沖縄の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索
  1. 種子島銃よりも早く、火薬を使った武器火矢(ヒヤー)が伝来していた証拠

種子島銃よりも早く、火薬を使った武器火矢(ヒヤー)が伝来していた証拠

【投稿日】2016年11月29日(火)| 沖縄発

城壁に残る謎の穴は、火矢を使用した跡だった

南の郭の城壁にある四角い穴を探してみよう

南の郭の城壁には四角い穴がある。長い間推測の域を出なかったが、近年の発掘調査によって、この穴が火矢(ヒヤー)と呼ばれる中国の銃器を使うためのものだということが有力な説になってきた。城壁の近くからは、火矢の弾丸として使用していたと推測される金属弾や、石弾が見つかっている。
 周知のとおり、日本の種子島に鉄砲が伝来したのは1543年のこと。しかし、中城城で護佐丸、阿麻和利の乱があったのは1458年と、それよりも約100年前のこと。1466年室町幕府に謁見した琉球の使者が辞去に際し鉄砲を打ち鳴らし、京の人々を驚かせたと云う記録から、琉球において火器が存在していたことが分かる。使われていた時代や状況はまだ特定されていないが、唐や明と貿易をしていた琉球は、武器の先進国だった中国から火器を容易く手に入れることが出来たと考えられる。

【住所】
沖縄県中頭郡北中城村字大城503

【電話番号(問い合わせ)】
098-935-5719(中城城跡共同管理協議会)

【交通】
那覇空港から車で約50分。

【営業時間】
8時30分~17時(5月~9月は18時まで)

【定休日】
年中無休

【観覧料】
大人400円、中・高校生300円、小学生200円(保護者が同伴する小学校未就学児童は無料)
※20人以上の場合は団体料金が適用(各100円引き)

【駐車場】
無料

←前のページへ戻る

―【沖縄観光情報をもっと知る】―――

◆あなたにおすすめの観光コラム
沖縄本島(中部エリア)のコラムイチオシのコラム沖縄土産物のコラム

◆沖縄旅行のお役立ち情報
観光ニュースおすすめイベント旅の基本情報沖縄観光コラム

――――――――――――――――――

【投稿日】2016年11月29日(火)【投稿者】たびらい編集部