沖縄都市モノレール

「ゆいレール」の愛称で親しまれる、那覇市内を走る唯一の電車

沖縄都市モノレール「ゆいレール」は、那覇空港と首里を結ぶ沖縄唯一の軌道系の交通機関。2003年8月に開業。「ゆいレール」の「ゆい」は、助け合いを意味する「ゆいまーる」という沖縄の方言に由来している。駅間距離が1キロ前後、所要時間はほぼ1~2分以内で、那覇空港から首里までを27分で結ぶ。那覇空港駅は、2階連絡通路で国内線ターミナルと直結しており、那覇市内の主要スポットへの足として観光客にも定着している。

路線図

ゆいレールで行ける那覇市内の主要観光スポットをマップで紹介。

主要スポットへのアクセス

那覇市内は渋滞が多く、車での観光は時間が読みにくい。また、那覇市内は狭い路地に面した観光スポットもあり、徒歩での散策が向いている。ゆいレールを上手に使って、限られた観光の時間を有効に使おう。
国際通り

【最寄駅】県庁前駅
那覇空港から13分。「県庁前駅」下車、徒歩5分。「県庁北口」のスクランブル交差点を渡れば、国際通りの南側入り口に。みずほ銀行が目印。国際通りの北側入り口へは県庁前駅から2駅先の「牧志駅」から徒歩1分。
休日、夜、イベント……国際通りの楽しみ方を達人が伝授

沖縄土産のすべてがここで揃う

牧志公設市場

【最寄駅】牧志駅
那覇空港から16分。「牧志駅」下車、徒歩10分。蔡恩橋(さいおんばし)交差点から国際通りに入り、沖縄三越の先、むつみ橋交差点が市場の入口。
牧志公設市場の楽しみ方はこちら

購入した食材を使った料理が食べられる

栄町市場商店街

【最寄駅】安里駅
那覇空港から18分。「安里駅」下車、徒歩2分。安里バイパスを北上し、安里十字路を右折してすぐ。商店街のアーケードがある。
リピーターが多い沖縄の穴場スポット栄町市場の魅力

栄町市場

DFS・Tギャラリア 沖縄

【最寄駅】おもろまち駅
那覇空港から19分。「おもろまち駅」下車。DFS・Tギャラリア 沖縄と直結しているので、雨天でも濡れずに建物内へ行ける。
新DFS「Tギャラリア 沖縄」免税店へ!

日本で免税商品が買えるのは沖縄だけ

首里城公園

【最寄駅】首里駅
那覇空港駅から27分。終点「首里駅」下車、徒歩15分。県道29号線を首里城公園方面に700メートル直進し、「当蔵(とうのくら)」交差点を左折。400メートル直進すると首里城入口の「守礼門」へ。
沖縄観光の定番「首里城」の楽しみ方

沖縄の世界遺産の中心的存在

所要時間一覧

観光スポット巡りに利用してもいいし、ゆいレールからの景色を眺めているだけでも沖縄旅行気分が盛り上がる。

所要時間表

料金一覧

全15駅の料金表一覧。1区間の利用であれば110円で乗車できる。1日乗り放題のフリー乗車券なら入場割引が受けられる施設もある。お得にゆいレールを使い倒そう。

全駅料金表

ゆいレールのお得なサービス

フリー乗車券
ゆいレールでの市内観光は「フリー乗車券」が断然お得。観光施設の入場料割引や、飲食店の割引など、フリー乗車券の提示で受けられる。
○1日乗車券 大人700円 小人350円
○2日乗車券 大人1200円 小人600円
おとなりきっぷ
1区間の利用時のみ、大人110円、小人60円で利用できる。
ICカード
平成26年(2014)10月からICカードの導入が開始。
ICカードを読み取り部にタッチするだけでスムーズに精算することができる。
ゆいレールの発売機や各駅の窓口でICカードの購入やチャージ(入金)が可能。

運行間隔

日中は10分に1本の間隔で運行している。朝の通勤時間帯(7時~8時)は6分に1本、夕方の退勤時間帯(16時~18時)は8分に1本。那覇空港駅(首里城駅行き)最終は、23時30分。
運行間隔

知っていると面白い。「ゆいレール」あるある

ゆいレールは乗ってみると楽しさがいっぱい。たとえば、駅到着前に流れるメロディは、駅ごとにすべて違う。昔から沖縄県民が慣れ親しんできた沖縄民謡で、駅名にちなんだ民謡が使われている。「安里駅」なら「安里屋ユンタ」などだ。
2両編成なので座席数は少ないが、窓を大きく取っているので、軌道上から沖縄の景色を楽しむなら、敢えて座らずに一番前に陣取るのも楽しい。単なる交通手段としての便利さだけではなく、ゆいレールで沖縄の「おもてなし」を体験してほしい。

[たびらいセレクション]

あわせて読みたい!

今、この宿、見られてます

×