1. あがり浜|島一番のビーチで透き通った海で1日過ごす

あがり浜|島一番のビーチで透き通った海で1日過ごす

【投稿日】2018年04月17日(火)| 沖縄発

集落から歩いて行ける渡名喜島を代表するビーチ(撮影/福木島と

渡名喜(となき)島の海は、渡名喜ブルーと呼ばれるほど、青く澄んだ透明度の高い海。周囲にはいくつか海水浴が楽しめるビーチがありますが、この「あがり浜」は文字通り、島の東(あがり)側にあり、集落から近いこともあり、島の人たちの憩いの場所ともなっています。約700メートル続く白い砂浜では、島の子どもたちが海水浴を楽しんでいる姿をよく見かけます。夕方になるとおじぃ、おばぁもやってきて、夕涼みしながら「ゆんたく(おしゃべり)タイム」を楽しんでいます。海は遠浅なので、子ども連れのファミリーも利用しやすいが、監視員などがいないので、自己責任で楽しみましょう。

【駐車場】
浜の近くに駐車。集落からも歩いていける

【住所】
島尻郡 渡名喜村

【交通】
沖縄本島・泊港からフェリー琉球、またはフェリーくめしまで約1時間45分。※久米島行で渡名喜島を経由しない便があるので注意。大人片道 2700円、往復 5130円。
渡名喜港から東に徒歩7、8分。

【設備】
なし

[たびらいセレクション]


【投稿日】2018年04月17日(火)【投稿者】たびらい編集部

あわせて読みたい!

今、この宿、見られてます