1. 博愛わいわいビーチ(はくあいわいわいビーチ)|うえのドイツ文化村の隣りにある、こじんまりとしたビーチ

博愛わいわいビーチ(はくあいわいわいビーチ)|うえのドイツ文化村の隣りにある、こじんまりとしたビーチ

【投稿日】2016年12月20日(火)| 沖縄発

博愛わいわいビーチ 撮影/富山義則

宮古島南部にある博愛漁港に隣接する、家族連れにおすすめのビーチ。元々は岩場が多かった場所に、防波堤に囲まれたこじんまりとした人工のビーチをつくりました。そのため砂浜はきれいに整備されており、波は穏やかで子供連れでも安心して気軽に楽しめます。ビーチ以外にもあずま屋や広場、遊具、ビーチバレーコートなど公園としての設備も整っています。

ビーチの名称の「博愛」というのは、明治6年、ここの沖合で台風のために遭難・難破したドイツの商船を救助し、無事に本国へ帰国させたことから由来します。旧・上野村民の勇気と博愛精神を称えてドイツ皇帝から博愛記念碑が贈られたことからこの名前がつけられました。

また、徒歩5分のところにはドイツをテーマにした「うえのドイツ文化村」があり、ドイツの古城を模した博愛記念館もあるので、ビーチと合わせて訪ねてみるのもいいですよ。半潜水式水中観光船「シースカイ博愛」という、宮古島の透明度の高い青い海の中を楽しむことが出来るアトラクションもあります。 

【駐車場】
無料

【交通】
宮古空港から約9キロ、車で約20分

【住所】
宮古島市上野宮国

【電話番号(問い合わせ)】
0980-73-1881 宮古島市観光協会

【営業時間】
設定なし

【遊泳期間】
設定なし

【利用料金】
無料

【体験できるアクティビティ】
シュノーケル
シースカイ博愛:0980-76-3771 (うえのドイツ文化村)

【設備】
トイレ、シャワー、自販機

【投稿日】2016年12月20日(火)【投稿者】たびらい編集部

あわせて読みたい!

今、この宿、見られてます