1. 勧耕台(かんこうだい)

勧耕台(かんこうだい)

【投稿日】2018年04月17日(火)| 沖縄発

中国使節に琉球の広さを知らしめたパノラマの展望台

かつては田畑も多く、耕す人々の姿が勧耕台からよく見えたという

沖縄の高台からの見晴らしといえば、オーシャンビューがつきものですが、冊封使の碑も残る勧耕台からは、珍しいことにまったく海の気配が感じられません。これは、中国との外交におけるイメージ戦略の一環でした。つまり、琉球王国は狭い島の中にあるという先入観を持った中国使節がここに立つと、海が見えない景色に「実は結構広いのか!?」と驚き、その力を見直したというのです。勧耕台は、琉球王国の知恵が発揮された名所として、今に残っています。戦前には眼下には田畑が広がっていたといいますが、現在ではさまざまな建物が建ち並んでいます。かつての中国使節たちも、時代の変化にはびっくりすることでしょう。

←前のページへ戻る

―【沖縄観光情報をもっと知る】―――

◆あなたにおすすめの観光コラム
沖縄本島(南部エリア)のコラム沖縄観光名所のコラム沖縄土産物のコラム

◆沖縄旅行のお役立ち情報
観光ニュースおすすめイベント旅の基本情報沖縄観光コラム

――――――――――――――――――

【投稿日】2018年04月17日(火)【投稿者】たびらい編集部

あわせて読みたい!

今、この宿、見られてます