沖縄の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索
  1. 西表島節祭(しち)|西表島で行われる国の重要無形文化財指定の五穀豊穣を祈願する伝統行事

西表島節祭(しち)|西表島で行われる国の重要無形文化財指定の五穀豊穣を祈願する伝統行事

【投稿日】2017年10月04日(水)| 沖縄発

西表島干立の節祭に現れる異国人風の仮面神、オホホ

節祭(しち)とは年の節目を意味し、海の彼方より幸を迎え入れる行事です。毎年旧暦10 月前後の己亥(つちのとい)の日から3日間、八重山諸島の西表島の祖納(そない)・干立(ほしだて)地区で行われ、豊作への感謝と五穀豊穣、健康と繁栄を祈願します。

約500年前からの伝承と言われ、国の重要無形文化財にも指定されました。両地区とも福々しいお面の「ミリク様」という神様が登場することで有名です。

祭りのメインは2日目の「世乞い(ゆーくい、神を迎える神事)」の日です。演舞、ミリク行列、狂言、棒術、獅子舞などの芸能が奉納され、沖から岸に向けてハーリー競漕が行われます。これは海の彼方から五穀豊穣がもたらされることの象徴とされています。

干立地区では、「オホホ」がオホホーと奇声を発し、札束を見せびらかしながら滑稽な動きを見せます。「オホホ」は鼻の高い仮面に異国人風のブーツをはいた奇妙な格好をしていて、一説には、昔、島に流れ着いた外国人をモデルにしているのでは、とも言われています。両地区とも集落共同体を一体化させる祭りとして継承に努めています。

【開催日時】
旧暦10月前後の己亥(つちのとい)の日から庚子(かのえね)、辛丑(かのとうし)の連続する3日間
平成29年 (2017) 11月8日(水)~10日(金)

【開催地】
竹富町西表島祖納 祖納公民館、前泊海岸
竹富町西表島干立 干立公民館、前の浜

【問い合わせ】
竹富町観光協会 電話: 0980-82-5445

【交通アクセス】
西表島上原港までは石垣港から高速船で約40~45分、フェリーで約1時間40分~2時間10分
祖納・干立地区へは上原港から約8キロ、20分
干立・祖納間は約1キロ、徒歩約15分

西表島祖納、黒装束のフダチミに水色のハチマキのアンガマの行列

←前のページへ戻る

―【沖縄観光情報をもっと知る】―――

◆沖縄のイベント情報
11月のイベントその他のイベント

◆沖縄旅行のお役立ち情報
観光ニュースおすすめイベント旅の基本情報沖縄観光コラム

――――――――――――――――――

【投稿日】2017年10月04日(水)【投稿者】たびらい編集部

この記事を見ている人におすすめ情報