1. アゲナシクの浜|慶良間の海が誇る無人島の真っ白なコーラルサンドビーチ

アゲナシクの浜|慶良間の海が誇る無人島の真っ白なコーラルサンドビーチ

【投稿日】2016年12月20日(火)| 沖縄発

アゲナシクの浜

座間味港の目の前にある無人島・安慶名敷島の浜。この島の周囲はすべてビーチと言ってもいいぐらい白い砂浜が広がります。手つかずのサンゴ礁が広がり、シュノーケリングの絶好のポイントでもあります。ここで遊ぶには、座間味港にある観光協会へ問い合わせて渡し船を紹介してもらいます。観光協会から渡し船のオジイへ連絡が行き迎えに来てくれます。2~3時間楽しんだら、渡し船が迎えにきてくれます。他にはマリンタクシーなども利用可能。

基本的に1人での上陸やキャンプは禁止されているので、必ず複数で島に行くようにしてくださいね。貝殻拾いなどのビーチコーミングも楽しめる島です。無人島なので、飲み物や着替えなども用意していくこと。座間味島を訪れたら、少し足を延ばして渡ってみては。座間味島からのシュノーケリングツアーを利用するのもいいですよ。

【駐車場】
なし

【交通】
泊ふ頭から座間味島までフェリー座間味で2時間。クィーンざまみ3で50分(直行)。座間味港から渡し船を利用して約5~10分程度。定期船は無い。座間味港にある観光協会で渡し船を紹介してもらう。

【住所】
沖縄県島尻郡座間味村

【電話番号(問い合わせ)】
098-987-3009(座間味村役場 産業振興課)

【利用料金】
渡し船 1500円

【体験できるアクティビティ】
なし

【設備】
なし

【投稿日】2016年12月20日(火)【投稿者】たびらい編集部

あわせて読みたい!

今、この宿、見られてます