沖縄の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索
  1. 山巓毛(サンティンモー)|港町・糸満を見渡せる高台

山巓毛(サンティンモー)|港町・糸満を見渡せる高台

【投稿日】2017年11月01日(水)| 沖縄発

「未来に残したい漁業漁村の歴史文化財産百選」にも選ばれた名所

国道330号線と県道77号線が交差する糸満ロータリーのすぐ近くにある高台で、高さ30メートルほどの石灰岩丘陵上にある拝所(ウガンジュ)。かつては、海上で船の位置を確認するための目印にもなっていました。

現在は展望台と公園があり、宇宙船のような形の展望台からは、糸満漁港や町並みを一望できます。糸満ハーレーの最初のレースが、ここでの旗振りの合図でスタートすることで有名ですよ。

14~15世紀、古代琉球の三山時代には、南山(なんざん)最後の王・他魯毎(たるみい、たるまい)が、中山(ちゅうざん)の王・尚巴志(しょうはし)の攻撃を受けて妻子とともに自害した場所でもあります。また、昭和天皇の即位を記念して建てられた「御大典記念碑」があるが、無数の弾痕の跡が見られる戦争遺跡となっています。

【住所】
沖縄県糸満市糸満620

【電話番号(問い合わせ)】
098-840-3100(糸満市観光協会)

【交通】
那覇空港から県道231号線、国道331号線を糸満方面へ車で約30分

【営業時間】
終日

【定休日】
なし

【利用料金】
なし

【駐車場】
あり(無料)

【設備】
遊具、公衆トイレ、販売機、休憩所

【備考】
スロープが設けられており、車いすやベビーカーでも高台まで上がることができる。なお、展望台は階段のみ。

【投稿日】2017年11月01日(水)【投稿者】たびらい編集部

この記事を見ている人におすすめ観光情報

この記事を見ている人におすすめホテル情報