1. カモメ岩のビーチ|野鳥が巣作りする小さな岩が目の前にある

カモメ岩のビーチ|野鳥が巣作りする小さな岩が目の前にある

【投稿日】2016年12月20日(火)| 沖縄発

カモメ岩のビーチ

沖縄本島北部の本部町・渡久地港から船でわずか15分の水納島。この島を訪れる人の多くは「水納ビーチ」へと向かいます。船が着く港の反対側にあるのが、このカモメ岩のビーチ。水納島の集落を抜けて、島の南にあり、干潮時には歩いても渡れます。カモメ岩と名がついていていますが、渡りの時期になると、子育てのためにアジサシの群れがやってきます。

カモメ岩周辺は北部有数のダイビングスポットにもなっており、瀬底島や本島北部からのダイビングボートが多くやってきます。ビーチにはシャワーもトイレもないので、出掛けるときには、集落で用意してから行きましょう。また、ビーチまでは草むらがつづく上に、ビーチも岩場が多いので、ビーチサンダルよりマリンシューズの方がおすすめですよ。

【駐車場】
あり(草原に任意)

【交通】
那覇空港から沖縄自動車道に入り、許田IC下車。美ら海水族館方面へ向かい、渡久地港へ。車で約2時間40分。渡久地港から高速船で水納島へ約15分。

【住所】
本部町瀬底水納原

【遊泳時間】
設定なし

【遊泳期間】
設定なし

【体感できるアクティビティ】
なし

【設備】
なし

【投稿日】2016年12月20日(火)【投稿者】たびらい編集部

あわせて読みたい!

今、この宿、見られてます