1. 知床観光 北の果てに残された世界遺産

達人指南

現地の達人が旅行の楽しみ方を伝える観光コラムです。人気の観光地から知る人ぞ知る穴場まで、達人だからこそ分かる一歩踏み込んだ“通”な情報を紹介しています。

知床観光 北の果てに残された世界遺産

  平成17年(2005)、日本で三番目の世界遺産として登録された知床。北の果てに残されたこの美しい秘境は、流氷がもたらす大いなる生命循環の舞台として、多様な動植物の楽園となっている。未知なる出会いが旅情を誘う、そのスケール豊かな魅力を探る。

知床半島

  北海道の東の果て、オホーツク海に突き出た鋭い刃身のような半島が知床である。その地名は、アイヌの言葉で大地(シリ)の突端(エトク)に由来。厳しい自然環境が人の進出を拒み、長らく大きな開発とは無縁であったことに加え、しれとこ100平方メートル運動など、地元住民たちが積極的に環境保全と取組んだため、半島に広がる原生の自然が守られた。北半球の最南端に漂着する流氷と、その流氷から始まる海と陸の壮大な生命の循環。多くの希少な動植物を含む多様な生物を育む自然。この知床の価値が評価され平成17年(2005)には日本で三番目の世界遺産としてユネスコに登録された。以来、知床は世界的にも注目を集めるエコツーリズムの聖地として多くの人々を魅了してきた。美しい自然と壮大な景観を楽しむウトロ。豊かな漁場を背景にアニマル・ウォッチングやグルメを体験できる羅臼。2つの拠点から始まる旅の魅力。そしてかけがえのない自然を未来に残すための旅のマナーなどを聞く。

⇒世界自然遺産・知床の魅力を知る旅行・ツアーを探す

[たびらいセレクション]

知床観光の達人
(いまいすみこ)
今井 純子さん

知床観光の達人
  生まれは同じ道東の根室。知床に来てはや13年になる。今は知床斜里観光協会に務め、道の駅うとろ・シリエトクの知床観光案内所でゲストの観光サポートを担当。知床の見所や旅の楽しみ方をはじめ、知床観光に関わるさまざまな情報を案内している。
⇒知床斜里町観光協会

達人が語る 知床観光の魅力

オシンコシンの滝

  知床の景色は、一日として同じに見えることがないんです。四季の違いだけではなく、光の具合や空気感から動植物といった、自然のすべてのファクターが色濃く出てくる土地なので、とにかく見飽きない。この変化の多様さ、豊かさが世界遺産の認定にもつながっているんだと思います。実際、流氷から植物プランクトン、動物プランクトン、魚、イルカやシャチなど海の生態系と、オオワシ、クマ、植物、シカなどの陸の生態系が、知床でつながっている。この大きな大きな生命の循環を、知床の自然の中で生きる動植物が教えてくれるんです。自然のひとつひとつすべてに意味があることに気づかされます。もちろん理屈ぬきで知床は美しいです。春のキラキラ輝く海、夏の夕陽、秋の紅葉、冬の流氷。四季、いついらしても、皆さん本当に感動して帰られますから、ぜひ一度、ご自身の目で知床をご覧になってください。

ウトロと羅臼、旅の目的に合わせて選ぶ2つの拠点

羅臼の体験クールズ

  よくある勘違いは知床をひとつのエリアとして考えてしまうこと。知床半島は真ん中に1600メートル級の知床連山がそびえ、その両側では同じ日でも天気から違っている。当然観光スタイルも違います。オーソドックスな知床観光の起点となっているウトロでは、知床五湖や大小の滝を中心に原生の森の散策や、歩いてでは行けない断崖絶壁を観光船から見るクルーズが人気です。大型の宿泊施設もウトロが中心。
 いっぽう知床峠を越えた羅臼は昔から漁港として栄えてきた場所。前浜に北海道でも指折りの漁場が広がっているんですが、その魚を目当てにするのは人だけじゃなく、イルカとかイカ、オオワシなんかの鳥もやってくる。それを追っかけてシャチやマッコウクジラ、アザラシと、驚くほどたくさんの生き物がやってきます。この海の生物に出会うクルーズが羅臼の一番人気です。
 またイベントもウトロでは2月に行われる「知床ファンタジア」、羅臼では秋に行われる「らうす漁火まつり」など、それぞれ違った企画があります。ですから旅の目的をしっかりさせて、ウトロから回るか羅臼を拠点にするか、あらかじめ検討しておくのが知床観光の基本です。

豊かな自然の贈り物、知床の味覚

知床の海鮮丼

  オホーツクは流氷のおかげで世界の三大漁場にも数えられるるほどの豊かな海です。中でも知床半島の南側、国後島との間にある根室海峡はオホーツクの特等席。最短で25キロしかない狭い海域に、浅瀬から2500メートルの深海まで、変化に富んだ天然の魚礁が広がっています。しかも根室海峡には暖流と寒流の両方が流れ込み、水流も速い。エサに恵まれ、水流に負けずに泳ぐため、羅臼の魚は脂がのって美味しいんです。また羅臼といえば、昆布。濃厚なダシが取れ「ダシの王様」とも呼ばれる羅臼昆布は、真昆布とならび昆布の最高級品とされています。またこの昆布を食べて育つ知床のウニも格別の味。ウニというと夏が旬のイメージがありますが、知床では1月から6月が漁期。流氷の合間を縫ってウニ漁が始まります。とにかく知床は美味しい海産物の宝庫です。とびきりの美味さを巡る旅も知床の楽しみ方のひとつなんです。

自然との共生のために守りたいルール

知床観光船

  知床の自然は、未来に残していかなければならないと思います。多様な生物が生きていける環境がなくなれば、その影響は人間にも及ぶはずです。文字通り世界遺産ですから、知床に暮らす人や動物のためだけでなく、より大きな視点から守っていかなければいけません。例えば渡り鳥などは北半球と南半球の鳥、両方が知床で翼を休めている。流氷は知床半島でせき止められてオホーツクの海を埋め尽くすのですが、その流氷で海水が冷やされて海の対流がつくりだされていたりもしています。だから今の絶妙な自然のバランスが保たれるように、観光客の皆さんにもいろいろとお願いしています。たとえば可愛いからといって野生の動物にエサをやらないとか、基本的なことです。私たちもそうですが人の存在は思っている以上に自然に負担を与えているのです。過去には知床五湖も人が無秩序に歩いたことで土が踏み固められて植生に大きな被害が出ました。人が歩くだけで自然にダメージが出るんです。もちろん人だけが原因ではなく、シカが増えすぎてその食害で植生が荒らされている問題もあります。
 知床は今、環境の保全と観光の理想的な共生が求められています。ですから皆さんもルールとマナーを守って、知床を楽しんでいただきたいと思います。知床自然センターのウェブサイトに、「ルール・マナー」も掲載しているので、訪れる前に予備知識を入れておくことをおすすめします。

[たびらいセレクション]

北海道【レンタカー】スマートトラベルレンタカー

知床観光のおすすめ

知床おすすめイベント

  知床観光はそれ自体がイベント性が高く、お楽しみが満載。ただ地元では知床観光をさらに盛り上げるためさまざまなイベントも用意されている。

  • NO1知床開き
  • NO2 らうす漁火まつり
  • NO3 知床雪壁ウォーク
おすすめポイント
  「らうす漁火まつり」は、穫れたて秋鮭のいくら丼無料提供や、羅臼漁業協同組合定置青年部による「秋鮭セリ市」は毎年これを目当てに全国から集まる人気イベント!「知床雪壁ウォーク」は、知床の春を告げるイベント。冬期は閉められる知床横断道路を、開通前にウトロと羅臼から歩く。

知床おすすめスポット

  知床観光といえばまず挙がるのが「知床八景」。知床らしい自然の景観が素晴らしいスポットとして選ばれた場所だ。中でも達人のお気に入りの3つは・・・?

おすすめポイント
  「知床五湖」は今や知床観光の一番人気となったスポット。森の緑、鏡のような湖に映る知床連山の姿が素晴らしい。「オロンコ岩」は遠目で眺めてもダイナミックな巨岩だが、登ってみるとさらに感動。知床を見渡す360°のパノラマが広がる。「フレペの滝」は、動物たちに出会うチャンスが大きい散策コース。入口がいろいろな情報を提供してくれる知床自然センターからなのもおすすめ。

知床おすすめ味覚自慢

  知床の海産物は北海道でも最高峰。特に羅臼は北海道でもブランドとなった漁場である。知床といえば、という美味なる味覚の代表はこれだ。

おすすめポイント
  「羅臼昆布」は、羅臼はもちろん北海道を代表する昆布のブランド。手間ひまかけて最高の状態に仕上げられた味わいは、羅臼の誇り。知床羅臼の「ウニ」は、その羅臼昆布を食べて育った絶品ウニ。最高級のエゾバフンウニだけなのも特徴だ。「トキシラズ」は春から夏に穫れる鮭。羅臼の地元民が、幻のサケとして最高級とされるケイジより、トキシラズをいただく方がうれしいと言い切る、こちらも絶品の鮭である。

大迫力!動物の行動展示

知床へのアクセス

  知床観光の拠点はウトロと羅臼の二つ。一般的にはウトロを起点とした観光が多いが、旅のプランによってどちらかを選ぶとよい。ウトロから羅臼へは知床横断道路を通る峠越えで約40分ほど。冬期は道路が閉鎖されるので注意したい。
北海道のレンタカーを最安値で予約できます!

ウトロへ

  女満別空港から 斜里国道/国道244号線 と 国道334号線
クルマで約1時間45分

中標津空港から 国道244号線 と 国道334号線
クルマで約1時間50分

釧路空港から 道道53号線 と 国道334号線
クルマで約3時間10分

札幌から
札幌から網走まで約5時間30分(特急利用)
網走から知床斜里まで約45分(釧網本線利用)
知床斜里から斜里バスで約45分(知床エアポートライナー利用)

羅臼へ

  ウトロから 知床横断道路
クルマで約40分 

中標津空港から 道道774号線 と 国道335号線
クルマで約1時間15分

⇒羅臼で楽しむアクティビティプラン

達人が答える知床観光Q&A

Q 1日でウトロと羅臼を回りたいのですが
A 夏は知床横断道路で約40分ほどですから午前と午後で両方を観光することは可能です。ただ夏場はウトロが晴れていても羅臼は霧が出ていたり天候が違いますので注意が必要です。
Q 野生動物とのトラブルを防ぐための注意は
A ● 野生動物に近づかない。
人は動物にとって大きなストレス、うかつに近づくと危険です。

● 絶対にエサを与えない。
野生の生活力を失ったり、食べ物のために人に近づき、駆除されることも。

● ペットをつれて歩かない。
犬が吠えクマがパニックになったり、知床にない感染症を持ち込むことも。

● クルマの走行はゆっくり。
多くの野生動物が道路を横断します。事故に注意して速度は控えめに。
Q 自然環境への配慮で守りたいことは
A ● 遊歩道や登山道から外れて歩かない。
一旦踏み跡がついた場所の植生は簡単には回復しません。

● 植物を採集しない。
法律で禁止されている場所もあり、後から楽しみに来る人のためにも。
知床 ホテルランキング

看板

  世界自然遺産の地!知床エリアのホテル満載
知床エリアのホテル選びで悩んでいる方。 ランキングをチェックしてあなたにピッタリのホテルを見つけてはいかがですか?
知床斜里駅近く、羅臼岳近くなど、知床エリアのホテルを様々な切り口でご紹介致します。

知床のホテルランキングを見る

北海道のホテル特集最安値プラン!公式サイトからのご予約がお得

いざないの一枚

その他の達人指南を見る

巨大なオロンコ岩には展望台がある

ワールズエンドか、楽園か。知床観光名所
知床は自然のすべてに見せ場がある。知床八景、羅臼八景などおすすめの見所もあるが、それにとらわれ過ぎることなく、あなたのベストを見つけて欲しい。

知床五湖空撮

知床五湖 静謐な湖のネイチャー・ウォーク
知床五湖は、今や知床を訪れた人が必ず立ち寄るといわれるほど人気の観光スポット。知床連山の大パノラマを映し込む、美しい湖の自然を巡る散策。静謐な時が満ちている知床・・・

知床グルメ

豊かな海が育むとびきりの美味。知床グルメ
とびきり新鮮で美味しい海の幸は、知床旅行の大きな魅力のひとつ。その味わいを支えているのは、実はオホーツクの流氷。そして知床羅臼の前浜に広がる理想的な漁場にあった・・・

網走監獄の門

網走監獄 塀の中にある北海道開拓の歴史
広さが東京ドーム3.5個分。博物館というより、歴史の体験公園といったほうがぴったりの博物館網走監獄。貴重な建築をはじめ、塀の中の暮らしを知る展示、監獄食や監獄土・・・

おーろら号から見る流氷

網走 「流氷」観光の楽しみ方を紹介
遠くシベリアのアムール川から、1000キロもの旅をしてオホーツクの海を埋め尽くす流氷。海の豊かさを支え、さまざまな恵みをもたらすこの氷塊は、今や道東の冬の観光の・・・

川湯温泉の足湯

「川湯温泉」知る人ぞ知る北海道の秘湯
道東の秘湯、川湯温泉は泉質も独特で古くから湯治場として親しまれてきた温泉。そんな歴史ある温泉街と新たにできたおすすめスポットをご紹介。

見る度に色が変わる五色のオンネトー

「オンネトー」五色沼と呼ばれる足寄の秘境湖の楽しみ方
「北海道三大秘湖」に数えられる、道東・足寄町(あしょろちょう)の神秘的な沼「オンネトー」。見る場所や角度の違いによって湖の色を変える五色沼・オンネトーの魅力とお・・・

帯広のご当地グルメ

「帯広グルメ」おすすめの楽しみ方
日本の食糧基地といわれる北海道の中でも、十勝は食の王国として飛び抜けた存在感をもつ。豊かな大地が生み出すおいしい食材が多彩だ。その良質な素材が十勝中から集まって・・・

釧路ノロッコ号

ノロッコ号でのんびり行こう 釧路湿原の旅
道東屈指の観光スポット「釧路湿原」を列車でめぐる旅。ゆっくりのんびり行く「ノロッコ号」の魅力やおすすめポイントを紹介!