沖縄の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索
  1. 中の島(なかのしま)ビーチ | 無傷のサンゴが広がる野生の海

中の島(なかのしま)ビーチ | 無傷のサンゴが広がる野生の海

【投稿日】2016年12月20日(火)| 沖縄発

下地島(しもじじま)の西海岸にある湾内のポイント。荒々しい岩壁に左右を囲まれた野性味溢れる景色が特徴です。

島の外周道路から湾内を一望できるので、泳ぐ前に海の様子を確認しておきましょう。浜と正面に浮かぶ離れ小島の間がシュノーケリングポイントですよ。浜の左端から海へ入り、離れ小島の方向へ泳ぐと、すぐに海底にサンゴが現れます。ここのサンゴは数や種類が多く、塊状のハマサンゴ、枝状サンゴ、テーブル状サンゴ、柔らかいサンゴの仲間のソフトコーラルなど、どれも生き生きとしています。

アカヒメジやシマハギの群れ、チョウチョウウオ、ブダイ、スズメダイなど、サンゴの周りで見られる魚も多種多彩。ホンソメワケベラのクリーニングシーンも観察できます。水深は1~10メートルと幅があるので、技量に合った場所で泳ぎましょう。

【駐車場】
なし

【交通】
宮古空港から車で35分

【設備】
なし

【海のコンディション】
通年泳げる。西~南西の風が強く吹くと海は荒れやすい

【備考】
※近年、シュノーケリング事故が多発しているため、安全面には十分注意。
※例年6月~9月はハブクラゲ注意報が発令されるので注意。

←前のページへ戻る

―【沖縄観光情報をもっと知る】―――

◆あなたにおすすめの観光コラム
宮古諸島のコラム沖縄ビーチのコラム沖縄絶景スポットのコラム

◆沖縄旅行のお役立ち情報
観光ニュースおすすめイベント旅の基本情報沖縄観光コラム

――――――――――――――――――

【投稿日】2016年12月20日(火)【投稿者】たびらい編集部

この記事を見ている人におすすめ情報