沖縄の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索
  1. 「浮島通り」の歩き方 国際通りの路地裏

達人指南

現地の達人が旅行の楽しみ方を伝える観光コラムです。人気の観光地から知る人ぞ知る穴場まで、達人だからこそ分かる一歩踏み込んだ“通”な情報を紹介しています。

「浮島通り」の歩き方 国際通りの路地裏

  那覇の国際通りから牧志公設市場への一本道、「浮島通り」には沖縄の今と昔が詰まっている。ファッショントレンドの発信地として注目が集まる通りを歩いてみよう。

古民家を再生してオーナーの個性を出すのが浮島流

  “沖縄を代表するメインストリート”と言えば、那覇国際通り。沖縄県庁やパレットくもじ前のスクランブル交差点から安里三叉路まで約1.6キロ続き、夜遅くまで賑わう。
 国際通りを初級編とするなら、中級編として沖縄の旅をもっともっと楽しむために、国際通りから足をのばして裏路地へ入ってみよう。国際通りから牧志公設市場界隈へ向かう「浮島通り」は、戦後すぐから営んできた古い商店に交じって、流行に敏感なオーナーの個性あふれるセンスのいい新しいショップが仲間入りしている。「新」と「旧」が入り交じったチャンプルーな通り、「浮島通り」の楽しみ方を紹介する。

更新日/平成27年(2015)12月

《この記事を読む人におすすめの情報》

[たびらいセレクション]


(おなが まきこ)
翁長麻貴子さん

「浮島通り」の達人
  浮島通りにある沖縄Tシャツ&雑貨ショップ「琉球ぴらす」店長。平成20年(2008)の開業以来、「浮島通り会」の一員として、通りの活性化に日々尽力。浮島通りの隅から隅まで熟知している。現在、「琉球ぴらす」は浮島通り店の他、北谷町のデポアイランドに美浜店、那覇市樋川に工場を構える。

「浮島通り」散策の楽しみ方

  浮島通りの入り口は、国際通りの中ほどにあるローソンが目印。「細い通りなので、ついつい見落としてしまいがちですが、通りへ入っていくと、独特の雰囲気に包み込まれますよ」と、通りの達人翁長麻貴子さんが語る。「浮島通りの魅力は、昔ながらの町並みが残っていること。その古い建物を活かしたカフェやヘアサロン、雑貨やファッションの店が道の両脇に並んでいて、ちょっとタイプスリップしたような感覚になるはず」。
 国際通りのにぎやかな雰囲気とは対照的に一歩裏道に入れば、通りごとに特色があるのが、このあたりの町の面白いところ。浮島通りも一本道をまっすぐ進んでいくと、あらゆる方向から他の通りと交じわり、迷路のよう。牧志公設市場へ続く「市場中央通り」、「新天地市場通り」、「サンライズなは通り」などのアーケード街を抜けて、市場常連客のおばぁたちも観光客に交じってこの浮島通りを行き来する。古くから地元に根付いた生活の道でありながら、今や沖縄のファッショントレンドの発信地ともなっている、沖縄きってのおしゃれな通りなのだ。沖縄の若者、おじぃ、おばぁ、子どもたち、そして観光客も集まる懐の深い通り、それが「浮島通り」だ。

浮島通りに歴史あり

  「もともと浮島通りには、靴屋、貸し衣装屋、薬局、写真館、菓子屋、理髪店などがあって、ここに来ればどんな用事も済ませられる、本当に地元の人たちの生活を支える通りだったんですよ。しかも、刃物店、塗料店、金物店などもあって、大工御用達の道具が揃う通りとしても有名だったと聞きました」と翁長さんが通りの歴史を説明してくれる。「公設市場に買い物に来た人たちが立ち寄るから、常に人の波が絶えることがなく活気に満ちあふれていたそうです。どのお店も年中無休で夜遅くまで店を開けていたと昔からやっているお店のおじぃが話していました」。
 今は一方通行のこの通りも、沖縄の本土復帰ごろまでは両側通行で、今とほとんど変わらない道幅を車が行き交っていたという。
 「浮島」の名は、以前この通りにあった「浮島ホテル」がその由来だ。大きなホテルだったので通りのシンボルとなり、やがて通り名としても「浮島」が使われるようになった。平成になり、浮島通りの通り会では既に無くなってしまった建物名ではなく、「平成通り」に名称を変更しようという意見もあったが、「それまで馴染んだ通り名を変えることはしませんでした」と達人。
 ちなみに「浮島」というのは、琉球王朝時代の那覇の通称で、その名のとおり、海(内湾)に浮かぶ島ということから名づけられた。那覇が昔は島だったとは……。
 昔から商売を続けている店舗はかなり減ってしまったが、浮島通りの歴史を語り継ぐようにどっしりとした風格のある店を今でも見ることができ、常連客が足を運ぶ。

通りに魅せられたオーナーと常連客

  現在、浮島通りには、新しい店が年々増えている。オーナーたちは浮島通りに店を構えた理由を「国際通りから一歩入った通りだから」と口を揃えて話す。名の知れたメインストリートの国際通りから中に入り、浮島通りを目指してやってくるお客さんに向けて流行を発信するのが浮島通りのスタイルなのだ。
 通りの達人の翁長さんに浮島通りを案内してもらいながら、翁長さんおすすめのショップのオーナーに話を聞いてみた。
 「ゆっくり買い物を楽しみたい観光客が浮島通りに遊びにきてくれます。初めての沖縄旅行では、やはり国際通りが中心になるんでしょうね。浮島通りに来る方は2回目以上のお客さんが多いと思います」と沖縄の素材を生かした手作り石鹸を販売している「LA CUCINA SOAP BOUTIQUE」の友寄由美子さんは話す。
 「浮島通りはもともと古着屋が多かったんですよ。15年ぐらい前から通りを代表するようなショップが少しずつできて、それに惹かれるようにセンスあふれるショップが増えていったんです」と達人の翁長さんは言う。浮島通りのファッショナブルな雰囲気は若い力で作り出していったのだ。
 そんなひとりが、アロハショップ「Mountain」オーナーの照屋林山さん。「古くから浮島通りで商売をしている人たちのように、自分の店も何十年もこの通りで、地元の人はもちろん、観光に来られる方からも愛されるようになりたい」と夢を語ってくれた。
 インテリア・雑貨を扱う「GARB DOMINGO」の藤田俊次さんは、「裏路地がもともと好きだったんです。ここに店を開こうと思った一番の決め手は、店舗前の街路樹と裏路地の情感ですね」と教えてくれた。
 アジアン雑貨「chahatナハ」の志喜屋理恵さんは、「大家さんが古民家に自分たちでペンキを塗ってもいいよと言ってくれたんです。インドの雑貨を扱うにはぴったりの雰囲気だったんですよね」という。
 「この通りのオーナーさんは、みんなこの通りが大好きで、自分の好きなものを発信する場所として、ここがいい!と決めた人ばかり。沖縄の伝統的なお土産もいいけれど、ここにしかない今の沖縄を探しに来てくださいね」と翁長さん。
 その翁長さんが店長を務める「琉球ぴらす」も築50年の物件との出合いが出店の決め手だった。開店したころは、今ほど浮島通りの名が観光客には知られていなかったので苦労も多く、他の店主たちと通りを盛り上げる取り組みを試行錯誤し、ここまで通りを盛り上げてきた。「どの店もこだわって集めたモノや丁寧に手作りされたモノなど、商品に愛情が詰まっています。店の人とじっくり話をすると、モノの裏に秘められたさまざまなエピソードを聞かせてもらえるかもしれません。ただ買い物をするだけでなく、浮島通りでは人と人とのつながりを大切にして欲しいですね」
 浮島通りは夜も営業している店が多いので、日が暮れてからのそぞろ歩きも楽しい。ショッピングの後には、カフェやワインバーでひと息ついて、旅の一日を締めくくってくださいね」と翁長さんはこの通りの楽しみ方を付け加えてくれた。

[たびらいセレクション]

達人が選ぶ浮島アート系ショップ

オシャレ心をくすぐる新・沖縄ファッション

  アート感満載のファッションショップを厳選

  • 「生活の中にいつも沖縄を」がコンセプト
  • オーナーとのアロハシャツ談義も楽しい
  • カラフルなMIMURIワールド
おすすめポイント
  古い建物が新感覚で生まれ変わったファッション系の店を選びました。オーナーの愛情の詰まった商品のことをいろいろ尋ねてみてください。

オーナーのセンスが光る雑貨

  オーナーの個性が際立つこだわりの雑貨店をセレクト

  • LA CUCINA SOAP BOUTIQUEの外観
  • 街路樹に抱かれた落ち着いた雰囲気
  • 掘り出し物がきっとみつかるはず
おすすめポイント
  浮島通りには雑貨を扱う店がたくさんあります。アクセサリーやレトロ雑貨、皮製品などオーナーの趣味が光る店を自分の足でも探してみて。

おしゃれ&おいしい島カフェ

  浮島通りには、島野菜など沖縄食材を使用したおしゃれなカフェがたくさん。ランチやディナーはココで決まり。雰囲気が良いので女子旅やカップル&夫婦におすすめ。

  • NO1浮島ガーデン
  • NO2食堂faidama
  • NO3自然食とおやつ mana
おすすめポイント
  3つのお店とも季節の島野菜をたっぷり使用しています。ビーガン料理(動物性食品を使わない)中心なので体に優しくヘルシーで、女性を中心に大人気。店構えや店内も、おしゃれなのに居心地のいい雰囲気。やちむん(沖縄の焼き物)の器もかわいらしいです。

那覇のホテル探しなら「推し宿」

  • 那覇の格安ホテル5選
  • 空港送迎が無料!沖縄ホテル3選
  • 那覇で朝食がおすすめ ホテル4選
編集部の視点
  沖縄のいい宿研究会が厳選した那覇周辺のホテルを目的別にご紹介。お得に楽しくホテルを選んで沖縄を旅するヒントがたっぷり詰まっています。自分好みのプランがきっと見つかるはず。
⇒「推し宿」をもっと見る

沖縄のいい宿研究会厳選!本島コンドミニアムホテル

浮島通りへの交通アクセス

  国際通りからすぐ。国際通りの松尾交差点そばのローソンが目印。ここが浮島通りの入口。通りは国際通りに向けて一方通行なので注意。

モノレールで

  ゆいレール県庁前駅から徒歩10分
ゆいレール美栄橋駅・牧志駅から徒歩15分

達人が答える浮島通りのQ&A

Q 浮島通りにはどんなショップがあるのか詳しく知りたい。
A 「浮島通りをもっと活性化させよう」「もっと知ってもらおう」というオーナー有志の提案で、「NAHA ART MAP」が平成22年(2010)から毎年発行されている。浮島通りを中心に那覇の街に散らばるアート系の店舗情報を集めた地図で、那覇の街歩きにも便利。ART MAP発行記念に各ショップが展示会やイベントを開催した年もあり、どんな関連イベントが展開されるかはその年ごとのお楽しみ。ART MAPは協賛店に置かれ、無料で配布されている。
Q 浮島通りのショップめぐりで注意することは?
A 個人経営がほとんどなので、無休の店は少なく、定休日を設定していることが多い。また、午前中は遅めに(店舗によっては午後から)開店するので、お目当てがあるならWEBサイトで定休日や営業時間を事前に調べておこう。
Q 駐車場はある?
A 駐車場は少ない。また浮島通りは国際通りへ抜ける一方通行車線なので、歩いて散策するのが一番便利。国際通り周辺や市場周辺の駐車場に車を停めて、ブラブラと散策してみよう。
レンタカーから沖縄の旅は始まる。だから最安値プランを!

  沖縄の旅には、ドライブが似合う。青い空の下、青い海を眺めながらの運転は、とにかく爽快!
 そんなドライブ旅をサポートできるレンタカープランを紹介。厳選したレンタカー会社15社の全プランを最安値で比較でき、お得なプランも盛りだくさん。
 自分好みのレンタカーを簡単検索!

⇒沖縄の最安値レンタカープランを探す

沖縄のいい宿研究会厳選!沖縄リゾートホテルランキング

いざないの一枚

浮島通りと合わせて楽しむおすすめ情報

那覇のおすすめカフェ

島野菜料理とワインで体に元気をチャージ

島やさい料理とオーガニックワイン 浮島ガーデン

くま好きにはたまらないカフェ

kuma cafe(くま かふぇ)

都会の喧騒を忘れてゆったりくつろぐ

CHAIHANA(ちゃいはな)

ゆるりと和む至福のひととき

Cinnamon Café(しなもん かふぇ)

雑貨に囲まれてのんびり過ごす

雑貨&cafe trois(とろわ)

紫色の扉が目を引く個性派カフェ

CAFE プラヌラ(ぷらぬら)

おひとりさまでもゆったり過ごせる

cafe+zakka Lamp(らんぷ)

香りを楽しむ台湾茶で至福の時間

流求茶館(りゅうきゅうちゃかん)

玄米と島野菜中心の健康ご飯

実身美 那覇店(さんみ なはてん)

那覇の夜を楽しむ居酒屋

島の恵みをありのままに快く楽しむ

まいすく家(まいすくや)

こだわりワインと料理を楽しむ

自然派ワイン居酒屋zoucafe(ぞうかふぇ)

泡盛と沖縄の味に酔いしれよう

泡盛と琉球料理うりずん

和テイストの個室が人気

和風 HEALING A PRIVATE ROOM 一路。

鉄板焼きを楽しむ女子急増中!

クモジテッパンバール やぽん

島唄ライブと沖縄料理でお酒が進む

島の仲買人 ちぬまん国際通り店

アットホームなお家ライブが大人気

沖縄・八重山 隠れ居酒屋 あっぱりしゃん

民謡ライブと沖縄料理を楽しもう

琉球ダイニング 地酒横丁

泡盛ファンにおすすめのお店

沖縄料理と泡盛 久茂地文庫

ほっこり和める温もり居酒屋

わたんじ通堂町

那覇の人気ランチバイキング

地産地消のバイキングレストラン

食彩健美 野の葡萄 沖縄店(ノノブドウ)

アレンジ自在なオーダーピザが食べ放題

Café M's factory(エムズ ファクトリー)

おいしくて安い ジューシーな飲茶が人気

中華料理 賀云利(ガウディ)

欧風総菜や手作りパンが人気

西鉄リゾートイン那覇 ベーカリーカフェ&デリカテッセン Gr

豊富な種類の和・洋食を楽しめる

東京第一ホテル那覇シティリゾート Buffe Restaur

市場近くで沖縄の家庭料理を満喫

沖縄料理 あじまぁ(アジマァ)

フェアごとに楽しめる各国の料理

ホテル ロコア ナハ ワールドグルメバイキング

充実したラインアップと個室が人気

沖縄レインボーホテル RESTAURANT Sept col

常時30種類そろった和洋折衷の料理

那覇セントラルホテル 那覇うまい処 九年母亭

シェフ渾身の 新琉球フレンチを堪能

ホテルJALシティ那覇  Restaurant Bon Ap

那覇の人気ホテル

伝統のおもてなしとくつろぎのホテル

ANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービュー

国際通り中央のカジュアルなホテル

ホテルJALシティ那覇

国際通りまで徒歩30秒の好立地!

ホテルラッソ国際通り

空港から10分!国際通りへも徒歩15分

沖縄かりゆしアーバンリゾート・ナハ

最上階のロビーでお出迎え

リーガロイヤルグラン沖縄

守礼の邦にふさわしいおもてなし

沖縄サンプラザホテル

古きよき沖縄を感じるホテル

沖縄かりゆし琉球ホテル・ナハ(県庁前)

沖縄の情緒が漂う閑静なホテル

沖縄ホテル

琉球ホスピタリティーでおもてなし

ホテルパームロイヤルNAHA

ゆいレール牧志駅に直結したホテル

ダイワロイネットホテル那覇国際通り

その他の達人指南を見る

国際通りの入り口では、沖縄の守り神であるシーサーがお出迎え

「国際通り」沖縄観光の定番 最新ガイド
沖縄随一の繁華街である那覇市の国際通りを散策しながら立ち寄れる、オススメのお土産店やスイーツショップを紹介。さらに今年オープンした注目スポット「HAPiNAHA・・・

一つ一つ手作りのやちむんは素朴な持ち味が魅力

壺屋やちむん通り かわいい器に出会えるのんびり旅
焼き物(沖縄の方言で「やちむん」と呼ぶ)のまち・壺屋。伝統的な焼き物を扱うお店に加え、最近では現代的なアレンジを加えたかわいらしい商品を扱うお店も。周辺をのんび・・・

写真は、沖縄県出身俳優の藤木勇人さんと市場のおかあさん

牧志公設市場の楽しみ方 ぶらり散策に昼飲み、ハシゴ酒。
さまざまな商店が集まり、常に賑わう牧志公設市場は、いわば那覇の下町です。市場の散策や、最近人気の立ち飲みブームまで楽しみ方を伝授。

昼も夜も活気を見せる昔ながらのマチグヮ

栄町市場でディープな飲み歩きを
栄町市場は、ゆいレール安里駅から徒歩2分。国際通り、市内のホテルからアクセスがよく、昼は市場、夜は飲屋街に変身する庶民の市場です。

懐かしさを感じる空間は、那覇に最も残したい風景のひとつ

農連市場・再開発前に行きたい穴場スポット
戦後、「県民の食の台所」と呼ばれていた農連市場。国際通りにほど近い都市エリアにありながら、昭和のノスタルジックな雰囲気が残り、映画やドラマ、テレビ番組のロケ地と・・・

カラカラとちぶぐゎー

那覇・国際通り周辺の居酒屋で沖縄を堪能
沖縄料理に民謡、泡盛にオリオンビール。全部味わうなら居酒屋がもってこい。那覇の国際通り周辺にはジャンル豊富なおいしい居酒屋であふれている。ほろ酔い気分で語らえば・・・

「外人住宅」をリノベーションするなどセンスの良いカフェも多い

「沖縄本島カフェ巡り」 女性に人気の旅
海や山など豊かな自然のロケーションを生かした絶景カフェや、地元の食材を使った料理のおいしいカフェなど、沖縄には魅力的なカフェがたくさん。カフェを知り尽くした達人・・・

お土産店のメッカ、牧志公設市場付近。果物や野菜も豊富にそろう

「沖縄お土産ランキング」最新から定番まで!
せっかくの沖縄旅行なのだからお土産は沖縄らしいものをぜひ選びたいもの。「誰もが大満足!」の義理みやげ系から、「あの人には絶対にこれ!」という決め打ち系まで、売れ・・・

トロピカルフルーツがたっぷりのスイーツ

人気のスイーツ・お菓子で沖縄を感じる旅
伝統のお菓子から、南国にぴったりの冷たいものやトロピカルフルーツを使ったデザートなど。沖縄にはスイーツが似合う!沖縄スイーツのおすすめ情報を達人が紹介。