沖縄の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索
  1. 「やちむん」400年続く人気の伝統工芸品

達人指南

現地の達人が旅行の楽しみ方を伝える観光コラムです。人気の観光地から知る人ぞ知る穴場まで、達人だからこそ分かる一歩踏み込んだ“通”な情報を紹介しています。

「やちむん」400年続く人気の伝統工芸品

  やちむんとは、沖縄の方言で焼き物のこと。長年の伝統が受け継がれている民芸品で、日常的に利用できる食器は沖縄旅行のお土産としても人気が高い。

さまざまな色や柄の「やちむん」撮影協力/壺屋焼 窯元 育陶園

  長年の伝統を継承しつつ、若い感性を加えた作品も増えている「やちむん」は、沖縄の生活用品としてはもちろん、現在では人気の観光土産となっている。
 やちむんの原点は、400年以上も昔の1600年頃で、まだ沖縄が琉球王国と呼ばれていた時代。その頃の琉球王国は小さな島国でありながら、中国やタイといった外国と交易を行い、すぐれた貿易国家へと成長していた。そんな琉球王国に、海外から陶磁器が豊富に持ち込まれ、焼き物の技術が発展、それが「やちむん」の原点となったのだ。

更新日/平成27年(2015)8月

《この記事を読む人におすすめの情報》

倉成 多郎 さん
(くらなり たろう)
倉成 多郎 さん

やちむんの魅力を発信する達人
  大分県生まれの名古屋育ち。平成13年(2001)より那覇市立壺屋焼物博物館に学芸員として勤務。現在は主任学芸員を務める。作品・資料の収集、保管、調査、研究などを行いながら、展示会の企画や開催なども担当。また、博物館に訪れた来場者に、歴史や展示物について説明するなど、やちむんの魅力を発信する案内人である。

琉球王朝時代から育まれてきた「やちむん」の魅力に迫る

水や泡盛を貯蔵する容器として使われていた壺

  食器や壺など、生活の道具として、沖縄の暮らしの中で愛用されているやちむん。沖縄の方言で「焼き物」のことを指す沖縄県産の陶器は、県外からも広く注目を集め、普段使いの器として若い女性を中心に人気が高い。
 やちむんの歴史は古く、琉球王朝時代にまでさかのぼる。「1616年、薩摩藩から朝鮮人陶工3名が技術指導のために琉球を訪れたことがきっかけです。その後、各地で焼き物が作られていたようですが、1682年に当時の尚貞王(しょうていおう)が焼き物産業の振興を目的に、県内に点在していた陶工を壺屋(つぼや)に集めたことが、壺屋焼誕生のきっかけです」と話す倉成さん。壺屋は現在の那覇市内にあり、国際通り牧志公設市場といった定番観光スポットのすぐそばに位置している。この地が選ばれた理由は、首里城と那覇の中間にあり、焼き物づくりに必要な水や土の確保が容易で、薪や粘土などの物資を受け取るために利用した安里川(あさとがわ)に近かったからだといわれている。「当時、主に作られていたのは、壺や甕。それらは“コンテナ”として利用されていたんです。泡盛を入れて離島や海外に輸出したり、海産物を入れて輸入したり。そこから皿や器といった家庭用品に発達していったと考えられています」と倉成さん。その後、壺屋焼が活気づいたのは、明治から大正時代の頃。泡盛の輸出が大幅に増え、壺の生産量が格段に増えたからだ。しかし、廃藩置県などを経て、琉球王国が沖縄県になると、県外から多くの安価な焼き物が流入し、壺屋焼は衰退してしまう。

壺屋焼の衰退と再生、読谷やちむんの里の誕生

明治時代以降には、沖縄の守り神シーサーも作られるようになった

  その後、壺屋焼は低迷するが、大正15年(1926)頃からはじまった民藝運動(みんげいうんどう)が再生のきっかけとなった。暮らしの中で愛用された日用品の中に“用の美”を見出し、活用する民藝運動は沖縄にも及び、壺屋焼の素晴らしさは全国に伝わった。この運動により復活した壺屋焼だが、今度は太平洋戦争の痛手を受ける。「幸い、壺屋地域の戦争被害は軽く、戦後すぐに活動を再開することができました。陶工たちは、戦争で失われた皿や器、壺などの生活用品の製作に励みました」と倉成さんは話す。
 戦後の復興に貢献した壺屋焼だが、1970年代に入ると、またしても問題に直面する。それは焼き物の製作時に発生する煙による公害問題だった。那覇市は、薪をたく登り窯の使用を禁止、陶工たちはガス窯への転換を余儀なくされる。途方に暮れた陶工たちを救ったのが、沖縄県中部にある読谷村(よみたんそん)だった。「当時、文化村構想を進めていた読谷村は、陶工たちに元米軍用地を提供し、そこに登り窯を作ることを提案しました。登り窯にこだわった人間国宝の金城次郎さんをはじめ、多くの陶工たちが読谷に移り住み、それから読谷は“やちむんの里”として大きく発展していったのです」。
 現在では、壺屋はやちむんの故郷、読谷はやちむんの聖地とも呼ばれ、どちらも多くの観光客が訪れる。倉成さんにそれぞれの地域の印象について聞いてみた。
「壺屋は、300年以上前から焼き物を焼き続けてきた場所。沖縄戦の被害が少なかったので、昔ながらの街並みが残っていて、戦前の風景を垣間見ることができます。読谷は1970年代から焼き物作りが始まった地域で、やちむんが好きな人たちが集まり、壺屋に比べるとまだまだ若いですが、パワーがある場所。新しいやちむんが次々と作られているというおもしろさがありますね」。

土の表情が残るアラヤチと彩りを加えたジョーヤチ

アラヤチの製法について説明する倉成さん

  現在、作られているやちむんは、大きく分けてふたつあると話す倉成さん。「アラヤチ(荒焼)とジョーヤチ(上焼)の2種類があります。アラヤチは1600年代の初めから作られているやちむんで、壺や水瓶など大型のものが多く、釉薬をかけずに焼き、土の表情が残っている。一方のジョーヤチは、釉薬で装飾が加えられたもので、食器、酒器、花器類など小さいものが多く、今日のやちむんの主流をなしていますが、昔は生産量が少なかったようです。その理由は、中国から陶磁器が輸入されていたので、作る必要がなかったから。当時の裕福な氏族たちは、中国産陶磁器や伊万里焼を使っていたといわれています」。釉薬の有無や大きさ以外にも違いがあり、アラヤチは低め、ジョーヤチは高い温度で焼き上げているそうだ。焼き上げの話が出たところで、倉成さんにガス窯と登り窯の違いについて聞いてみた。「どちらが良いというわけではなく、それぞれに特徴があります。ガス窯だと温度が安定しているので、きれいに焼き上がりますし、登り窯だと予想のつかない色やムラが出て、それが味になる。見比べると興味深いと思います」。

作り手の人柄が反映されたやちむんはおもしろい

城を模した厨子甕(ずしがめ)は、一般的な骨壺よりかなり大きい

  最近では、食器が主流の壺屋焼だが、昔のやちむんにはどんなものがあったのか。「変わったものでいえば、丁子風炉(ちょうじぶろ)でしょう。香炉に似た焼き物です。香辛料として使われるクローブを煎じて、室内に香りを発散させるもので、今でいうアロマのようなものですね。それから嘉瓶(ゆしびん)という、お祝い事に使われた酒器。「ゆし」は「かりゆし」に通じる言葉で、めでたい事を意味します。後は、昔の骨壺である厨子甕(ずしがめ)も独特の焼き物ですね」。さまざまな用途で作られたやちむんの多様性が魅力的だと話す倉成さん。現在では、日常使いしやすいものから高価な工芸品まで色々な種類の焼き物があり、さらに幅が広がったと感じているという。
「壺屋地域にも読谷にも魅力的な作家が多いです。例えば、読谷山焼・北窯の松田米司さんです。平成25年(2013)の9月から10月の上旬までイギリスで個展を開催されていました。ずっと登り窯にこだわりを持っていらっしゃる松田さんは、とても勉強熱心な方で、時々、うちの博物館にいらして倉庫を見学なさって(※注)、次のやちむん作りに活かしているようです。また、若手では、壺屋のギャラリー陶房んちゃぜーくの石倉一人さんです。瀬戸で修行されたそうで、県外の技術や模様を取り入れながら、おもしろいやちむんを作っていますよ。若い感性が吹き込まれたやちむんには、新鮮さを感じるはずです」
 多くの店舗が軒を連ねる壺屋、そして多くの工房が点在する読谷、どちらに行ってもお気に入りのやちむんがきっと見つかるはず。沖縄観光の際には、ぜひやちむんめぐりに訪れてみてはいかがだろうか。

※注 倉庫の見学は陶工のみが対象。一般の方は見学できません。

《厳選ホテル》

こだわる・癒される・よろこぶ 沖縄女子旅

やちむんを見て、学んで、楽しめる、おすすめスポット

やちむんに触れて学ぼう

  やちむんの“故郷”と“聖地”にはぜひ訪れたい。工房の中には、ギャラリーを併設しているところもある。作り手の人柄に触れ、作業風景を見ながら作品を選ぶのは、やちむんめぐりの醍醐味。

  • 一つ一つ手作りのやちむんは素朴な持ち味が魅力
  • 工房の奥には登り窯。たくさんの器が焼き上がるのを待つ達人
  • 壺屋焼物博物館
おすすめポイント
  壺屋には35ほど、読谷には、50ほどの店舗や窯元が集まっている。さまざまな窯元が作品を販売しているので、やちむん探しには最適だ。風情残る壺屋の街並や、読谷の自然豊かな風景を眺めながら、散策するだけでも楽しい。また、古いやちむんや人間国宝の作品が見たいなら、ぜひ壺屋焼物博物館を訪れよう。

やちむんで味わう郷土料理

  色の濃い、沖縄伝統の島やさいは、どっしりとしたやちむんがよく似合う。調理された料理がどのようなやちむんで登場するのか。そんなワクワク感も旅の楽しさのひとつだ。

  • NO1どの席からも美しい景観が満喫できる店内
  • NO2美しい庭越しには金武の海が見渡せる店内
  • NO3おうちのようなのんびりした空間
おすすめポイント
  地元作家の作品を使うなど、器にこだわるカフェも最近では多い。おいしいごはんを味わいながら、実際にやちむんの手触りや使い心地を感じてみるのも沖縄の店ならではだ。

たくさんのやちむんと出合える陶器市

  一度にたくさんのやちむんに出合うには陶器市がおすすめ。あれこれと迷うのも楽しいひとときだ。

  • NO1
  • NO2
  • NO3
おすすめポイント
  1ヵ所で数十種類のやちむんに出合える陶器市は、初心者にも上級者にもおすすめのスポット。陶工がスタッフとして店頭に立つこともあり、作品だけでなく、作者との会話を楽しむこともできる。驚くほどたくさんの種類があるので、好みの作家やお気に入りの一品に出合えるだろう。

那覇のホテル探しなら「推し宿」

  • 那覇の格安ホテル5選
  • 空港送迎が無料!沖縄ホテル3選
  • 那覇で朝食がおすすめ ホテル4選
編集部の視点
  沖縄のいい宿研究会が厳選した那覇周辺のホテルを目的別にご紹介。お得に楽しくホテルを選んで沖縄を旅するヒントがたっぷり詰まっています。自分好みのプランがきっと見つかるはず。
⇒「推し宿」をもっと見る

沖縄のいい宿研究会厳選!女子旅本島ホテル

達人が答えるやちむんのQ&A

Q 工房はいつでも見学できる?
A 工房によっては見学不可のところもある。訪れる前には必ず、電話にて確認しよう。
⇒工房見学へ行くレンタカー予約はこちら
Q やちむんを作ってみたい。
A 工房や店舗によっては、やちむん体験を実施しているところもある。
Q やちむんを持ち帰る際、割ってしまいそうで心配。
A 店舗によっては、郵便や宅配便などを利用して、発送を受け付けているところもある。
全部お任せ!観光バスでお得にラクラク沖縄観光

  観光スポットを効率よく、リーズナブルに巡るなら断然バスツアーがおすすめ。
 出発地や行きたい観光地からバスツアーを選べるので、自分にピッタリのツアーがすぐに検索OK。人気の観光地をバスで巡りながら、気楽に沖縄観光を満喫してみては?

⇒沖縄のバスツアー特集を読む

沖縄のいい宿研究会厳選!沖縄リゾートホテルランキング

いざないの一枚

沖縄のおすすめ観光情報

沖縄を感じられるカフェ

那覇市/絶品島野菜料理とワインを楽しむ

島やさい料理とオーガニックワイン 浮島ガーデン

那覇市/やちむんで沖縄食材を使った料理を楽しむ

さんご座キッチン

本部町/トロトロの軟骨ソーキは女性に人気

農芸茶屋 四季の彩(しきのあや)

本部町/手作りの器で味わう自家燻製料理

藍染茶房 藍風(うえーかぜ)

今帰仁村/北山王もお墨付きの眺望でランチはいかが?

カフェ こくう

沖縄市/沖縄風古民家で味わうおはぎは逸品

みやび茶屋・仲元(みやびちゃや なかもと)

名護市/築100年の古民家で島の恵みをいただこう

古民家cafe 喜色-kiiro-(きいろ)

南城市/古民家をリフォームしたお洒落なカフェ

Café 椰子並木(やしなみき)

糸満市/やちむん×県産食材のおしゃれなカフェ

土~夢 沖縄ショップ×カフェ(どーむ)

沖縄市/昔懐かしい古民家カフェ

ヤソウカフェ Yamacha(やぁまちゃ)

やちむんと沖縄雑貨のあるお店

那覇市/伝統のヤチムンが幅広くそろう

Sprout(すぷらうと)

那覇市/手作りの壺屋焼きで1日のはじまりを

guma guwa(ぐまーぐわぁー)

那覇市/感性を刺激される個性豊かな作品がそろう

陶・よかりよ(とう よかりよ)

那覇市/紅型初心者におすすめのスポット

紅型工房 首里琉染

読谷村/開放的な雰囲気で作品を楽しむ

横田屋窯(ゆくたやがま)

読谷村/4人の親方と若手のやちむんが手に入る

読谷山焼 北窯売店

読谷村/村じゅうの工房のやちむんを見て触れて買える

読谷村共同販売センター

南城市/手作り感たっぷりのオリジナル紅型

虹亀商店(にじがめしょうてん)

本部町/質の高い紅型商品が手に入る

べにきち

沖縄市/沖縄のいいものを集めたセレクトショップ

Flagship OKINAWA(ふらっぐしっぷ おきなわ)

おすすめの観光スポット

名護市/パイナップル尽くしの人気スポット

人気観光施設「ナゴパイナップルパーク」

名護市/沖縄の地ビールを見学

オリオンハッピーパークでビール工場見学

読谷村/沖縄の文化や伝統を体験

人気観光施設「体験王国むら咲むら」の魅力

恩納村/昔ながらの沖縄を体験しよう

人気観光施設「琉球村」の楽しみ方

本部町/沖縄の海を再現した感動的な光景

沖縄美ら海水族館の楽しみ方を徹底ガイド

うるま市/四季折々の沖縄の生態系が見れる

人気観光スポット「ビオスの丘」の楽しみ方

南城市/本島南部を代表する観光スポット

「おきなわワールド・玉泉洞」の楽しみ方

那覇市/奇跡の1マイルと呼ばれた道

沖縄観光の定番「国際通り」の楽しみ方

那覇市/多くの観光客でにぎわう市場

那覇の人気観光地・牧志公設市場の楽しみ方

今帰仁村/県内外から話題の新名所として注目される

絶景!古宇利大橋で行く古宇利島の楽しみ方

沖縄の世界遺産

琉球王国のグスクを詳しく解説!

沖縄の世界遺産「グスク」の楽しみ方

うるま市/本島中部地域きっての名城の魅力を紹介

沖縄世界遺産・勝連城跡の楽しみ方

今帰仁村/海と城壁を望みながら琉球の歴史を知る

世界遺産・今帰仁城跡の楽しみ方

読谷村/15世紀初頭の最高傑作のグスク

沖縄世界遺産・座喜味城跡の楽しみ方

南城市/沖縄の御嶽の中で最も格の高い聖地

沖縄の聖地・斎場御嶽の正しい楽しみ方

北中城村/風光明媚なグスクを紹介

世界遺産・中城城跡の楽しみ方

那覇市/朱に彩られた王城の魅力に迫る

沖縄観光の定番「首里城」の楽しみ方

那覇市/琉球王家の別邸「おもてなしの館」を紹介

世界遺産「識名園」の楽しみ方

那覇市/琉球王朝の王族が眠る神秘的な陵墓

玉陵(たまうどぅん)

那覇市/国王の外出の際に道中の無事を祈った御嶽を守る門

園比屋武御嶽石門(そのひゃんうたきいしもん)

その他の達人指南を見る

工房の奥には登り窯。たくさんの器が焼き上がるのを待つ達人

やちむんの里 読谷でお気に入りの器を探す旅
沖縄の伝統的な焼き物「やちむん」は、日々の暮らしの中で使うほどに味が出る器。「やちむんの里」は、そんなやちむんを作る15もの工房が軒を連ねる工芸の村です。職人の・・・

一つ一つ手作りのやちむんは素朴な持ち味が魅力

壺屋やちむん通り かわいい器に出会えるのんびり旅
焼き物(沖縄の方言で「やちむん」と呼ぶ)のまち・壺屋。伝統的な焼き物を扱うお店に加え、最近では現代的なアレンジを加えたかわいらしい商品を扱うお店も。周辺をのんび・・・

独特の色合いやデザインが印象的な琉球漆器

「琉球漆器」日常で使いたい伝統工芸品
沖縄の土産品店に立ち寄ると、艶のある黒地や、明るい朱色にハイビスカスやゆうなの花模様、光沢のある貝を使って装飾する螺鈿細工(らでんさいく)を施した皿や椀を見かけ・・・

芭蕉布で作られた着物。長い間に渡り沖縄で愛されてきた

芭蕉布 100年続く沖縄伝統の高級織物
素材、染料などすべて自然の素材から作られる「芭蕉布」。100年以上の歴史を持ち、技術を継ぎ、国の重要無形文化財に指定されているその魅力を、達人に聞く。

宮城守男さんの作品。沖縄の風景をモチーフにした美しい紅型の帯

「紅型」沖縄の自然を映し出した伝統の染物
沖縄を代表する伝統の染物「紅型(びんがた)」。鮮やかな色彩や繊細な文様は、まるで沖縄の自然を映し出したかのようだ。

女性に特に人気が高い赤のミンサー織り

石垣島のミンサー ロマンチックな伝統工芸
石垣島を代表する伝統工芸品のひとつである八重山ミンサー。ロマンチックな意味が込められたミンサー柄は、織物製品にとどまらず、雑貨品や街の中でも見ることができる。お・・・

鮮やかな色合いは、まるで沖縄の豊かな自然を表しているようだ

「琉球ガラス」のおすすめ店はどこ? アクセサリーから体験
国際通りや空港などでよく見かける「琉球ガラス」。種類や店舗は多いけど、本当におすすめのお店はどこなの?そういった疑問にお答えすべく徹底調査。女性に人気のアクセサ・・・

やちむん(焼物)は人気の工芸品。シーサーづくりにチャレンジ

「沖縄の伝統工芸」おすすめ&人気のお土産
陶器、染織物、ガラスなど、沖縄は伝統工芸の島。伝統工芸の魅力の奥深さを達人の視点で紹介。

お土産店のメッカ、牧志公設市場付近。果物や野菜も豊富にそろう

「沖縄お土産ランキング」最新から定番まで!
せっかくの沖縄旅行なのだからお土産は沖縄らしいものをぜひ選びたいもの。「誰もが大満足!」の義理みやげ系から、「あの人には絶対にこれ!」という決め打ち系まで、売れ・・・