大分の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索

大分観光情報

  1. 長湯温泉 日本一と名高い炭酸泉を堪能する
PR
【PR】九州の温泉宿予約サイト「温泉ぱらだいす九州」

達人指南

現地の達人が旅行の楽しみ方を伝える観光コラムです。人気の観光地から知る人ぞ知る穴場まで、達人だからこそ分かる一歩踏み込んだ“通”な情報を紹介しています。

長湯温泉 日本一と名高い炭酸泉を堪能する

  長湯温泉(ながゆおんせん)は、世界屈指の炭酸泉が人気を集める奥豊後の温泉地。その泉質は素晴らしく、歌人の与謝野鉄幹や種田山頭火らも長湯温泉に関する詩を残したほど。多くの文人をうならせた名湯を旅してみよう。

開放感抜群の露天風呂「ガニ湯」は長湯温泉の名物

  大分県の内部、久住山系の麓の直入町にある「長湯温泉」は、世界屈指の炭酸泉湧出地として知られる。

温泉街の中心を流れる芹川の川原にある混浴露天風呂「ガニ湯」や、ドイツ風の建築が特徴的な「御前湯」、そして炭酸の気泡がはっきり見える湯で有名な「ラムネ温泉」など、長湯には実にバラエティ豊かな風呂がそろっている。

湯船に漬かると気泡がつくほどの高濃度炭酸泉は温浴効果も高く、地元の人はもちろん、観光客も年々増加してきている。その魅力について教えてくれるのは、長湯温泉のシンボル「御前湯」の支配人である田中さんだ。

取材/櫛野 千賀子、平成26年(2014)12月


◆その他のおすすめ大分観光情報
大分観光のおすすめ情報10選

田中康夫さん
(たなか やすお)
田中 康夫さん

長湯温泉の達人
  温泉療養文化館「御前湯」と国民宿舎「直入荘」の支配人。竹田市が管理する両施設で、市職員として運営全般に携わっている。温泉についての知識は底知れず、長湯温泉の歴史や温泉の効能はもちろん、温泉・食・散策が一体になった現代版湯治の魅力について深く教えてくれる。趣味は旅行。視察を兼ねて他県へ出かけは、長湯温泉のさらなる活性化のために精力的に活動している。

長湯温泉の歴史と、その魅力とは?

ドイツの建築様式を取り入れた個性的な建物「御前湯」

  平成26年(2014)9月1日、長湯温泉は「日本の名湯百選」に100番目に認定されました。貴重な自然資源を伝承し、日本の中でも特に療養・保養に優れた温泉地として選ばれたのです。その泉質は、昭和初期にこの地で温泉治療の研究に取り組んだ松尾博士により「飲んで効き 長湯して利く 長湯のお湯は 心臓胃腸に血の薬」と称えられたほどです。

長湯温泉の歴史は古く、江戸時代にはこの地を治めていた岡藩主・中川公の入湯宿泊のため、湯屋・御茶屋が設けられたそうです。その後、先進的なドイツの保養温泉地の研究と交流を重ねて、昭和10年(1935)にドイツ風洋館の共同浴場が建設されました。その面影は、温泉街の中心部、芹川沿いに佇む長湯温泉の日帰り温泉施設「御前湯」に引き継がれています。

炭酸泉の特性と長湯温泉の効能 ―― 入浴と飲泉

ほとんどの温泉施設には、飲泉のためのカップが

  長湯温泉の最大の特徴は、炭酸ガスが豊富に含まれた“炭酸泉(二酸化炭素泉)”といわれる泉質。炭酸ガスは体内に吸収されると毛細血管を拡張し、血行を促進するという性質があります。この他にも、疲労回復や皮膚病、関節リウマチ、神経痛、座骨神経痛のような痛みや運動障害を伴う病気にも効果が期待できます。

長湯温泉を訪れたら、慢性胃炎や便秘症、肝臓病、糖尿病、痛風などに効能がある“飲泉”(温泉水を飲むこと)を試してください。温泉街の数カ所には、「飲泉所」が設置されています。ただし、一度にあまり飲み過ぎるとお腹を壊すこともあるので、初めての人は温泉施設のスタッフなどに尋ねてみてください。

“日本一の炭酸泉”として知られるようになったきっかけ

温泉水の中の炭酸ガスが小さな泡として肌にまとわりつく

  今では長湯温泉の炭酸泉は広く知られていますが、きっかけは昭和62年(1987)のある出来事でした。当時、化粧品や日用品で知られる花王が、入浴剤の製品開発の参考にしようと全国の炭酸泉を回り、成分分析を繰り返していたそうです。その結果、長湯温泉の炭酸ガス濃度は、湯温が40℃を超えるものとしては極めて高く、全国でも他に例をみない貴重な温泉であることがわかり、“日本一の炭酸泉”と呼ばれるようになりました。

平成19年(2007)には、長湯温泉協会が“日本一の炭酸泉”を宣言。温泉地の保全や温泉療養の普及に向けた取り組みが、町を挙げてスタートしています。

現代版湯治で、長期滞在ができる温泉地に

モダンな外観の「ラムネ温泉」

  現在、長湯温泉は「現代版湯治」という新たな試みに取り組んでいます。“温泉+食+散策” ―― これらが一体となった湯治スタイルです。

まずは、“温泉”。長湯温泉には気軽に巡ることができる温泉施設や飲泉所がありますので、まずは日本一と称される炭酸泉を堪能してください。次に“食”。湯治の基本は自炊ですが、温泉街には体の治癒をサポートする薬膳料理や、郷土料理を提供する店も点在しています。

そして最後に“散策”も、現代版湯治の大切な要素です。くじゅう連山の山麓に位置する長湯温泉には豊かな自然が残されていて、素朴な日本の原風景にも出合うことができます。一方で、古い歴史を持つ閑静な温泉街の風情を楽しむ場所としてもおすすめです。

これら“温泉+食+散策”がそろった、長湯温泉の提案する現代版湯治を、ぜひ体感してみて下さい。

温ぱらユーザーが選んだ宿TOP20 ユーザー満足度ランキング

長湯温泉のおすすめスポットランキング3選

立ち寄りスポット3選

  緑・名水・温泉というすばらしい自然に囲まれた竹田市直入町。地元の人にも愛される、長湯ならではの立ち寄りスポットを紹介。

  • 緑に囲まれた籾山湧水前にある郷豆腐店
  • 道の駅ながゆ温泉の一角にあり、地元の人にも観光客にも人気の直
  • 飲泉場では温泉を汲みに来る地元の人や観光客の姿も
おすすめポイント
  名水で作るおいしい豆腐が自慢の「郷豆腐店」は、日本名水百選に選ばれた竹田湧水群の一つ、籾山湧水の前にあります。週末には多くの人が水汲みに訪れ、「郷豆腐店」で豆腐や豆乳で作った手作りスイーツなどを買って帰る人も多くいます。

籾山湧水から少し奥に入ったところに、「籾山八幡神社」があります。参道の巨杉並木を抜けると、境内には樹齢800年~1000年と推定されるご神木「籾山八幡の大ケヤキ」があり圧巻です。知る人ぞ知る、長湯の隠れパワースポットでもあります。

長湯温泉の人気立ち寄り湯3選

  長湯温泉で立ち寄り湯を利用できる施設は25~26カ所。温度や含有成分も少しずつ違うので、タオル片手に散歩しながらの温泉巡りが楽しい。

  • 芹川の水位が高い時には“川の中の温泉”になる「ガニ湯」
  • 長湯温泉のシンボル的な存在である「御前湯」
  • 長湯温泉の人気スポット「ラムネ温泉館」
おすすめポイント
  芹川沿いの河原にある無料の露天風呂「ガニ湯」はありえないほどの開放感です。脱衣所は橋の下、そして混浴。水着の着用も可能なので、旅の思い出に勇気を出して入浴することをおすすめします。

シュワシュワの泡が付くことで人気の「ラムネの温泉館」は32度とぬるめですが、ゆっくり浸かると体の中からポカポカしてきます。ぬるめが苦手な方は、41~42度の「御前湯」がおすすめ。男女日替わり制のサウナ付き大浴場と、四つの貸切風呂があります。

おすすめグルメ&お土産3選

  名水の里だからこそのおいしいお料理、長湯でしか手に入らないレアな商品を紹介。

  • ドイツ直輸入のワインがずらりと並ぶ、さとう酒店のワインセラー
  • エノハの唐揚げと幻のエノハ茶漬けが魅力の「かわせみ膳」
  • 白いキャップは超硬水。硬水「マグナ」はオレンジ色のキャップ
おすすめポイント
  ドイツから直輸入の「直入ワイン」は、直入町とドイツの温泉療養地バートクロツィンゲン市との友好の証です。直入町でしか買えない、とても貴重でおいしいワインです。

「料庵 川瀬美」のエノハ(川魚のヤマメのこと)の唐揚げはサクサクの食感で感動の一言。名水で育ったエノハはとても美しく、臭みも全くありません。

長湯温泉の飲泉文化を多くの人に体験してもらいたいと、長年試行錯誤を繰り返して完成した「マグナ1800」。毎日の健康管理やダイエットにお役立てください。

九州の宿探しなら「宿くらべ」

  • 湯布院で露天風呂が自慢の温泉旅館6選
  • 別府で泉質が自慢の温泉旅館5選
  • 指宿で食事が自慢の温泉旅館5選
編集部の視点
  たびらいのパートナーサイト「温泉ぱらだいす九州」は、九州の宿泊予約プランが満載。実際に見て、泊まって調査!九州のいい宿研究会が厳選した九州の宿を目的別にご紹介。

⇒2016年下半期温ぱらユーザーが選んだ宿TOP10はこちら

温ぱらユーザーが選んだ宿TOP20 ユーザー満足度ランキング

長湯温泉への交通アクセス

  温泉が湧く芹川沿いは、徒歩で回ることができる。ただし、温泉地から少し離れた湧水などのスポットを訪れる場合は、車がよい。

車(レンタカー)で

  ・大分自動車道の九重インターチェンジから県道40号・県道11号(やまなみハイウェイ)、国道422号経由で長湯まで約53キロ。
・大分自動車道の湯布院インターチェンジから国道210を大分方面へ→湯平温泉入り口を右折→湯平温泉を通って長湯へ。約33キロ、所要時間は約50分。
・大分自動車道の光吉インターチェンジから料金所を右折し国道210号へ→約3.5キロの交差点を左折→国道442号線を竹田方面に8.7キロ進む→「長湯温泉まであと20キロ」の案内板を右折→県道412号線に入り今市の石畳の手前「長湯温泉の案内板」を右折してさらに10キロほど。

電車(JR)で

  ・JR大分駅から豊肥本線、九州横断特急でJR豊後竹田駅まで約1時間。
→JR豊後竹田駅前にあるバス停「竹田駅前」から、大野竹田バス直入支所行きで約45分。
→道の駅ながゆ温泉で下車、徒歩約3分。

長湯温泉のQ&A

Q 長湯温泉でのおすすめの過ごし方を知りたい。
A 長湯は自然に囲まれた人に優しい温泉の町ですので、やはり、のんびりと心と体を休めていただきたいです。

竹田市は全国に先駆けて、温泉を使った滞在に「保健」を適用する制度「温泉療養保健システム」を導入しています。温泉が付いた宿に3連泊以上される方などを対象にして、宿泊料金や立ち寄り湯の利用料金に保険が適用されます。ぜひこのシステムを活用して、長湯温泉の現代版湯治を体験してください。

※竹田市の温泉療養保険システムの詳細は、公式サイト
Q 長湯温泉と周辺の観光地への距離を知りたい。
A 豊後竹田駅より車で約20分。湯布院から車で約50分。久住高原から車で約20分。別府市から車で約60分。黒川温泉から車で約40分です。
Q 温泉の湧出量は豊富?
A 掘削規制がかかっている温泉地で、大切な温泉を保護していく試みがなされています。それにより、各温泉施設は湯量が制限されています。源泉掛け流しのため通常は全く問題ありませんが、とくに混み合うゴールデンウィークは、湯量や温度に多少変化がある場合も考えられます。天然温泉は、大切な地球の恵みなので、ご理解いただけるとありがたいです。
Q 立ち寄り湯は何カ所ある?
A 現在25~26カ所です。宿泊施設が伴うところ、立ち寄り湯だけの施設、食事もできる施設など様々です。時間や料金は各施設によって違いますのでご確認ください。長湯温泉観光案内所で「日帰り入浴 温泉施設一覧表」が入手できます。
Q 子どもも一緒に遊べるスポットを知りたい。
A テニス(屋外)やバドミントン(屋内)などができる総合運動公園があります。道具も借りることができます。ご利用の場合は、事前に予約が必要です。ご利用料金や時間など、詳しくはお問い合わせください(直入町中央公民館 電話番号:0974-75-2240)。
また、長湯湖の貸しボートや乗馬体験、人形の手びねりなどの体験スポットもあります。
Q 長湯温泉で行われるイベント情報を知りたい。
A 5月「シュパーゲルフェスト」(ホワイトアスパラとドイツワインを楽しむ会)、7月「炭酸泉祭り」、「わかさぎフェスト」など。
同じ竹田市内では、4月「岡城桜祭り」、10月「久住高原まつり」、11月「竹楽」などの大きなイベントもあります。
長湯温泉の宿を探す、予約する。

九州専門の宿泊予約サイト「温泉ぱらだいす九州」

  たびらいのパートナーサイト「温泉ぱらだいす九州」は、九州の宿泊予約プランが満載。九州の温泉宿を知り尽くした現地スタッフが選りすぐりの情報を紹介している。

また、希望の宿が満室表示されている場合に、温泉ぱらだいすのスタッフが宿に直接交渉をしてくれるリクエストサービスも魅力。

九州専門の宿泊予約サイト「温泉ぱらだいす九州」
⇒長湯温泉の宿はこちらで検索

温ぱらユーザーが選んだ宿TOP20 ユーザー満足度ランキング

いざないの一枚

その他にも、九州のおすすめ観光情報を紹介。

あなたの気になる記事は?

九州の各県を味わうグルメ

久留米ラーメン とんこつラーメン発祥の味

福岡・久留米ラーメン

旦過市場 昭和レトロに誘われて

福岡・旦過市場

博多の水炊き。人気の郷土料理を味わう

福岡・博多の水炊き

呼子で朝市やイカの活きづくりを楽しむ

佐賀・呼子

人吉・球磨のグルメ旅 自然が育んだ食文化

熊本・人吉球磨

門司港グルメ レトロな港町で焼きカレーを

福岡・門司港

黒糖焼酎 奄美群島だけで造られる稀有な酒

鹿児島・黒糖焼酎

太平燕 熊本のおすすめ郷土料理を食す

熊本・太平燕

佐世保バーガー 大人気のご当地グルメ

長崎・佐世保バーガー

宮崎グルメ旅 地元の食材を存分に味わう

宮崎グルメ

九州を歴史散策・文化探訪

福岡・秋月 筑前の小京都、秋月城下を散策

福岡・秋月

太宰府天満宮 深く知ると観光も楽しさ倍増

福岡・太宰府天満宮

博多座で、はじめての歌舞伎見物

福岡・博多座

産業都市北九州で、工場見学を楽しもう

福岡・北九州

軍艦島 タイムカプセルとなった廃墟の島

長崎・軍艦島

吉野ヶ里遺跡で邪馬台国ロマンを体感

佐賀・吉野ヶ里遺跡

三角西港で不思議発見。世界遺産登録が決定

熊本・三角西港

熊本・水前寺公園。湧水あふれる庭園を歩く

熊本・水前寺公園

熊本城 日本三名城に選ばれる魅力とは

熊本城

宮崎・青島 鬼の洗濯板に囲まれた聖なる島

宮崎・青島

九州の絶景を堪能する

糸島観光でスローバケーションを

福岡・糸島

加計呂麻島の楽しみ方

鹿児島・加計呂麻島

屋久島トレッキングで縄文杉に会う

鹿児島・屋久島

大観峰で阿蘇の絶景を満喫

熊本・大観峰

宮崎・青島 鬼の洗濯板に囲まれた聖なる島

宮崎・青島

糸島観光でスローバケーションを

福岡・糸島

霧島エリアの自然とグルメでパワーチャージ

鹿児島・霧島

志賀島を巡る旅 古代ロマンと絶景を楽しむ

福岡・志賀島

鵜戸神宮 絶壁に囲まれた岩窟の縁結び神社

宮崎・鵜戸神宮

人吉・球磨のグルメ旅 自然が育んだ食文化

熊本・人吉球磨

九州の温泉や名所でのんびりと

糸島観光でスローバケーションを

福岡・糸島

水郷柳川で舟遊び。お堀めぐりを楽しむ

福岡・柳川

ハウステンボス 長崎代表のおすすめ観光地

長崎・ハウステンボス

湯布院 全国屈指の温泉観光地へ

大分・湯布院温泉

嬉野温泉 日本三大美肌の湯の楽しみ方

佐賀・嬉野温泉

熊本・水前寺公園。湧水あふれる庭園を歩く

熊本・水前寺公園

黒川温泉 湯めぐり温泉と多彩な露天

熊本・黒川温泉

阿蘇温泉 南阿蘇・中阿蘇・小国へ訪れる

熊本・阿蘇温泉

別府温泉 世界に名だたる“温泉天国”

大分・別府温泉

その他の達人指南を見る

「21世紀に残したい日本の風景百選」に選ばれた別府の湯煙

別府温泉 世界に名だたる“温泉天国”
日本一の湧出量、世界でも第2位を誇る別府温泉。全11種類に分類される泉質のうち、なんと10種類を有している。情緒あふれる温泉街の雰囲気も人気のポイントだ。その魅・・・

開放感抜群の露天風呂「ガニ湯」は長湯温泉の名物

長湯温泉 日本一と名高い炭酸泉を堪能する
長湯温泉(ながゆおんせん)は、世界屈指の炭酸泉が人気を集める奥豊後の温泉地。その泉質は素晴らしく、歌人の与謝野鉄幹や種田山頭火らも長湯温泉に関する詩を残したほど・・・

湯煙が街中を覆う幻想的な鉄輪温泉の景色

鉄輪温泉 ぬくもりが沁みる湯治の町
別府市街地と明礬(みょうばん)温泉の中間、山の中腹に位置する鉄輪(かんなわ)温泉街。鎌倉時代に湯治場として栄えたこの温泉地には、今でも全国各地から、その湯を求め・・・

宇佐神宮の参拝作法は、“二拝四拍手一拝”

宇佐神宮 ―― 大分の国宝パワースポットを散策
伊勢神宮に次ぐ“第二の宗廟(そうびょう)”として皇族からも崇敬される「宇佐神宮」は、全国に4万社余りある八幡社の総本宮だ。奥深い歴史や文化、そしてご利益スポット・・・

夏の名物「スプラッシュジャンプ」

うみたまご 大分の老舗水族館の楽しみ方
大分の老舗水族館「うみたまご」は、年間の入場者数が約70万人。創業50年もの歴史を持ちながら、常に時代と共に進化を遂げてきた。大分で愛され続けるうみたまごの魅力・・・

露天風呂から見える雄大な由布岳。四季折々の景色はまさに絶景

湯布院観光 全国屈指の温泉観光地へ
温泉地ランキングで常に上位を占める大分の人気観光地、「湯布院(ゆふいん)」。温泉だけでなく、食・自然・文化……とさまざまな観光の魅力がそろう湯布院にはリピーター・・・

古墳群を彩る桜の花と菜の花

西都原古墳群 神話が息づく花と歴史の名所
日本有数の古墳群として知られる宮崎の特別史跡公園、「西都原古墳群(さいとばるこふんぐん)」。ここは、天孫降臨の神話が息づく地。花の名所としても有名で、四季の花に・・・

青い海と白い砂浜が美しい糸島

糸島観光でスローバケーションを満喫
福岡市街から車で30分ほどの「糸島(いとしま)」は、のどかな田園風景やマリンブルーの海が広がる自然豊かな観光地。自然に囲まれたドライブや、地元の産物を使ったグル・・・

旦過市場の北側アーケードに食い込むようにスーパー丸和が建つ

旦過市場 昭和レトロに誘われて
北九州市民の台所「旦過市場」をクローズアップ。昭和30年代築の長屋式の商店は、裸電球の光に照らされ、昔風情たっぷり。旦過市場は近年、県内外の観光客からも注目を集・・・