沖縄の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索
  1. 里遺跡(御嶽)

里遺跡(御嶽)

【投稿日】2014年03月28日(金)| 沖縄発

14~15世紀ごろのグスク時代の遺跡。島の信仰地

土器や炭化米が発掘され遺跡となったが、昔から島の拝所である(

渡名喜(となき)島の信仰地「里遺跡」。里殿とヌル殿内の2つの拝所がある。集落北東部の小高い丘の上にあり、14~15世紀ごろのグスク時代の遺跡と言われている。発掘調査によって、里遺跡周辺から、グスク系の土器、輸入陶磁器、鉄釘、鉄鎌、古銭などのほか、炭化米や麦が出土し、当時、ここで島の人々が送っていた生活の一端が判明している。

【駐車場】
なし(丘の下に駐車し徒歩で登る)

【住所】
島尻郡 渡名喜村

【交通】
沖縄本島・泊港からフェリー琉球、またはフェリーくめしまで約1時間45分。※久米島行で渡名喜島を経由しない便があるので注意。大人:片道2700円、往復:5130円。
渡名喜港から北東に進み、車で約5分。階段山道を徒歩で約30分

←前のページへ戻る

―【沖縄観光情報をもっと知る】―――

◆あなたにおすすめの観光コラム
本島周辺離島のコラム沖縄観光名所のコラム沖縄絶景スポットのコラム

◆沖縄旅行のお役立ち情報
観光ニュースおすすめイベント旅の基本情報沖縄観光コラム

――――――――――――――――――

【投稿日】2014年03月28日(金)【投稿者】たびらい編集部