那覇空港からゴーヤーパークまでの距離と所要時間の目安

沖縄長寿の秘訣を求めて、一路やんばるへ

ゴーヤーパークの水耕栽培見学農場

那覇空港から名護市のゴーヤーパークへは約84キロのドライブ。沖縄自動車道を使って約1時間30分、国道58号でも2時間10分程度だ。周辺にはナゴパイナップルパークやOKINAWAフルーツらんどなど、屋内型の観光地が集中しているので、雨の日の観光にぴったりのドライブコース。

 高速道路利用の場合、空港から国道331号を経由して約10分、豊見城・名嘉地ICから那覇空港自動車道(無料区間)へ。西原JCTで沖縄自動車道へ合流し、終点の許田ICまで。国道58号へ合流したら名護、国頭方面へ北上し、白銀橋(東)交差点を左折して県道84号へ入る。本部方面へ約4キロ走って、右に曲がれば300メートルほどで到着する。許田ICからは約14キロ、30分の距離。一般道を使う場合は、空港からそのまま国道58号を名護方面へ北上し、その後は高速利用の場合と同じ。時間は40分程度余計にかかるが、のんびり寄り道しながら国道58号をドライブすれば、多様な顔を持つ沖縄の街並みを楽しめるだろう。
移動距離も多いので、レンタカー選びはしっかりとおこなったほうがよい。

 ゴーヤーパークは名護市中山にある名前のとおりゴーヤーをテーマにしたテーマパークだ。ちなみに「ゴーヤ」だと思っている人が多いが、正しくは「ゴーヤー」と発音する。ゴーヤーの水耕栽培やゴーヤー茶の加工風景を見学したり、ゴーヤーを使った商品を試食したりと、まさにゴーヤーづくし。

 この先、本部町八重岳はカンヒザクラの名所として知られる。県道84号に戻り、8キロほど先にある八重岳入口から山を登ったところにある八重岳・桜の森公園では毎年1月第3土曜日から3週間にわたり日本一早い桜祭りが開催される。

【那覇空港⇔ゴーヤーパーク】
<距離>=約84キロ
<所要時間>=高速利用(豊見城・名嘉地IC~許田IC)の場合は約1時間30分
       一般道利用(国道58号経由)の場合は約2時間10分
<高速料金>沖縄自動車道・西原JCT~許田ICまで普通車950円
*那覇空港自動車道・豊見城・名嘉地IC~西原JCTまでは無料区間

あわせて読みたい!

今、この宿、見られてます