沖縄の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索
  1. 仲風(なかふ)節の碑

仲風(なかふ)節の碑

【投稿日】2013年09月25日(水)| 沖縄発

「語て呉れ 恋ひ渡ら 浮世鳥鳴かぬ 鳥のあらは」。これが、石碑に刻まれている平敷屋朝敏が詠んだ仲風節である。内容は「語ってくれ、恋をしに渡ろう。この世に暁を知らせる鳥の泣かない島があるならば」との意。朝敏がいかにこの島を理想郷としたかが伺える歌である。現在、「手水の鏡」の碑と並んで、島に建てられている。

【住所】
沖縄県豊見城市字瀬長

【交通】
空港出口から国道331号を糸満方面へ進み、豊見城市の瀬長交差点を右折。空港から約5キロ、車で約10分。

←前のページへ戻る

―【沖縄観光情報をもっと知る】―――

◆あなたにおすすめの観光コラム
沖縄本島(南部エリア)のコラムイチオシのコラム沖縄土産物のコラム

◆沖縄旅行のお役立ち情報
観光ニュースおすすめイベント旅の基本情報沖縄観光コラム

――――――――――――――――――

【投稿日】2013年09月25日(水)【投稿者】たびらい編集部