沖縄の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索
  1. たびらい
  2. 観光情報
  3. 沖縄観光情報
  4. 美浜アメリカンビレッジ周辺で“異国情緒”を満喫
美浜アメリカンビレッジ周辺で“異国情緒”を満喫の記事イメージ

美浜アメリカンビレッジ周辺で
“異国情緒”を満喫

海岸沿いに建つアメリカンな街並み、光り輝くネオン、街歩く外国人たち…。異国情緒あふれる美浜アメリカンビレッジの魅力を紹介します。

更新:2017年9月29日

[タイアップ]

アメリカンな街での過ごし方の記事イメージ

アメリカンな街での
過ごし方

大きな観覧車が目印の美浜アメリカンビレッジへ。

デポアイランドの街並み
そこは映画のオープンセットのような異国感あふれるリトルアメリカ。
アパレルショップのディスプレイ
おしゃれな雑貨やアパレルショップが多く集まります。
海沿いのカフェのテラス席
歩き疲れたら、海沿いのカフェに立ち寄り、テラス席でのんびりと。
ZHYVAGO COFFEE WORKS OKINAWAのドリンク
ZHYVAGO COFFEE WORKS OKINAWAは外国人のリピーターも多い人気店です。
サンセットビーチ
日没まであと少し。夕日を見にサンセットビーチへ。
西海岸の夕日
何度見ても飽きることのない西海岸の夕日。
トワイライトタイム
夕日が沈んだ後のトワイライトタイムも幻想的です。
ネオン輝く美浜アメリカンビレッジ
日が沈んでも街はまだまだ眠りません。ネオン輝く大人の雰囲気に。
夜の美浜アメリカンビレッジ
地元の外国人に人気のカフェの記事イメージ

地元の外国人に
人気のカフェ

美浜アメリカンビレッジに寄ったなら、ぜひ地元の外国人が集うおいしいお店へ。おいしい料理はもちろん、英語が飛び交う外国の雰囲気も味わえますよ。

ZHYVAGO COFFEE WORKS OKINAWA

ZHYVAGO COFFEE WORKS OKINAWA
北谷のアメリカンビレッジ内で人気のコーヒースタンド。オーシャンフロントに建つ店舗はアメリカ西海岸をイメージさせる雰囲気で外国人のリピーターも多く、店内にはオーナー自らがポートランドから直接買い付けた家具や雑貨が並び、洗練されたインダストリアルな空間に仕上がっています。

詳細はこちら

Transit Café

Transit Café
地元外国人にも大人気のカフェ。その秘密のひとつは、料理のおいしさはもちろん、ボリュームとメニューの多さ。しかも、おしゃれ!豊富なサイドメニューを頼んで、30種類以上のアルコールフリーカクテルの中から注文するスタイルも観光客に人気です。

詳細はこちら

The shack OKINAWA

The shack OKINAWA
大迫力のサイズかつ変わったフレーバーのシェイクを出すお店。この味を求めるお客さんで、お店は連日大盛況。客層はやはり米軍関係者が多いですが、その見た目のインパクトからインスタグラムなどのSNSで広まり、地元の人や観光客も多く訪れます。

詳細はこちら

その他、アメリカンビレッジ周辺のおすすめグルメはこちら

お土産に!アメリカ雑貨やTシャツ

美浜アメリカンビレッジには、かわいらしいアメリカ雑貨&古着のほか、沖縄らしい大人が着たくなるおしゃれな服や、ちょっと変わったTシャツなど、沖縄土産にぴったりなお店がたくさんあります。

アメリカンデポ american depot

アメリカンデポ american depot

美浜アメリカンビレッジの中心に位置するアメリカンデポ。ヨーロッパやアメリカより直輸入のヴィンテージ物をはじめ、ミリタリーグッズや、Tシャツ、ブーツ、バッグなど全身コーディネートができるアイテムが満載です。

詳細はこちら

琉球ぴらす 美浜デポアイランド店

琉球ぴらす 美浜デポアイランド店

「大人が着たくなるTシャツ」をテーマにオリジナルTシャツを展開。商品の中には優雅に舞う沖縄を代表する蝶や鳥など、沖縄に息づく生き物をアレンジしたものも。自分用に、贈り物に、着る人の個性に合った1枚を見つけてみて。

詳細はこちら

Habu Box(Akara店)

Habu Box(Akara店)

1979年創業のプリントTシャツの老舗店。オリオンビールやメイクマンなど、県内企業のロゴをあしらった「沖縄ザ・アイコンT」は沖縄土産にぴったりです。伝統工芸、金細工の老舗「金細工またよし」のアクセサリーもおすすめ。

詳細はこちら


ローカル案内役
井上 滉(たびらい編集部)

浦添市出身。沖縄の海が大好きで、週末はシュノーケルを楽しむ。月に一度は県内ホテルに泊まるホテル通。

[タイアップ]

詳しく知る

基本情報

アメリカ西海岸をイメージした海のリゾート
アメリカ西海岸をイメージした海のリゾート

海に沈む夕日を眺めながら夕涼みを楽しみます
海に沈む夕日を眺めながら夕涼みを楽しみます

アメリカンな街並みは歩いて眺めるだけでも楽しい
アメリカンな街並みは歩いて眺めるだけでも楽しい

美浜アメリカンビレッジとは?

沖縄本島の中部にある北谷(ちゃたん)町に、平成10年(1998)から順次、商業施設がオープンしてきた一大リゾートが「美浜アメリカンビレッジ」です。

美浜アメリカンビレッジでは、夕方のビーチタイムを見逃さないように。隣接するサンセットビーチは、その名の通り夕日の名所。ビーチは開けた場所にあるので、どこからでも美しい夕日を眺めることができます。記念撮影をするなら、桟橋の上で夕日に背を向け、順光で撮るのがおすすめ。気合いを入れてうっとりしたい、またはさせたい人は、観覧車から最高の夕日を眺めましょう。

早起きが得意な人には、日の出前にこのサンセットビーチを散歩することをおすすめします。美浜アメリカンビレッジ内の2つのホテルに宿泊するならなおさら。夕暮れ時には、観光客が押し寄せるサンセットビーチですが、朝日の昇る前の時間帯の西の海と空が美しいことは、あまり知られていません。砂はひんやりとして、裸足で歩いても熱くなく、むしろ気持ちがいいです。空は紫から青へ、刻一刻と変化していきます。雲が浮かんでいれば、ピンク色に光ったりするからたまりません。
北谷・読谷のホテル予約はこちら

ビーチでサンライズタイムを楽しんだ後はグルメでお腹を満たそう。美浜アメリカンビレッジ内やその周辺には数多くのおいしいお店があります。美浜アメリカンビレッジ内の多くのレストランにはテラス席があるので、景色を楽しみながらおいしいごはんを。
沖縄本島中部・北谷(ちゃたん)町の絶景おすすめカフェ7選はこちら

衣料、アクセサリー・雑貨、飲食店、ギャラリーなど約60店舗の入ったデポアイランドは海近くに位置しています。小道に、個性的なショップが軒を連ねていて、歩いて眺めるだけでも楽しいです。ホットドックやタコスなど、食べ歩きに適したフードショップもあります。歩き疲れたら側のベンチでほっと一息。自分のペースでゆったりとした沖縄時間を楽しみましょう。そして文句なしに最高なのは、観覧車に乗って夜空を散歩すること。地上60メートルの高さから見渡す、光の地上絵と化した美浜アメリカンビレッジの夜景は必見です。

美浜アメリカンビレッジのアクセス・施設情報

那覇方面からアメリカンビレッジまでは、車で国道58号線を北上して約40分。途中には、ユーズド家具のショップが並ぶ宜野湾大山エリアがあります。恩納村のリゾートエリアからは、車で国道58号線を南下し、約30分。途中には伝統的な焼き物の工房の集まる、やちむんの里(読谷村)があります。


施設情報

【住所】沖縄県中頭郡北谷町字美浜16-2
【電話番号(問い合わせ)】098-926-5678
【営業時間】各施設による
【定休日】各施設による
【利用料金】無料
【駐車場】無料(約1500台収容)


車(レンタカー)で

【那覇方面から】
国道58号線を北上し、約40分。高速道路を利用する場合は、沖縄自動車道 沖縄南ICで下りて、15分程度。
【名護方面から】
国道58号線を南下し、約1時間15分。高速道路を利用する場合は、沖縄自動車道 沖縄南ICで下りて15分程度。


バスで

那覇バスターミナル(ゆいレール旭橋駅から徒歩3分)から20番(名護西線)、28番(読谷:楚辺)線、29番(読谷:喜名線)、120番(名護西空港線)系統の路線バスで約50分。「軍病院前」で下車し、徒歩10分。

美浜アメリカンビレッジのQ&A

サンセットビーチで、ゴザやパラソル、浮き輪などを借りることはできますか?

パラソル(2000円)、マット(1000円)、ベッドセット(3000円)、浮き輪(1500円~)など各種レンタルができます。そのほか、冷水シャワー(3分100円)や更衣室、ロッカー(200円)、トイレがあります。また、ビーチにはプール&温浴施設「テルメヴィラちゅらゆ(利用料700円~1600円)」が隣接している。冷えた体を温泉で温めるのもいいでしょう。海の家では生ビールやカクテル、シェーブアイス(かき氷)、軽食が食べられます。また、事前に予約すれば、テント・器材・食材すべてをレンタルし、手軽にバーベキューを楽しむこともできますよ。(問い合わせ先:北谷公園サンセットビーチ管理事務所 098-936-8273)

別のエリアのホテルに宿泊している場合、交通手段はどうしたらいいでしょうか?

ビーチサイドやレストランでアルコールを飲みたい人は、タクシーを利用して。美浜アメリカンビレッジ内には、タクシーが待機しているのでスムーズに移動できる(初乗り運賃550円)。そのほか、レンタカーで美浜ビレッジに乗り付け、帰りは立ち寄った店で運転代行の手配を依頼するという手段もあります。
レンタカー予約はこちら

この記事を見ている人におすすめホテル情報

トップに戻る

最新情報はこちらからチェック!

旬な観光情報を現地からお届け