1. 石垣島で南十字星が見られる季節に

ニュース

お得なパッケージツアーやアクティビティ、イベント情報、新発売の商品など、現地編集部が独自の視点で取材したニュースを毎日配信しています。

石垣島で南十字星が見られる季節に

【投稿日】2017年12月19日(火)| 沖縄発

石垣島では12月下旬から6月の末ごろまで南十字星を見ることができます。南十字星は南方にある星座のため、北半球ではなかなか見ることができません。

この期間中は水平線の少し上から十字がきれいに立つ姿が見られます。南中時間の前後1時間が見ごろで、1月初めまではこの時間前に、6月15日以後はこの時間のあとに1時間程度見ることができます。「南中」とは星が真南の方角に昇ること。

直近の南中時間は12月24日で朝6時20分、1月1日は6時30分、1月15日で5時37分となる。翌日ならこの時間から4分引けば、その日の南中時間となります。(例 12月25日は前日から4分引いた時間、6時16分になります)

石垣島では21個ある一等星の全てを見ることができ、星座も全部で(国際天文学連合が定めた)88あるうちの84を見ることができます。本州では見られない星も多く見られ、観測できる星の数は日本で一番ともいわれています。


石垣島天文台と石垣島の星空の楽しみ方


[たびらいセレクション]


あわせて読みたい!

今、この宿、見られてます