沖縄の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索
  1. 渡嘉志久ビーチ(とかしくびーち)/渡嘉敷島

渡嘉志久ビーチ(とかしくびーち)/渡嘉敷島

【投稿日】2016年12月20日(火)| 沖縄発

波静かな湾内の海は生き物の宝庫。ウミガメにも出合える!?

シュノーケリングのボートの上から見た集落と浜と湾内の海

渡嘉敷島の西側・渡嘉志久集落の前に広がる長さ約800メートルの美しい自然の浜。正面に慶良間海峡を望み、三方を山に囲まれた湾内の海は波静かで泳ぎやすいのが特徴だ。広い範囲をシュノーケリングで泳いで楽しめるが、おすすめは浜から200メートルほど沖へ泳いだ湾の真ん中。ちょうどサンゴ礁と砂地の境の辺り。ここではデバスズメダイの群れやクマノミ、チョウチョウウオなどたくさんの魚に出合う。色とりどりのサンゴも美しい。水深はサンゴの上で1~3メートルほど。沖側の砂地で5~6メートル。がんばって浜から泳ぐか、シュノーケリングのボートも出ているので乗船してみよう。また、近頃は浜の近くで見られるアオウミガメが話題になっている。多くの生き物に出合うのが魅力だ。

【交通】
那覇・泊港から高速船で渡嘉敷港まで約35分(フェリーで約70分)。港から送迎車またはバスで約10分

【設備】
トイレ、周辺にシャワー施設(有料)や売店がある

【海のコンディション】
潮流はほとんどない。湾の外や入口付近は時に潮が強く流れるので近づかないこと

←前のページへ戻る

―【沖縄観光情報をもっと知る】―――

◆あなたにおすすめの観光コラム
本島周辺離島のコラム沖縄ビーチのコラム沖縄絶景スポット

◆沖縄旅行のお役立ち情報
観光ニュースおすすめイベント旅の基本情報沖縄観光コラム

――――――――――――――――――

【投稿日】2016年12月20日(火)【投稿者】たびらい編集部