1. 「慶留間島の楽しみ方」 慶良間諸島の小さな離島

達人指南

現地の達人が旅行の楽しみ方を伝える観光コラムです。人気の観光地から知る人ぞ知る穴場まで、達人だからこそ分かる一歩踏み込んだ“通”な情報を紹介しています。

「慶留間島の楽しみ方」 慶良間諸島の小さな離島

  慶良間諸島のひとつで、阿嘉島と橋でつながっている小さな小さな離島・慶留間(げるま)島。人口は100人にも満たない。こぢんまりとした島に流れる豊かな時間をどうぞ。

慶留間島 目の前がプライベートビーチの島の学校

  慶良間諸島のひとつ。座間味村に属する3つの有人離島の中で、一番小さな島。阿嘉(あか)島と外地(ふかじ)島の間に挟まれた位置にあり、それぞれの島と橋で慶留間(げるま)島はつながっています。
 かつては中国と那覇を往来する進貢船の重要な中継地でした。しかし、周辺には岩場が多く、よく座礁したため、それらの船には地元の優秀な船乗りがよく使われていたそうです。そのため慶留間島は船乗りの里として発展し、船頭屋敷も島内には数多くありました。
 現在、自然豊かな島には固有種のケラマジカが生息しています。最近では渡嘉敷島からイノシシも渡って来ているらしいです。観光客があまり多くない慶留間島の手つかずの美しい海は、そのほとんどがプライベートビーチのようです。
(聞き手/島ライター伊藤 麻由子)

更新日/2017年6月

他の慶良間諸島の記事を見る

[たびらいセレクション]

前田 正樹さん
(まえだ まさき)
前田 正樹さん

慶留間島の達人
  大阪出身。大阪でシェフをしていた時、ふと阿嘉島の民宿・レストランの求人を発見。10年前にひとりで阿嘉島に渡りますが、その後、隣の島である慶留間島に本格的移住。島の人に畑仕事を教わり、自ら作物を栽培するようになります。当時の夢だった「慶留間島の自分の畑で収穫したものを使って、島でレストランを開く」という思いが形になり、現在はトラットリア・バーの「ゲルマニヨン」
のオーナーシェフに。島のあらゆる食材を生かしたイタリアンが評判。

達人が語る「慶留間島」の魅力

阿嘉島と外地島の間にある慶留間島を2つの橋が結ぶ

  リピーターが多く、人気の高い慶良間諸島ですが、この慶留間島を目的として島に渡る人は少ないです。慶留間島は那覇・泊港から船に乗って阿嘉島下船後、橋を渡ってようやく到着する島なのですが、船に乗り込んだ人のほとんどが阿嘉島目的です。もしくはチャーター便で那覇から空の旅でやってきたとしても、外地島の空港に着いたら、そのまま、慶留間橋阿嘉大橋と渡って阿嘉島に入ってしまいます。何やら忘れられたような感じがありますね。
 確かに、島には重要文化財の高良家ぐらいしか名所はありません。売店もなければ、土産物屋もないです。しかし、それゆえに慶留間島は手つかずで、のんびりゆったりとしていて、阿嘉島とはまた違った空気が流れています。昔のままの沖縄が残っている島です。
 阿嘉島から行く手段は、レンタサイクルか宿の人に送迎してもらうかのいずれかしかなく、どちらの島にもタクシーもレンタカーもないです。歩いて行けないことはないが、景色を見ながらゆっくり歩けば1時間はかかります。真夏だと日陰もないのでかなりきついでしょう。
 そんな慶留間島に惚れて移住したのが、この島の達人の大阪出身の島人、前田正樹さん。「かれこれ10年以上住んでいますが、まだまだ島のことで知りたいことがたくさんあるんです」。この島への興味は尽きないようです。一見何もないと思われがちな慶留間島で達人が魅力に思っているのはどんなことなのでしょうか。

好きな時にすぐに泳げる島人のプライベートビーチ

集落前のあるビーチには何もないが、その素朴さがいい

  「子どもたちが遊ぶから」と前田さんが連れて行ってくれたのは慶留間の港の横にある集落前のビーチ。観光客の姿は全くありません。穏やかでキレイなプライベートビーチです。
 「こんなビーチが集落の前にあって、いつでも好きな時にすぐに入れるなんて、ぜいたくでしょ? 島人ならではの特権だよね」と達人は笑います。シャワーも何もないですが、観光客だって利用可能。さっと海水を流すために、ペットボトルに水を入れていけば案外代用できるものです。湾内なので波も穏やかです。夏以外の季節であれば、本を片手にやってきて、波の音を聞きながらの読書もいいでしょう。
 子どもたちがこんなの見つけたよ!と持ってきたのはシカの骨でした。ケラマジカでしょう。ここは彼らにとってもお気に入りのビーチだったのかもしれません。人と一緒に海水浴を楽しむことはないからご心配なく。
 一度島を出て、戻ってきた前田さんのパートナーもこんな風に言っていました。「島に帰ってきて良かったと思うのはこういう時間。かけがえのないものでしょう。子どもたちを安心して泳がせられる」。ごもっともでした。これが日常だなんて、なんて羨ましいのでしょうか。少しの間だけでもお裾分けしてもらいましょう。ちなみに、ビーチ脇には島の行事をする時に拝む場所があるのですが、残念なことに年々島の行事の数が減ってきています。それをできる神人がお隣の阿嘉島も含め少なくなっているからだといいます。

重要文化財「高良家」の番人、武次郎おじぃに会いに行く

武次郎おじぃと話していると、昔の慶留島の風景がよみがえる

  前田さんのおすすめスポット「沖縄県重要文化財 高良家」の番人をしているのが、武次郎おじぃこと、中村武次郎さん。番人を始めて、もう10年になるといいます。高良家を見学に行くと、大きめの音量でラジオを聴きながら屋敷の中の日影になる一角に座り、やってきた人を満面の笑顔で迎えます。
 「どうぞどうぞ、上がって上がって」。せっかくなので、勧められるままに高良家の座敷に上がりこみ、ゆんたく(おしゃべり)を決め込みました。おじぃの話を聞いていると、島の昔の様子がよく分かります。
 武次郎おじぃは、戦後の若かりし頃、カツオ船の漁師だったといいます。当時の島はカツオ漁に沸き、カツオ御殿も建っていたほどです。漁は30人ほどの島の男が船に乗り込み一本釣りでカツオを釣り上げました。隣の竿と絡まないように、カツオを傷つけないようにと、細心の注意を払わなければならないのです。一人前の漁師になるには2年ほどの下積みが必要だったそうです。
 「男たちが港に戻ってくると、10人ぐらいの女たちが待ち構えていて、釣ったばかりのカツオをすぐにさばいて乾燥させたんだよ。これで極上の鰹節ができる。他のところのカツオは、遠洋まで行って氷漬けにして持って帰ってくるけど、慶留間じゃ、そのまま持ち帰ってくるからカツオの鮮度が違う。だから鰹節にした時のおいしさも違うわけ」。大人気で、業者が買い付けのために作業場で待っているほどだったといいます。
 ひとしきり話が終わると「棚の中の三線を取ってきなさい」と言われ、おじぃに三線を渡すと、十八番の歌を歌い始めました。「安里屋ユンタ」です。手拍子をリクエストされ、一緒に盛り上がります。レパートリーはかなりありそうですね。随分と長居をしました。

慶留間島の旅の終わりは、イタリアンとワインで乾杯

慶留間島の旅の終わりは、イタリアンとワインで乾杯

  達人の前田正樹さんが、この島が気に入った理由のひとつに、島の人の親切さをあげました。
 「自分は料理人ですから、いろいろな野菜を自分で育てたくなったんですが、その時に慶留間島のおじぃが無償で畑を貸してくれたんです。しかも、この土地で野菜を作る時のコツを教えてくれたり、慶留間島野菜の株分けをしてくれたりした。この島にお礼をしないとって思ったんです」。前田さんは、昔からある島の小豆や島らっきょうなどはもちろん、その他に、何とかこの土地に合う野菜はないかと試行錯誤しています。
 「これまでの成功は西洋ネギ、ビ―ツ、ズッキーニ、ミニパプリカ、エディブルフラワー(食用花)などです。これからも島の自然と格闘していき、お店に食べにきてくれる観光客や島の人たちに喜んでもらいたい」と前田さんは語ります。島内でハイカラな野菜を育てている畑を見つけたら、間違いなく前田さんの畑です。
 そして、そんな恩返しを形にしたのが達人の店「慶留間gnon(ゲルマニヨン)。何もない島にできたレストラン。おいしい物好きの間ではうわさになっていて、座間味島や渡嘉敷島からもランチにディナーにやってきます。阿嘉島観光客もやってきます。「食材はできるだけ島のものを使い、野菜はできるだけ自分で育てている。お隣の阿嘉島のお豆腐屋さん<竹子の手作り豆腐>を使うこともある。慶留間島ならではのイタリアンです」。
 ランチの前菜にでてきたのは、自家製島にんじんとパプリカのピクルス、スクのフライ、セイイカの白子、グァバにパパイヤに、盛り付けを締める青色のエディブルフラワーのバタフライピー。この花も前田さんが畑で咲かせたものです。「ハーブティにも使われることが多いバタフライピーだけど、これを使って炊き込んだご飯、ブルーライスを出したこともある」。その他には冷製スープ、パスタ、自家製パンに肉料理に、デザートとひと通り堪能させてもらいました。
 島のおばぁたちが作る素朴な沖縄料理も魅力ですが、この島の食材を使った珍しくて、おしゃれな料理も旅の強烈な思い出になるでしょう。ディナータイムはテラス席でワイン片手に島風を受け、慶留間の夜を締めくくるのもいいですね。

【達人の店】
「慶留間gnon(ゲルマニヨン)」

[たびらいセレクション]

沖縄のホテル特集 最安値プラン!公式サイトからのご予約がお得

慶留間島おすすめ情報

島の自慢スポット3

  小さな島だけに、どこでも海が見られますが、とりわけ達人お気に入りの慶留間島のスポットを紹介します。

  • NO1
  • NO2
  • NO3
おすすめポイント
  慶留間島は周囲約5キロの島なので、どこに行っても海のある景色に出くわしますが、まずは、阿嘉島からの玄関口「阿嘉大橋」。さっと通り過ぎるのはもったいない景色です。外地島から見た「慶留間幼・小・中学校の景色」には、だれもが感動するでしょう。なんとも羨ましい環境の学校。もともとは校庭と砂浜はつながっていたそうです。重要文化財「高良家」は、その昔、船乗りの里だった名残りを見ることができます。

慶留間島のお隣、外地島の自慢スポット

  車で通り過ぎるだけではもったいない、慶良間の海を堪能しながら外地島へ。そしてここには、沖縄の歴史を物語る碑がありました。

  • NO1
  • NO2
  • NO3
おすすめポイント
  阿嘉島から慶留間島、そして外地島へ。車で通り過ぎるにはもったいない、風光明媚な慶良間の海にかかる橋。阿嘉島・慶留間島・外地島に住んでいるケラマジカも橋を渡って各島を行き来するという話も聞きますが、ここは歩いて渡ることをおすすめします。透明度抜群の慶良間の海の美しさを、海面の上から見下ろすことによってまた違う角度で楽しめます。集落を走る大きな道は、2つの橋へとつながっていて、「外地展望台」は外地島の慶良間空港前にあるのですが、現在、慶留間島の管轄になります。ここからは滑走路も見えます。そしてここには、戦争の傷跡も多く残っていて、太平洋戦争で最初に米軍が上陸したのがこの島。祈念碑があります。

那覇のホテル探しなら「推し宿」

  • 那覇の格安ホテル5選
  • 空港送迎が無料!沖縄ホテル4選
  • 那覇で朝食がおすすめ ホテル5選
編集部の視点
  沖縄のいい宿研究会が厳選した那覇周辺のホテルを目的別にご紹介。お得に楽しくホテルを選んで沖縄を旅するヒントがたっぷり詰まっています。自分好みのプランがきっと見つかるはず。
⇒「推し宿」をもっと見る

慶留間島への交通アクセス

フェリーで

  那覇・泊港から阿嘉島まで高速船で約50分、フェリーで1時間30分。
阿嘉島からは宿の送迎、もしくはレンタサイクル。

【料金】
フェリーざまみ:片道2120円、往復4030円
高速船クィーンざまみ:片道3140円、往復5970円

【時刻】
1日1往復便

詳しくはこちら

慶留間島での交通アクセス

レンタサイクル・レンタバイク

  阿嘉島のレンタルショップしょう(電話090-1179-2839)で借ります。
このほか、阿嘉島の宿でのレンタサイクルやバイクを利用します。

慶留間島のQ&A

Q どんな宿があるの?
A 島内には民宿やゲストハウスがあります。また前日那覇に宿泊して朝一で島へ向かう人、島で遊んで夜は那覇に泊まる人も多く、那覇エリアも宿泊には便利です。
⇒那覇エリアのおすすめホテルランキングはこちら
Q 慶留間島にも奥武島という離れ離島があるって本当?
A くば岩・うぶ岩と呼ばれているものの総称で、沖縄に数カ所ある奥武島のひとつがここにもあります。奥(おお)は青(あお)に通じ、遠い彼方にあるとされている異世界・ニライカナイへの入り口になっている、慶留間島の人たちの拝所。
Q ケラマジカにえさをあげてもいい?
A ケラマジカは野生のシカ。基本的にエサを与えないように。
格安で沖縄を楽しむ方法を紹介!

  セールやバーゲンだけじゃない!格安に沖縄を楽しめる方法を紹介。
ホテル、パッケージツアー、レンタカー、海遊びなど、お得に南国リゾートを満喫できるアイデアが盛りだくさん。
 ファミリー、カップル、友達同士、どんな旅行スタイルでも満足できる格安リゾート旅ならおまかせ!

⇒格安で行く沖縄旅行特集を読む

いざないの一枚

沖縄を“旅”してみませんか?

-沖縄旅行に役立つおすすめ情報を紹介-

慶良間諸島のおすすめ情報

沖縄本島から気軽に行ける青い島

慶良間の人気離島「座間味島」の楽しみ方

渡嘉敷島の美しさはまさに別天地

慶良間諸島を代表する渡嘉敷島の楽しみ方

ダイバーに人気のあの島

慶良間諸島のひとつ「阿嘉島」の楽しみ方

大きなクジラが海を悠々と泳ぐ姿に感動

沖縄の冬おすすめ「ホエールウォッチング」

慶良間諸島の海と厳選ポイントを紹介

沖縄シュノーケリング 慶良間諸島編

日帰りでも行ける離島のビーチを紹介

おすすめ沖縄ビーチ 慶良間と本島周辺離島

渡嘉敷島/渡嘉敷島を代表する人気ビーチ

阿波連ビーチ(あはれんビーチ)

渡嘉敷島/360度のパノラマで慶良間が一望できる

西展望台(赤間山展望台)

阿嘉島/トレッキング感覚で訪れたい展望台

タキバル展望台(中岳展望台)

安室島/慶良間の海を満喫できる無人島ビーチ

アムロオオハマ

本島北部の観光スポット

本部町/沖縄の海を再現した感動的な光景

沖縄美ら海水族館の楽しみ方を徹底ガイド

今帰仁村/海と城壁を望む絶景ポイント

世界遺産・今帰仁城跡の楽しみ方

今帰仁村/県内外から注目される話題の新名所

絶景!古宇利大橋で行く古宇利島の楽しみ方

名護市/パイナップル尽くしの観光スポット

人気観光施設「ナゴパイナップルパーク」

名護市/地元ビールの魅力に迫る

オリオンハッピーパークでビール工場見学

名護市/やんばるの玄関口にある道の駅

やんばる土産がそろう「道の駅許田」の魅力

恩納村/昔ながらの沖縄を体験しよう!

人気観光施設「琉球村」の楽しみ方

恩納村/沖縄を代表する絶景スポット

絶景の人気観光地「万座毛」の楽しみ方

国頭村/沖縄の最北端の景色を楽しむ

絶景の人気観光地「辺戸岬」の楽しみ方

ヤンバルの自然豊かなビーチを紹介

おすすめ沖縄ビーチ(本島・北部編)

本島中部の観光スポット

読谷村/個性豊かなやちむん工房が集まる

読谷・やちむんの里でおとなの沖縄土産選び

読谷村/戦国時代の要塞の最高傑作

世界遺産・座喜味城跡の楽しみ方

読谷村/沖縄本島で最後に夕日が沈む場所

絶景の人気観光地「残波岬」の楽しみ方

読谷村/沖縄の文化や伝統を体験しよう

人気観光施設「体験王国むら咲むら」の魅力

うるま市/四季折々の沖縄の植物が見れる

人気観光スポット「ビオスの丘」の楽しみ方

うるま市/人々に慕われた王「阿真和利」の居城

世界遺産・勝連城跡の楽しみ方

うるま市/古からの伝統を引き継ぐ島

海中道路で行く・浜比嘉島の楽しみ方

北中城村/風光明媚なグスク跡

世界遺産・中城城跡の楽しみ方

北谷町/観覧車がシンボルの人気エリア

人気リゾート美浜アメリカンビレッジの魅力

個性豊かな本島中部のビーチを紹介

おすすめ沖縄ビーチ(本島・中部編)

本島南部の観光スポット

南城市/沖縄の定番パワースポット

沖縄の聖地・斎場御嶽の正しい楽しみ方

南城市/ニライカナイに一番近い神の島

神の島・久高島のおすすめの見どころ

南城市/てんぷらで有名な奥武島を紹介

揚げたての沖縄風てんぷらが名物「奥武島」

豊見城市/那覇空港近くのビーチの美しい小さな島

飛行機と温泉が名物「瀬長島」の楽しみ方

那覇市/朱に彩られた王城の魅力に迫る

沖縄観光の定番「首里城」の楽しみ方

那覇市/沖縄本島で最も有名な観光ストリート

沖縄観光の定番「国際通り」の楽しみ方

那覇市/国内有名ブランドが免税価格で買える

DFSギャラリア沖縄で免税ショッピング

那覇市/多くの観光客でにぎわう

那覇の人気観光地・牧志公設市場の楽しみ方

那覇市/昭和の懐かしい雰囲気が残る市場

那覇の穴場観光スポット「栄町市場」の魅力

アクセスに便利な本島南部のビーチを紹介

おすすめ沖縄ビーチ(本島南部編)

その他の達人指南を見る

世界有数の美しさを誇る座間味島の海

「座間味島の楽しみ方」 慶良間諸島を代表する離島
那覇から高速船で50分!沖縄本島から気軽に渡れる青い島。慶良間諸島を代表する離島・座間味島で観光客も島人もみんなが頼りにする島唯一のストアー「105」を中心に座・・・

島一番の人気のビーチ「ニシハマ(北浜)ビーチ」

阿嘉島では絶対にダイビングをしよう! いざ青の世界へ
阿嘉島(あかじま)の海はとにかく美しく、世界中からダイバーが集まる人気の離島です。阿嘉島に宿泊して、美しい海を満喫しよう。

穏やかな慶良間の海が広がる

渡嘉敷島で美しきケラマブルーを満喫しよう
慶良間諸島の渡嘉敷島(とかしきじま)では、"ケラマブルー"と呼ばれる透明度の高い海を求めて世界中からたくさんの人が訪れます。

沖縄本島から車で行ける近さながら、とびきり美しい海が広がる

「瀬底島」車で日帰りできる美しき離島
車で行ける美しい離島・瀬底島。ビーチをはじめ、サトウキビ畑や色鮮やかなブーゲンビリア、赤瓦の屋根の古民家など、沖縄の原風景に出合えます。

集落に延びる風情ある路地

渡名喜島。穴場の島で ゆるりと過ごす大人のひとり旅
那覇からフェリーで2時間ほど。渡名喜島は、宿が限られているため観光客が少なく、島を静かに満喫できる穴場スポット。とにかくゆっくりしたいという人にはおすすめの島で・・・

慶良間の海はウミガメやクマノミが泳ぎ回る(渡嘉志久ビーチ)

慶良間と沖縄本島周辺離島のおすすめビーチ
沖縄本島からフェリーや飛行機で30分から1時間程度で行ける慶良間諸島や本島周辺の離島。島へ渡れば、都会の喧騒を忘れさせてくれるゆったりした時間が流れています。日・・・

「阿波連ビーチ」の海中風景。これが遊泳ブイの内側とは驚きだ

沖縄シュノーケリング 慶良間諸島編
サンゴ礁の海に囲まれた沖縄は、水面に浮かびながら海中散歩を楽しめるシュノーケリングの絶好のロケーション。沖縄のシュノーケリング・ポイントを知り尽くした達人が慶良・・・

送迎船で久米島から約20分のハテの浜

久米島は「はての浜」以外も楽しい ホタルに森散策
那覇からも気軽に行ける離島として人気がある久米島(くめじま)の情報をお届け。絶景の「はての浜」の行き方や楽しみ方だけでなく、その他の魅力的な観光スポットを一挙に・・・

海抜87.6メートル、島の西端にあるマハナ展望台から東を望む

粟国島 独特の景観や特産品など魅力多き絶海の孤島
慶良間諸島のさらに北西にある絶海の孤島・粟国島。周囲12.8キロメートルの小さな島ですが、火山活動による特異な景観や粟国島ならではの特産品、フクギ並木や石垣に赤・・・
×