1. 超小型電気自動車「ちゅらまーい Ha:mo」で“沖縄”を感じる旅
ちゅらまーい Ha:mo×たびらいロゴ

超小型電EVで沖縄北部を巡る新アクティビティ
"ちゅらまーい Ha:mo"
オトナがはしゃげる"沖縄"探検
もっとディープな沖縄に出会い行こう

超小型電気自動車「ちゅらまーい Ha:mo」

沖縄本島北部の今帰仁村で「ちゅらまーい Ha:mo(ハーモ)」が、じわじわと人気を集めている。コバルトブルーの海、生い茂る樹木、手つかずの自然。素朴な町並み。そこを徒歩でも車でもなく超小型EV(電気自動車)で行く「ちゅらまーい Ha:mo」。実際に乗ってみると、想像していた以上のワクワク感が味わえた。そんな新感覚アクティビティを紹介する。

「ちゅらまーいHa:mo」
「ちゅらまーいHa:mo(ハーモ)」とは
「沖縄県北部をもっと体感したい」「沖縄は好きだが車の運転は得意ではない」。そんな方にうってつけなのがこの「ちゅらまーいHa:mo」。今帰仁村の橋の駅、「リカリカワルミ」にスタート地点があり、観光協会や地域の自治体が厳選したおススメ観光スポット、ローカルスポットが設定されたコースに沿って1人乗り超小型EV(電気自動車)で行く大人のアトラクションだ。乗車可能人数は1人1台で要普通免許。ファミリーではなく普通運転免許証のある大人が対象だ。
※「ちゅらまーい」とは、沖縄の方言で「美しい」を意味する「ちゅら」と「廻る」を意味する「まーい」の造語

古宇利大橋の新しい渡り方と穴場ビーチコース

古宇利大橋の新しい渡り方と穴場ビーチコース

「橋の駅、リカリカワルミ」から出発し、全長2キロ、右も左も透明で青い海がひろがる古宇利大橋を行く。車で通るとあっという間だが、「ちゅらまーい Ha:mo」だとより景色を満喫できる。テレビCMで一躍人気となったハート型に見えるハートロックもコースに設定されている。
古宇利島を1周するだけなら30分もかからない。お気に召すまま寄り道して「普段と違う古宇利島周遊」または「おしゃれなカフェでグルメを楽しむ」「ビーチを楽しむ」など自分好みの旅にアレンジしよう。

穴場のビーチ「トケイ浜」
穴場のビーチ「トケイ浜」
手つかずの天然ビーチ「トケイ浜」。夏場は海水浴も可能だが、古宇利ビーチと比べると、泳いでいる人は少なく、穴場感あるビーチ。サラサラの白い砂を裸足で感じるもよし。貝殻がたくさんあるので貝殻拾いも楽しめる。

レンタカーを降りて
沖縄ローカルを楽しむアトラクション

沖縄ローカルを楽しむアトラクション

それぞれの「ちゅらまーい Ha:mo」の貸出場所には広い駐車場があるのでレンタカーはそこまで。その後は「ちゅらまーい Ha:mo」!
コースのガイドはタブレットが音声とともにナビゲートしてくれる。地方の奥地に行くとカーナビが正確に作動しないなんて事もあるが、このナビは精度が高く安心。車両がコロンとしたフォルムでかわいいので女性にも人気。(運転が得意でない人から)縦列駐車がしやすかった、バスなど公共の交通手段や徒歩だけではいけない場所に、このハーモなら気軽に行かれてよかった、との声があがっている。

より快適に楽しむために

より快適に楽しむために

貸出しの際、「ちゅらまーい Ha:mo」のスタッフが使い方のみならず、地域の観光スポットやおいしい食事処などを教えてくれることも。気になる方はぜひ聞いてみよう。
行く先は、素朴なエリアも多く、自動販売機やコンビニが少し遠いところもあるため、水分は事前に準備していこう。トランクは大き目になっているので、道中でお土産をたくさん買っても安心。また蚊などの虫が多いところもあるので、虫よけ、かゆみ止めもご用意を。
行く先々、爽快感あふれる所が多いが、飲酒は厳禁。子どものおんぶ、だっこでの運転もNGなのでご注意を。

お昼はどうする?事前に検討しておこう

お昼はどうする?事前に検討しておこう

利用する時間帯にもよるが、昼食を外で考えている場合は事前に少しリサーチしておこう。お目当てのお店が空いていなかった場合、次のお店が遠く、おなかが空いてしまった、という声も。とはいえどもハーモの貸出、返却の場所、またはその近くであれば食事処も複数あるのでご安心を。いずれのコースも比較的余裕のある設計になっているが、1か所を楽しみすぎて時間がたりなくなってしまうことも。焦って運転をしなくても良いように事前にほんの少しリサーチして時間配分等検討していくのがおすすめ。