北海道の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索
  1. 冬の十勝の魅力を世界へ発信。映画「My little guidebook-ice-」がYoutubeで公開中

ニュース

お得なパッケージツアーやアクティビティ、イベント情報、新発売の商品など、現地編集部が独自の視点で取材したニュースを毎日配信しています。

冬の十勝の魅力を世界へ発信。映画「My little guidebook-ice-」がYoutubeで公開中

【投稿日】2016年10月29日(土)| 北海道発

平成28年(2016)10月23日(日)より、無料動画サイトYoutubeで、十勝地方を舞台とした映画「My little guidebook-ice-」が公開中。

この映画は、昨年(2015)4月に公開された「My little guidebook」の続編として制作されたもの。物語の主人公は、前作に引き続き台湾の人気タレント、ウー・シンティさんが演じた。夏の十勝を舞台とした前作に対し、今回は冬の十勝の魅力に迫った作品となっている。

前作は、Youtubeでの配信開始後1週間で1万人以上が視聴し、台湾のニュースにも取り上げられた。また、トランスアジア航空の台湾・日本間での機内上映もされ、日本と台湾を結ぶ橋渡しの役割を果たすほか、平成27年(2015)の札幌国際短編映画祭にて「北海道監督賞」を受賞。地元の自治体、企業からも多くの注目と支持を集め、冬編制作の後押しとなった。

タウシュベツ橋梁/MLG
▲季節によって姿を変える糠平湖の幻の橋「タウシュベツ川橋梁」も作中に登場

本作のストーリーは、夏編の主人公が旅作家として成長した姿で十勝を再訪し、美しい場所や働く人々を取材しながら進んでいく。

作品中には、実在する人々や宿、飲食店に加え、建造物のすべてが雪と氷で作られた村「然別湖コタン」や、氷結した湖面上からワカサギ釣りが楽しめる糠平湖(ぬかびらこ)など、冬ならではのスポットが多数登場。またウィンターアクティビティとして、「十勝サホロリゾート」のエア・ボードや、「MUSHING WORKS」の犬ぞりなどが作中で紹介された。詳しい場所や情報などは、公式サイトでも紹介されている。

監督の逢坂芳郎氏は、北海道幕別町出身。今後の十勝映画の可能性について「作り続ければ可能性は無限大。世界に向けてダイレクトに届けることができる。映像を通じたコミュニケーションには、言葉や国境を越える力がある」と話す。

「My little guidebook-ice-」は、Youtubeで視聴できるほか、平成28年(2016)11月19日(土)に帯広市にて行われる「第1回とかちリトル映画祭」にて、主演女優を招いて特別上映される。このイベントでは、本作だけでなく、今年(2016)の札幌国際短編映画祭の受賞作品を無料で見られる他、小中学生向けに映像制作体験のワークショップも開催される予定だ。

映画についての最新情報は、公式フェイスブックにて随時更新されているので、チェックしてみてほしい。

■映画 My little guidebook-ice-
【映像】65分
【主演】ウー・シンティ
【監督】逢坂芳郎
【企画】ワイガヤ十勝
【公式サイト】http://mylittleguidebook.jp/
【公式フェイスブック】https://www.facebook.com/mylittleguidebook
【本編URL】https://www.youtube.com/watch?v=ahzzWOgWa78

■「My little guidebook-ice-」本編映像はこちら!

この記事を見ている人におすすめ観光情報

この記事を見ている人におすすめホテル情報