沖縄の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索
  1. 新城海岸(あらぐすくかいがん)/宮古島

新城海岸(あらぐすくかいがん)/宮古島

【投稿日】2016年12月20日(火)| 沖縄発

背の立つ浅瀬でみつけたカクレクマノミ。数カ所で見られる。

「吉野海岸」の2キロほど北西隣にある自然の浜。「新城海岸」のほうが全体的に遠浅。浜から泳ぐと、波打ち際からすぐに水深1~2メートルほどの深さになるが、大潮の干潮時は潮が大きく引くので、時間帯によっては浅すぎて泳げなくなることもある。事前に新聞などで潮の満ち引きの時間を調べておくとよい。海中にはユビエダハマサンゴの群生が広がり、ミスジリュウキュウスズメダイなど、かわいらしい小魚がサンゴの周りに群れている。カクレクマノミも見つかるので探してみよう(取材時は浜のすぐ正面で見つけた)。また、潮が満ちる時間帯は、カスミアジなどの外海に棲む大型魚や魚の群れが、エサを求めて浅瀬にやって来ることがある。朝夕は運がよければウミガメに遭遇することもあるので期待したい。

【駐車場】
約30台(無料)

【交通】
車で約30分

【設備】
トイレ、簡易シャワー(無料)

【海のコンディション】
通年泳げる。潮が大きく引くと浅くて泳げないこともある(子どもの海遊びは可能)

【備考】
※近年、シュノーケリング事故が多発しているため、安全面には十分注意。
※例年6月~9月はハブクラゲ注意報が発令されるので注意。

←前のページへ戻る

―【沖縄観光情報をもっと知る】―――

◆あなたにおすすめの観光コラム
宮古諸島のコラム沖縄ビーチのコラム沖縄絶景スポットのコラム

◆沖縄旅行のお役立ち情報
観光ニュースおすすめイベント旅の基本情報沖縄観光コラム

――――――――――――――――――

【投稿日】2016年12月20日(火)【投稿者】たびらい編集部

この記事を見ている人におすすめ情報