沖縄の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索
  1. 水納灯台

水納灯台

【投稿日】2014年02月18日(火)| 沖縄発

水納島の沖を航行する船の安全を守る灯台

水納島は、沖縄本島北部、本部半島の南西沖約8キロに浮かぶ離れ島。その水納島と隣の瀬底島との間の海は日本本土へ向かう内地航路で、たくさんの船が行き来する重要な海域となっている。島の東の端にある水納島灯台は、水納島と瀬底島の間を通る船の安全な運航のために、昭和47年(1972)に設置されたもの。高さは13メートル、海抜27メートル、光達10.5カイリの白いタイル張りのきれいな塔形灯台で、単閃白光の灯りを3秒ごとに1閃光照らしている。灯台のすぐ隣には、大型船舶の位置確認のために、無線を飛ばして距離を測る水納島無線方位信号所(レーダービーコン)が立っている。この灯台は一般公開されておらず、敷地はフェンスやブロックで囲われている。灯台へ行くには、島の集落から東への道を電線沿いに進むか、または水納ビーチを砂浜づたいに東へ行くと見えてくる。どちらも歩いて15分ほどだが、集落を通って行く時にはハブに注意しよう。小さな水納島だが、ジャングルのように草や木々が生い茂った所を歩いていくことになる。ハブの多い水納島のなかでも、特に生息数が多い場所なので注意を怠ってはならない。

【交通】
那覇空港から沖縄自動車道に入り、許田IC下車。美ら海水族館方面へ向かい、渡久地港へ。車で約2時間40分。渡久地港から高速船で水納島へ約15分。水納港から歩いて15分

【住所】
本部町瀬底水納原

【問い合わせ先・電話番号】
なし

【駐車場】
なし

【見学期間】
設定なし

【利用料金】
無料

【設備】
なし

←前のページへ戻る

―【沖縄観光情報をもっと知る】―――

◆あなたにおすすめの観光コラム
本島周辺離島のコラム沖縄観光名所のコラム沖縄土産物のコラム

◆沖縄旅行のお役立ち情報
観光ニュースおすすめイベント旅の基本情報沖縄観光コラム

――――――――――――――――――

【投稿日】2014年02月18日(火)【投稿者】たびらい編集部