1. 南十字星が見られる露天風呂。西表島に日本最南端・最西端の温泉施設が誕生

ニュース

お得なパッケージツアーやアクティビティ、イベント情報、新発売の商品など、現地編集部が独自の視点で取材したニュースを毎日配信しています。

南十字星が見られる露天風呂。西表島に日本最南端・最西端の温泉施設が誕生

【投稿日】2018年01月05日(金)| 沖縄発

西表島にある「ラ・ティーダ西表リゾート」の敷地内に、日本最南端・最西端の温泉「カンパネルラの湯」が平成29年(2017)11月3日(金)にオープンしました。

宮沢賢治の小説「銀河鉄道の夜」の登場人物に由来し、小説の中での旅の終着地がサザンクロス(南十字星)であり、この地からも南十字星が見えることから重ね合わせて名付けられました。

男女それぞれに内湯と露天風呂があり、晴れの日は露天風呂から新城島(パナリ)や遠く波照間島(はてるまじま)、夜には満天の星空、12月~6月までは南十字星を楽しむことができます。泉質は単純温泉で、ナトリウムとカルシウムが含まれています。

露天風呂に浸かりながら、目の前に広がる雄大なロケーションや満天の星空を眺めながら、ゆったりと過ごすことができますよ。

ラ・ティーダ西表リゾートからの眺め

【入浴可能時間】
7時~10時、15時~22時
※当面の間は宿泊者限定。

【場所】
沖縄県八重山郡竹富町字南風見508-205
ラ・ティーダ西表リゾート

【電話番号(問い合わせ)】
0980-85-5555(ラ・ティーダ西表リゾート)
⇒詳しくはこちら

あわせて読みたい!

今、この宿、見られてます

×