沖縄の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索
  1. うぱーま

うぱーま

【投稿日】2013年10月21日(月)| 沖縄発

久高島の星砂の浜

うぱーま

沖縄本島南部、南城市の安座真(あざま)港から船で約15分、知念(ちねん)岬の沖合約5.3キロに浮かぶ周囲約8キロの小さな島が久高(くだか)島。琉球王国時代より聖域として大切にされてきた「神の島」である。
 「うぱーま」とは、沖縄の方言で広い浜という意味。「うっぱま」と呼ばれる浜が沖縄には数カ所ある。久高島の「うぱーま」は、別名・星砂の浜とも言われ、文字通り白い砂浜で星砂を見つけることができる。ただし、島の植物やサンゴ、岩、石ひとつでも持ち出さないようにしよう。星砂も同じだ。
 島の集落から中央に走る道を「カベール岬」に行く手前にある。もうひとつの自然の浜「シマーシ」から続く、白い砂浜は目の前をさえぎるものがなく、のんびりと過ごすことができる。干潮時にはイノー(サンゴ礁で囲まれた浅瀬)で生物観察するのもおすすめ。



【住所・電話番号】
南城市知念久高 
098-948-7803(南城市離島総合センター)

【交通】
安座真港から徳仁港まで高速船で約15分、フェリーで約25分
徳仁港から1.5キロ、徒歩20分

【駐車場】
無料

【営業時間】
設定なし

【遊泳期間】
設定なし

【利用料金】
無料

【体験できるアクティビティ】
なし

【設備】
なし

←前のページへ戻る

―【沖縄観光情報をもっと知る】―――

◆あなたにおすすめの観光コラム
沖縄本島(南部エリア)のコラム沖縄離島のコラム女性におすすめのコラム

◆沖縄旅行のお役立ち情報
観光ニュースおすすめイベント旅の基本情報沖縄観光コラム

――――――――――――――――――

【投稿日】2013年10月21日(月)【投稿者】たびらい編集部

この記事を見ている人におすすめ情報