沖縄の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索
  1. おきなわ郷土村

おきなわ郷土村

【投稿日】2017年06月27日(火)| 沖縄発

琉球時代の沖縄の村落を再現

昔ながらの民家の赤瓦とヒンプン(目隠しの塀)

おきなわ郷土村は、琉球王国時代の沖縄の村落を再現した場所で入場料は無料です。御嶽(ウタキ)、拝井泉(ウガミガー)、ニライ・カナイの拝所といった伝統的な村の共同スペースのなかに、民家や高倉が並んでいる様を見ることができます。

「地頭代の家」の屋敷の門からヒンプンと呼ばれる目隠しの塀を抜けてなかに入ると、地元・本部町のおばぁが出迎えて、お茶やお菓子(黒糖)などをサービスしてくれる他、三線演奏体験も行われています。おもろ植物園では沖縄最古の歌集「おもろさうし」にも詠われた、22種の植物を観賞できます。

プラネタリウムのある海洋文化館もすぐ近くにあるので、園内を散歩しながら合わせて巡ってみよう。

【住所】
沖縄県本部町石川424(海洋博公園内)

【電話番号(問い合わせ)】
0980-48-2741

【交通】
園内遊覧車で「総合案内所(ハイサイプラザ)」下車

【営業時間】
10月~2月 8時30分~17時30分
3月~9月  8時30分~19時

【定休日】
12月の第1水曜日とその翌日(木曜日)
※海洋博公園の全ゲートが閉まり、公園内への入園ができない
※台風時などは、臨時休園となる場合あり

【利用料金】
無料

【駐車場】
あり(無料。海洋博公園駐車場/中央ゲート南駐車場(P3)または、P2駐車場を利用)

【設備】
トイレ1カ所(バリアフリー対応)

【備考】
体験イベントについて詳細は、おきなわ郷土村のホームページで確認

【公式サイト】
http://oki-park.jp/kaiyohaku/inst/72

【投稿日】2017年06月27日(火)【投稿者】たびらい編集部

この記事を見ている人におすすめ情報