広大な面積のなかに屈斜路湖、摩周湖、そして阿寒湖を擁する阿寒摩周国立公園。中でも阿寒湖は、火山、深い森、そしてアイヌ文化を強く感じられる土地だ。

北海道最大級のアイヌコタン、国内でもここでしか見られない「マリモ」、そして周辺の自然を楽しみ方を紹介。着地型観光プランを数多く企画している現地の達人に、1泊2日で楽しむ阿寒湖・夏のおすすめプランを聞いた。

取材・文/たびらい編集部 更新/平成28年(2016)6月

《この記事を読む人におすすめの情報》

阿寒湖観光の達人
(あべ まことさん)
阿部 誠さん

阿寒湖観光の達人
  阿寒観光協会の旅行事業部リーダー。釧路市出身。旅行会社に勤めていた経験を活かし、阿寒湖のリビーターを増やすためにさまざまな着地型旅行企画を立案・実行するアイデアマン。「リバーウォーク」や冬季の「湖上ウォーク」などのネイチャーツアー、周辺観光地の日帰りバスツアーなど、阿寒湖温泉郷に連泊する人へ向けたサービスを提供している。

さまざまな旅のスタイルで楽しめる温泉郷

阿寒湖温泉

  阿寒湖温泉の泉質は単純泉、硫黄化水素泉で源泉温度はおよそ38~85℃、刺激が少なく神経痛、冷え性、疲労回復、リューマチ、慢性消化器病、痔疾に効果が期待できる。日帰り入浴もあり、温泉街のホテルの料金は1000~1600円台が目安だ。温泉旅館は400円~500円で入浴できるところが多く、温泉公衆浴場「まりも湯」という風情ある地域の湯どころも。無料で楽しめる手湯や足湯もあるので、リーズナブルな旅を心がける人にもおすすめできる。

宿泊施設の数は多く、ホテル7施設、旅館5施設、民宿4施設のほか、ライダーハウスもある。施設によって値段・設備のほかさまざまな特徴があるので、家族連れや一人旅、友達同士など、旅のスタイル別に好みで宿を選ぼう。

3区画に分かれた土産売り場を散歩

温泉街に面した「幸運の森商店街」

  阿寒湖は摩周湖・屈斜路湖まで約1時間の距離にある。距離的には近いため、阿寒・屈斜路エリアを1日で満喫してしまおうという人も多いだろう。しかし、この温泉郷は見どころ・遊びどころが多いので、短時間では楽しみきれない。宿泊込みで観光するべき温泉郷だ。「例えば、釧路を朝に出発して昼間に到着したならば、ホテル周辺散策~アイヌ文化を知る~温泉宿でゆっくり~翌朝に散策を楽しんでから遊覧船に乗船。そんな過ごし方がおすすめです」と達人の阿部さん。

温泉街には「まりもの里商店街」「幸運の森商店街」「アイヌコタン」という3つの土産物ゾーンがあり、時間をかけて土産選びを楽しめる。地域の名産品やアクセサリーなどを探す場合には温泉街に面した商店街を、大型の木彫りやレリーフ・織物など伝統的なアイヌ民芸品を中心に探す場合には「アイヌコタン」と目的別に歩くのがおすすめ。

例年9月初旬から10月下旬までの2カ月間、湖岸駐車場からアイヌコタンまでをたいまつを掲げて行進する「千本たいまつ」も行われている。「たいまつの数には限りがありますが、観光客も飛び入り参加できるイベントなんですよ」。夜の阿寒湖温泉街も魅力的だ。暖色系の照明が店を一軒ずつ照らし出すその明かりのなかに入ると、まるで不思議の国に迷い込んだよう。

土産選びを楽しんだ後は、伝統的なアイヌ古式舞踊を観賞

アイヌシアターイコロで見られるアイヌ伝統の踊り

  到着した夕~夜の時間帯に訪れてほしいのが「阿寒湖アイヌシアターイコロ」。ここは、アイヌの歴史・文化の継承とともに情報発信の拠点となる施設。地域住民と国内外からの観光客との交流の場として活用されており、「アイヌ古式舞踊」や「イオマンテの火まつり」などが上演されている。「アイヌ古式舞踊は国の重要無形文化財に指定された、またユネスコ世界無形文化遺産に登録されている、非常に貴重な踊りです」。

すぐ近くの「アイヌコタン オンチヌセ」では、前日までに予約すると、アイヌの代表的な楽器ムックリやアイヌ文様の刺しゅうなどの製作が体験できる(有料/1100円~1600円)。

日本で唯一、この湖だけに生息する「マリモ」を見に行く

7月から行われる夜の阿寒湖の人気イベント「夏希灯」

  阿寒湖と聞いて多くの人がイメージするのは「マリモ」だろう。阿寒湖は世界で二カ所でしか確認できていない球状マリモの群生地で、湖に浮かぶチュウルイ島には、マリモ展示観察センターがある。ここは謎に満ちたマリモの生態を紹介する日本唯一の展示施設。 

チュウルイ島へは遊覧船や高速船(モーターボート)などを利用しよう。1日に4~11便運航されている遊覧船は、1周約85分(大人1900円)。春はヤマザクラやエゾムラサキツツジ、夏はエゾシャクナゲ、秋は紅葉に彩られた湖を堪能できる。時には木々の隙間からエゾシカがこちらをのぞいていることも。「遊覧船一隻が入れる程度の入り組んだ地形にある景勝地「滝口」があります。ここは、阿寒湖から流れ出る唯一の河川・阿寒川の撮影スポットとして非常に人気の高い場所」と阿部さん。

まりもにまつわる夏のおすすめイベントが「夏希灯」。7月1日から8月31日までの夜間に行われている。「夜間の遊覧船に乗り、メッセージを入れた光の球に願いを込めて湖に流すもので、今、20代、30代の若い世代を中心に人気が出ています」。LEDの電飾によって薄緑に輝く光の球が、真夏の夜の阿寒湖に浮かぶさまは幻想的だ。

阿寒湖で盛り上がり始めたネイチャーツアー

阿寒川滝口の奥にある「太郎湖・次郎湖」は静けさが魅力

  阿寒湖を初めて訪れるという人には、自然散策ルートとして、まずボッケ遊歩道をすすめたい。阿寒湖畔エコミュージアムセンターの裏手に広がる自然性豊かな遊歩道だ。「火山」「森」「湖」の阿寒湖温泉の3つの要素が存分に楽しめる。一周1.5キロメートルの「湖の小道」と一周1.2キロメートルの「森の小道」があり、どちらも散策は一時間ほどが目安。

「ボッケ」とは、火山活動で発生した硫気ガスや水蒸気が熱い泥とともに吹き出す泥火山のこと。湖のすぐ脇、温泉街から徒歩圏内に火山スポットがあるのだ。アイヌ語でボッケは「煮え立つ」という意味をもち、硫黄の臭いが強くなる場所もあるので、喉の弱い人は少し注意が必要だ。

また、阿寒の温泉街から東へ向かうと、雄阿寒岳登山道がある。ここを進んだ先には湖から流れ出す唯一の河川・阿寒川が。その滝口からさらに奥には「太郎湖」「次郎湖」というふたつの小さなカルデラ湖があり、こちらの観賞もおすすめ。

現在、阿寒湖ではガイドと歩くネイチャーツアーが盛んになっている。一度、夏の阿寒の魅力に触れたなら、ぜひ冬にもう一度この湖へ戻ってきてほしい。完全凍結した阿寒湖を歩く「湖上ウォーク」、氷から昇華した水蒸気が再び凍ることによってつくられる神秘的な氷の花「フロストフラワー」を見に行く「早朝散歩ツアー」など、ユニークなツアーが実施されており、夏とはまったく違う世界を体感できるのだ。

《厳選ホテル》

【あかん遊久の里鶴雅 別館】阿寒湖の絶景と過ごす大人の一日

阿寒湖をもっと楽しもう!イベント&観光スポット情報

阿寒湖のおすすめイベント3選

  阿寒湖は自然だけでなく、旅行の折に気軽にアイヌ文化に触れられるエリアだ。おすすめイベントを紹介!

おすすめポイント
  阿寒湖には北海道最大のアイヌコタン(アイヌ民族の集落)が形成されており、今もアイヌ文化を継承する人々が多く暮らしている。「イオマンテの火祭り」は観光客が気軽にその文化に触れられるイベント。また、温泉街をたいまつを持ちながら練り歩く「千本タイマツ」、アイヌ語で「トーラサンペ(湖のみたま)」と呼ばれる阿寒の象徴・まりもをたたえる「まりも祭り」など、阿寒は道内でも独特なイベントを開催している。

阿寒湖周辺のおすすめ自然スポット

  マリモだけでなく、阿寒湖は連泊しながらゆっくりと楽しめる“自然スポット”がたくさん。

おすすめポイント
  阿寒湖をゆったりと楽しむなら遊覧船はハズせない。1日に4~11便運航されており、約85分という長時間の湖上クルージング。また、阿寒湖温泉街から約4キロほど釧路市方面に向かうと現れるのが「滝見橋」。国道240号線沿いにあるので、険しい山道を歩くことなく、手軽に写真撮影ができるスポットだ。ここは9月下旬~10月上旬にはカメラマンも訪れる、紅葉の名所。

北海道の神秘の水辺3選

  阿寒湖から足を延ばせる「オンネトー」のほか、近年人気急上昇中の神秘的な水辺を紹介!

  • 見る度に色が変わる五色のオンネトー
  • 青い池メイン
  • 神の子池
おすすめポイント
  阿寒湖畔から約20キロの「オンネトー」は雌阿寒岳の麓にある、酸性の沼。「五色沼」と呼ばれるほど季節や時間帯によって、その表情を変える沼だ。阿寒湖の観光協会が実施する日帰りバスツアーでも行くことができる。「青い池」は道北・美瑛町を流れる美瑛川を一部堰き止めることで生まれた“人工的”な青の水辺スポット。立ち枯れたカラマツの木と青い水が独特な景観を生み出している。また、「神の子池」は阿寒湖から約90キロの場所にある。ここはオンネトーや青い池と異なり、湧水であり、オショロコマというサケ科の魚が棲む。三つの水辺のなかでも特に透明度が高い。

北海道の宿探しなら「宿くらべ」

  • 温泉・スパがある北海道ホテルランキング
  • 札幌で朝食がおいしいホテル3選
  • 函館で朝食がおいしいホテル3選
編集部の視点
  北海道のいい宿研究会が厳選したホテルを目的別にご紹介。お得に楽しくホテルを選んで北海道を旅するヒントがたっぷり詰まっています。自分好みのプランがきっと見つかるはず。

⇒「推し宿」をもっと見る

札幌で夜景の綺麗なおすすめのホテル5選

阿寒湖温泉への交通アクセス

  駅や空港から車での移動が利便性がよい。釧路市街、たんちょう釧路空港、女満別空港からのアクセスがよく、車での移動時間は約1時間~1時間30分。ただ、国道240号線、241号線のどちらのルートを使うにしても、朝~昼間の移動をすすめたい。阿寒湖に至る道は一帯を深い森に囲まれており、街灯も少ないので、シカ・ヤマシギなどの野生動物との接触事故が多いためだ。


■阿寒観光協会
【住所】北海道釧路市阿寒町阿寒湖温泉2丁目6-20
【営業時間】5時30分~22時30分
【問い合わせ(電話番号)】0154-67-3200
【公式サイト】http://www.lake-akan.com/

車(レンタカー)で

  新千歳空港から道央自動車道(阿寒IC下車)と国道を利用し、約約4時間
たんちょう釧路空港~阿寒湖温泉 約60キロ、約1時間
女満別空港~阿寒湖温泉 約70キロ、約1時間30分

バスで

  札幌駅前ターミナル~阿寒湖温泉 約1時間20分
たんちょう釧路空港~阿寒湖温泉 約45分
釧路駅~阿寒湖温泉 約1時間55分

阿寒湖観光 達人が答える旅のQ&A

Q 阿寒湖のホテルの日帰り入浴について、教えてください。
A 現在、阿寒湖では4施設(あかん遊久の里 鶴雅、あかん湖 鶴雅ウィングス、ニュー阿寒ホテル、ホテル阿寒湖荘)が日帰り入浴を実施しています。注意点は昼間の時間帯であること。だいたい15時~17時には受付を終了します。1000円~1620円が日帰り入浴料金の目安です。
Q 阿寒湖の夏のガイドツアーでおすすめはありますか?
A 夏のガイドツアーはリーズナブルなもので2000円からのプランがあります。これは観光客があまり行くことのないスポット(2~3カ所)へとガイドが案内する「阿寒湖紀行」というプランです。また、阿寒湖から流れ出す唯一の川、阿寒川をウエーダー(胴付き長靴)を履いて歩く「リバーウォーク」は特におすすめ。特殊な長靴を履いているため、服が濡れる心配はありません。このプランでは、阿寒川に湧きでる温泉も訪れます。
Q 阿寒湖のおすすめの服装は?
A 平均気温が年間を通して3.7℃、と阿寒湖はとても冷涼なところです。平均気温が10℃を上回るのは6~9月の4カ月のみ。また、6月の最低気温は7℃台です。阿寒湖は土産選びやアイヌシアターイコロなど、夜間の外出が楽しい観光地ですのでどうか上着の準備を。夏場でもインナーダウンや薄手のフリースを準備してきてください。
阿寒湖周辺のアクティビティ

カヌー

  阿寒のアクティビティプランを検索する
釣り・・・全国的にも憧れのスポーツフィッシングのフィールドとして知られる阿寒。人気のアメマス釣りや冬のワカサギ釣りなどが楽しめます。

札幌で朝食がおいしいホテル3選

いざないの一枚

その他の達人指南を見る

広大な霧多布湿原と蛇行する川、道東らしい雄大な風景だ

霧多布湿原と浜中町、花のまちの観光ガイド
約300種の花が咲くことから“花の湿原”と呼ばれる道東・霧多布湿原。約3000平方メートルにわたって広がる湿原のミネラルが太平洋に注ぎ出すため、海と湿原の両方に・・・

タンチョウメイン

タンチョウ、釧路湿原の美しきシンボル
1952年(昭和27)、国の特別天然記念物に指定されたタンチョウ。白の身体に頭の先の赤いアクセント、黒い羽をもつ優雅な姿は誰しもが見ほれてしまう美しさだ。この鳥・・・

釧路ノロッコ号

ノロッコ号でのんびり行こう 釧路湿原の旅
道東屈指の観光スポット「釧路湿原」を列車でめぐる旅。ゆっくりのんびり行く「ノロッコ号」の魅力やおすすめポイントを紹介!

滝つぼ水槽

北の大地の水族館 北見の小さな人気水族館
「北の大地の水族館」は、北海道の川の環境を再現した新しい生態展示の手法で人気を集める水族館。かつては来館者の減少と老朽化で大ピンチに陥っていたが、リニューアルを・・・

釧路川 初夏の釧路湿原

釧路湿原観光 水の上から原生自然を満喫する方法
釧路観光の目玉スポットである釧路湿原は、「くしろ湿原ノロッコ号」や展望台など、眺めて楽しむ観光スタイルが一般的です。でも、カヌーを使えば湿原の世界はもっとディー・・・

網走監獄の門

網走監獄 塀の中にある北海道開拓の歴史
広さが東京ドーム3.5個分。博物館というより、歴史の体験公園といったほうがぴったりの博物館網走監獄。貴重な建築をはじめ、塀の中の暮らしを知る展示、監獄食や監獄土・・・

屈斜路湖

屈斜路湖観光 雲海と日帰り入浴の楽しみ方
日本最大のカルデラ湖「屈斜路湖」は近年、“雲海”の湖として評判が高まっている。奥屈斜路温泉に宿泊すれば、早朝の雲海と壮大な展望を一挙に楽しめる。風景だけでなく野・・・

巨大なオロンコ岩には展望台がある

ワールズエンドか、楽園か。知床観光名所
知床は自然のすべてに見せ場がある。知床八景、羅臼八景などおすすめの見所もあるが、それにとらわれ過ぎることなく、あなたのベストを見つけて欲しい。

知床グルメ

豊かな海が育むとびきりの美味。知床グルメ
とびきり新鮮で美味しい海の幸は、知床旅行の大きな魅力のひとつ。その味わいを支えているのは、実はオホーツクの流氷。そして知床羅臼の前浜に広がる理想的な漁場にあった・・・