沖縄の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索
  1. うるま市エイサーまつり | 琉球最古のエイサーが見られる

うるま市エイサーまつり | 琉球最古のエイサーが見られる

【投稿日】2014年05月09日(金)| 沖縄発

迫力のある演舞間近で見ることができる

うるま市には琉球最古と言われているエイサーや、花笠を使った独特な踊りのエイサーなどがあります。そんなエイサーの里で行われる「うるま市エイサーまつり」は、前夜祭から3日間、市内各地域のエイサー団体が集まり、にぎわいを見せます。


うるま市のエイサーは、「パーランクー」と呼ばれる片面だけに皮を張った直径20センチほどの小型の太鼓を使うところが多いです。なかでも、腰を低く落とし、一糸乱れぬ足の運びや手入れるが美しい平敷屋(へしきや)エイサーは独特。こちらは、明治36年(1903)から踊られており、100年以上の歴史があるエイサーとして知られています。


「うるま市エイサーまつり」に合わせて県外から来る人も多いですよ。華々しいエイサーのフィナーレには打ち上げ花火で締めくくります。

【開催日時】
平成29年(2017)9月22日(金)~24日(日)
※22日は前夜祭

22日/18時50分~21時
23日、24日/16時~21時

【開催地】
22日 うるま市役所本庁舎前道路(前夜祭)
23、24日 うるま市与那城総合公園陸上競技場(本まつり)

【問い合わせ】
うるま市エイサーまつり実行委員会事務局(うるま市役所商工観光課)
電話:098-923-7634

【投稿日】2014年05月09日(金)【投稿者】たびらい編集部

この記事を見ている人におすすめ情報