1. アムロオオハマ|慶良間の海を満喫できる無人島ビーチ

アムロオオハマ|慶良間の海を満喫できる無人島ビーチ

【投稿日】2016年12月20日(火)| 沖縄発

アムロオオハマ

フェリーで座間味島に到着する直前に左手に見えるのが安室(あむろ)島。南北に細長く、その先端は座間味島から歩いて渡れそうなぐらい接近しています。実際、座間味島と安室島と以前は白いサンゴの砂州で繋がっていたそうだが、今は船でしか行けません。座間味港から渡し船で約10~20分。コーラルサンドと呼ぶサンゴでできたきれいな白い砂浜が広がります。

特に島の東側はパノラマビューのビーチを見ることができます。潮流の関係で泳ぐには注意が必要なので、地元の方から詳しい情報を聞くようにしたいですよ。座間味島からのシュノーケリングツアーに参加する方法もある。火気厳禁でキャンプも許可なしでは出来ないので座間味村役場や観光協会で確認を。砂浜で通りかかる船をのんびり眺めるだけでもストレス解消。亜熱帯の海と風の中で一人過ごすのも時には良いものです。無人島なので、飲み物や着替えなども忘れないようにしてくださいね。

【駐車場】
なし

【交通】
泊ふ頭から座間味島までフェリー座間味で2時間。クィーンざまみ3で50分(直行)。座間味港から渡し船を利用して約15~20分程度。定期船は無し。座間味港にある観光協会で渡し船を紹介してもらいましょう。

【住所】
沖縄県島尻郡座間味村

【電話番号(問い合わせ)】
098-987-3009(座間味村役場 産業振興課)

【利用料金】
渡し船 2500円

【体験できるアクティビティ】
なし

【設備】
なし

【投稿日】2016年12月20日(火)【投稿者】たびらい編集部

あわせて読みたい!

今、この宿、見られてます