沖縄の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索
  1. 轟の滝

轟の滝

【投稿日】2013年05月21日(火)| 沖縄発

車で手軽に立ち寄れる由緒ある名滝

轟の滝

北部へ向かう高速の許田IC手前右手には久志岳と辺野古岳が見えてくる。その両岳の樹海を水源とする轟川が名護市数久田近くで滝となって落ち込む。

滝の高さ約28メートル、滝壷の幅約6メートル、深さ約1.5メートルの滝だが、かつては沖縄を代表する風光明媚な滝として知られ、数多くの琉歌や和歌にも詠まれた。

水量は細ってしまったが、国道58号線からのアクセスが容易で手軽に立ち寄れる滝である。名護市内に入る手前の数久田の交差点を右折して川の上流を目指して進むと案内板がある。

駐車して数分で滝に辿りつく。許田ICからも15分程度である。火成岩の巨石の間から流れ落ちる滝の水しぶきはドライブの息抜きや、体力を使わずに滝を満喫したい小さいお子様連れには格好のスポットといえる。許田ICと数久田の間にある許田道の駅でヤンバルの特産品が購入できる。

那覇空港から許田IC経由なら約1時間10分。国道58号線なら約1時間40分。

【投稿日】2013年05月21日(火)【投稿者】たびらい編集部

この記事を見ている人におすすめ情報