1. 瀬底ビーチ(せそこ)/瀬底島|橋を渡って車で行ける、美しい離島のビーチは泳いでも楽しい!

瀬底ビーチ(せそこ)/瀬底島|橋を渡って車で行ける、美しい離島のビーチは泳いでも楽しい!

【投稿日】2018年03月20日(火)| 沖縄発

北部・本部半島の西に浮かぶ離島の瀬底島(せそこじま)。島の北西側に広がる長さ800メートルほどの自然の浜が瀬底ビーチ。白砂の美しい浜は海水浴場としても人気があります。

ここでのシュノーケリングのポイントは、浜から沖合200メートルほどまで広がる遠浅の海一帯。波打ち際から浜の白砂が続き、海の中は眩しいほど明るいです。干潮時は背の立つ所も多いですが、所々にあるサンゴや岩の周りにスズメダイやベラなどの小さな魚が集まり、砂地の上ではヒトデやナマコ、カレイの仲間が見つかります。

潮が引くと浅くて波静かになるので、手軽に楽しめるシュノーケリングのポイントとして家族連れにもおすすめです。沖縄本島から瀬底大橋を渡って車で行けるのも魅力。夏はクラゲ避けのネットが設置されて遊泳区域が限られます。

【駐車場】
1000円  250台

【交通】
那覇市街から沖縄自動車道を経由、許田IC下車。国道58号線を名護市街で左折、国道449号線から瀬底大橋を渡り瀬底島へ。車で約2時間

さらに詳しく知る⇒ 那覇空港から瀬底島・瀬底ビーチの距離と所要時間の目安

【住所】
本部町瀬底

【電話番号(問い合わせ)】
0980-47-2368瀬底ビーチ管理事務所(土日祝日を除く)
0980-47-7000 瀬底ビーチカウンター(営業期間中のみ)

【HP】http://www.sesokobeach.jp/index.html


【ビーチ営業時間】
9時~17時  7~9月 9時~17時30分

【施設営業期間】
4月下旬~10月上旬

【設備】
監視所、売店、トイレ、シャワー大人500円、更衣室 無料、ロッカー200円、クラゲ防止ネット

【海のコンディション】
北寄りの風が吹くと、潮が満ちている時は波が立ちやすい

【投稿日】2018年03月20日(火)【投稿者】たびらい編集部

あわせて読みたい!

今、この宿、見られてます