沖縄の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索
  1. ホテルを選ぶ女性に贈るANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートの楽しみ方
ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート×たびらいロゴ

ホテルを選ぶ女性に贈る
ANAインターコンチネンタル
万座ビーチリゾートの楽しみ方

沖縄を代表する老舗リゾートホテル、ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート。
今回、万座ビーチリゾートが女性に支持されている理由を探るため、たびらい沖縄の女性スタッフ6名が現地の視察に向かった。万座ビーチリゾートを体感し、ディスカッションの結果、万座ビーチリゾートは「大切な人と私が笑顔になれる」と思わせる要素が各所に存在する、と意見がまとまった。
ホテル選びに迷っている女性に向けて、カップル、女子旅、ファミリー、それぞれの女性の視点から、大切な人と笑顔になれるポイントを紹介する。

ホテルのバーでお酒と景色に酔いしれる

 ロビーフロアにある約30席のバー

ホテルのロビーフロアにある「バー ウェイビー」。40種の国産ウィスキー、旬なフルーツを使ったカクテル、季節限定のホットカクテル、等ドリンクの種類の豊富さはもちろんのこと、なんといっても、この雰囲気と窓から見える景色が大きな魅力。サンセットを見ながら美酒と空間に酔いしれ至福の時を過ごすことができる。

※ここから先はホテル公式サイトに移動します

 海と空の景色
ホテルでの時間を楽しむ女子旅なら「コーナーテラス」

 海と空の景色、ホテルでの時間を楽しむ女子旅なら「コーナーテラス」

5階から8階の角部屋には32平方メートルの部屋と17平方メートルのテラスを誇る客室「コーナーテラス」がある。朝、昼、夕方、と時間帯によって違った景色を楽しめるよう設計されており、バルコニーが2面に。
この部屋指定で予約をする方も多く、予約が取りにくい部屋でもある。この部屋の楽しみ方は、1階のオーシャンカフェでケーキやドリンクを買い、透き通る青い海、夕日、星空を眺めながらおしゃべりし、何も特別な事をせず過ごす。または、午前はビーチ、またはプールで過ごし、午後はテラスで時間ごとに表情を変える海、空を眺める。「この広いテラスで過ごすだけでも、ここに来てよかったと思える」という声もあがった。

※ここから先はホテル公式サイトに移動します

 朝はゆっくり過ごしランチは優雅にしたい派に

朝はゆっくり過ごしランチは優雅にしたい派に

「スーパーフード」や「ロカボ」など食のトレンドを取り入れつつ、県産豚や牛、沖縄の野菜等、県産素材も楽しめるブッフェレストラン「アクアベル」。
朝食付きプランでは、朝食をランチに変更できるので、朝食は軽めにし、優雅なランチにするのもおすすめだ。メニューは、クコの実やモリンガ、チアシードなどスーパーフードを使った前菜、ひき肉の代わりに島豆腐が使われたタコライスや、県産肉のステーキやハンバーグ等、ヘルシー系からがっつり系までとにかく充実している。
30種類以上あるデザートはエディブルフラワー等によって、視覚的にも魅力たっぷり。少しずつたくさん楽しめるように小ぶりに誂えられている。

※ここから先はホテル公式サイトに移動します
マリアージュミルクチョコレートムース
ここでしか味わえないキラキラした宝石のような限定ケーキ
35mの吹き抜けが開放的なロビーラウンジ「オーシャンカフェ」は、万座オリジナルの12種類のケーキのほか、スムージーやカクテルが充実している。一番人気は「マリアージュミルクチョコレートムース」チョコレートムースの中にはピスタチオのブリュレが入り、表面は、万座の星空で見られる流星をイメージした色味でコーティング。万座ならではの美しいケーキに仕上がっている。(ケーキは全て税込600円)

半潜水艇で海中&海上クルーズの一石二鳥
「サブマリンJr.Ⅱ」

半潜水艦「サブマリンJr.Ⅱ」で海中クルーズ

最大44名乗りの大きな半潜水艇は、季節や天気を問わず海中クルーズができる。海に潜ると手が届きそうな場所に、魚の群れやサンゴが広がり船中にいながらダイビング気分が味わえる。
船内にはイミテーションの操縦ボタンや、海上を見られる潜望鏡が付いていて、実際に触れる仕様に子どもも大興奮。本物の潜水艦を操縦している気分になれる。船上に上がれば万座毛を海上から臨むクルージング気分も味わえ、海中、海上ともに楽しめる。床下ではなく座った目線から魚を見られる潜水艇は県内でも数少ない。
※予約制・30分・大人3,500円・子ども2,500円

※ここから先はホテル公式サイトに移動します

 雨の日でもワクワク!
県内最大級の室内キッズプレイランド

雨の日でもがっかりしないで!わくわく遊べる「キッズプレイランド」

ビーチリゾートは雨の日はつまらない…。そんな固定概念が吹き飛ぶのが、万座キッズプレイランドだ。ホテルにある室内子ども用遊技場としては県内最大級。沖縄唯一のボーネルンド社監修の室内遊び施設でもある。ブロックや積み木から、ダイナミックな動きが楽しめるトランポリンまで、幼児から高学年まで幅広い年齢層の子どもが遊べる遊具が約20種類そろう。安全面を配慮し少人数の定員制となっている。遊具は毎日アルコール消毒を行い、管理者も常駐。安全面、衛生面でも安心だ。
※利用料金 60分大人800円・子ども1,200円
※託児所はなく、保護者の同伴が必要

食と芸能を満喫できる琉球料理ビュッフェ

オーキッド

せっかくの沖縄滞在ならやはりエイサーなどの琉球芸能を見てみたい。そんな願いをホテル館内で叶えてくれる「オーキッド 琉球料理」。30種類を超える郷土料理のバイキングと、上質な三線演奏や迫力満点のエイサー、カチャーシーなどの琉球芸能をまとめて一気に楽しめる。
【琉球料理バイキング&ショー】
・大人 4,200円
・小学生 2,300円
・幼児(4-6歳) 1,300円
【フリードリンクプラン】
・アルコールプラン 1,700円
・ソフトドリンクプラン 900円
・お子様プラン    800円
※表記価格に、別途消費税8%とサービス料13%が加算されます。

※ここから先はホテル公式サイトに移動します
子どもの食事(離乳食含む)
子どもの食事(離乳食含む)
アクアベル、雲海、サルヴァトーレ、花梨のレストランではキッズメニューを用意。大人顔負けの充実した内容なので、家族で一緒に食事を楽しめる。また、サルヴァトーレを除くすべてのレストランで、離乳食も提供している(前日までに要予約)。さらに持参した離乳食の温めが可能で、ミルクを作るお湯の提供と哺乳瓶の消毒にも無料で対応している。
キッズメニュー
各レストランのキッズメニュー
「アクアベル」ではニコニコトマトスープ800円、まっかなトマトソースのペンネ900円、ちゃっかりチキンバーガー1,200円 などがあり、レストラン内にキッズルームもある。「花梨チャイニーズダイニング」ではお子様セット2,310円、「雲海日本料理」ではお子様ミニおにぎりセット1,320円などがある。

【夏季限定】日本最大級の海上アスレチック!沖縄初の「ニンジャ」登場

日本最大級の海上アスレチック!<br />沖縄初の「ニンジャ」登場

沖縄で一番最初に登場し、日本最大級という海上アスレチック「万座オーシャンパーク」。従来のキッズエリア、チャレンジエリアに加え、今年は新エリア「ニンジャエリア」がオープン。「ニンジャエリア」は従来のものより難易度が高く大人も子どもも一緒に楽しめる。
なお、万座毛を臨むこのビーチは、水質、自然景観を評価基準とする環境省選定の「快水浴場百選」に選ばれている。なかでも「特選」に輝いており、キレイなのも嬉しい。
さらにママに嬉しいのは宿泊者無料のパラソル、チェアがあるので、子どもの元気な姿を見ながらビーチでリラックスすることもできる。
※ビーチエリアにトイレ、無料シャワー、更衣室、有料ロッカーあり

※オンシーズン利用料金 大人1日3,500円・子ども(3歳以上)3,000円
・「キッズエリア」年齢制限:3歳以上/身長制限:なし
・「チャレンジエリア」年齢制限:6歳以上/身長制限:なし
・「ニンジャエリア」年齢制限:13歳以上/身長制限:130cm以上
※「ニンジャエリア」は、ご好評のうちに本年度の営業を終了いたしました。
「キッズエリア」と「チャレンジエリア」については、11月末まで引き続きお楽しみ頂けます。

※ここから先はホテル公式サイトに移動します

プランのポイント

  • ホテル公式サイトなら最安値を保証
  • 公式サイトより低料金を発見されたら、一泊無料!
  • IHG®リワーズクラブ会員専用の特別料金プランがある

IHG®リワーズクラブに入会すると、世界各地のインターコンチネンタルホテルグループのホテルに会員専用料金で宿泊できる。入会・年会費無料。

※ここから先はホテル公式サイトに移動します