沖縄の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索
  1. 2015年にオープンした沖縄の観光施設まとめ

ニュース

お得なパッケージツアーやアクティビティ、イベント情報、新発売の商品など、現地編集部が独自の視点で取材したニュースを毎日配信しています。

2015年にオープンした沖縄の観光施設まとめ

【投稿日】2016年03月14日(月)| 沖縄発

那覇市の旧三越跡に誕生した「HAPiNAHA(はぴなは)」や、車で行ける人気の離島・瀬長島にある「瀬長島ウミカジテラス」など、2015年にオープンした沖縄の施設を紹介。
⇒2015年にオープンした沖縄のホテルまとめはこちら

■HAPiNAHA(はぴなは)/那覇市
 HAPiNAHA(はぴなは)
2015年3月12日、那覇市国際通りの旧三越跡に誕生。体験型のアンテナショップやお化け屋敷など、多くの体験ができる商業施設で3階には「よしもと沖縄花月」を併設。沖縄で活躍する芸人だけでなく、東京や大阪の第一線で活躍する芸人も登場し、365日お笑いを楽しめる。2017年6月まで営業し、7月には再開発により取り壊される予定。
⇒アクセス情報など施設の詳細はこちら

■国際通り屋台村/那覇市
国際通り屋台村
2015年6月19日(金)、那覇国際通りにあったグランドオリオン跡地にオープン。20の飲食店と離島マルシェの合計21店舗が顔を揃え、地産地消をテーマに、各店舗が県産食材で自慢の腕を奮う。屋台ならではのアットホームな雰囲気でスタッフや隣のお客さんとの会話も生まれるので、おいしいものを食べながら地域の人とも交流したい人にはとてもおすすめだ。
⇒アクセス情報など施設の詳細はこちら

■瀬長島ウミカジテラス/豊見城市
瀬長島ウミカジテラス
2015年7月、那覇空港から車でわずか15分の瀬長島に誕生。従来の大箱商業施設にはない、大自然の景観を取り込んだ食・遊び・癒しの総合アイランドリゾート。日中は海と空が青く輝き、サンセットタイムは目の前で真っ赤な夕日が沈む。夜はかがり火が灯るテラス席でディナーを楽しむなど、時間や季節の移ろいに合わせて全く異なる雰囲気を味わえる。サンセットとナイトタイムには毎日2回ジャズなどの生演奏も聞くことができる。
⇒アクセス情報など施設の詳細はこちら

■うちなーファーム/糸満市
うちなーファーム
2015年10月30日(金)、糸満市摩文仁にあった糸満市観光農園をリニューアルし、「うちなーファーム」がオープン。園内はたくさんの動物がいて、ウサギやモルモットなどの小動物とふれあえる「ふれあい広場」や、水牛にゆったりしたペースで農園内を巡る「水牛車ライド」、世界で約60頭しかいない「与那国馬」の乗馬体験ができる「引き馬体験」など、動物と触れ合えるメニューもさまざま。毎年12月には大人気のイルミネーションイベント「いとまんピースフルイルミネーション」が開催される。
⇒アクセス情報など施設の詳細はこちら

■イオンモール沖縄ライカム/北中城村
イオンモール沖縄ライカム
2015年4月25日(土)、沖縄県中部の北中城村にオープン。店舗面積7万8千平方メートルの県内最大規模のショッピングモールで、沖縄初出店70店舗を含む約220店舗が並ぶほか、沖縄やアメリカの文化が感じられるイベントを365日開催するなど、アジアで一番のリゾートモールを目指す。
⇒アクセス情報など施設の詳細はこちら

■恩納村文化情報センター/恩納村
恩納村文化情報センター
2015年4月23日(木)、沖縄県北部の恩納村に誕生。1階は恩納村の観光情報を配信するフロア、2階は図書館、3階は飲食可能な展望台となる。隣接する恩納村博物館とは建物内部でつながっており、入場無料で恩納村の歴史を学ぶことができる。
⇒アクセス情報など施設の詳細はこちら

■羽地の駅/名護市
羽地の駅
2015年5月15日(金)、沖縄県北部の名護市にオープン。1階は直売所やレストランが並ぶほか、名護市・羽地地域の農畜産物や特産品、海産物の加工販売所がある。地元の特産品を活かしたメニューやスイーツが味わえることもあり、気軽に立ち寄れるのが人気だ。また、2階には展望スペースがあり、羽地内海を一望できる。
⇒アクセス情報など施設の詳細はこちら

■しまちゅらら/名護市
しまちゅらら
沖縄で「やんばる」と呼ばれる本島北部地域で育てられた野菜や、その野菜を使ったドレッシングや青汁、調味料などの農産加工品、健康食品、コスメ商品を販売。生産者の思いを伝える店づくりとなっており、ひとつひとつに製品の特長などの説明があるので、手に取ってじっくり知ることができる。
⇒アクセス情報など施設の詳細はこちら

■福地川海浜公園/東村
福地川海浜公園
2015年4月29日(水・祝)、沖縄県北部の東村に誕生。ビーチはハブクラゲ防止ネットが整備されているので、安心して海水浴を楽しめる。バナナボートなどのマリンアクティビティ体験のほか、バーベキューもできる。山側にある福地川ではカヌーやSUP(サップ)体験が可能。東村の自然を満喫でき、家族連れにもおすすめだ。
⇒アクセス情報など施設の詳細はこちら

■石垣馬広場/石垣島
石垣馬広場
2015年6月初旬にオープン。施設では与那国馬との散歩やエサやりなどが体験できる。与那国馬は日本に8種しか残っていない日本在来馬の一種で、毛色は茶色一色。体高が115センチと低いのが特徴。好奇心旺盛で賢く、石垣馬広場では人とポジティブな関係を築くように育てているので、誰でも安心して触れあえる。小柄で愛らしく逞しい与那国馬で離島の自然を満喫できる新しいスポットだ。
⇒アクセス情報など施設の詳細はこちら

==*==*==*==*==*==*==*==*=
毎週、沖縄の旬な観光情報&お得な旅行プランを配信中♪
登録は無料!「たびらい沖縄 メールニュース」の登録はこちら
https://www.tabirai.net/member/mailnews/
==*==*==*==*==*==*==*==*=

=========================
沖縄旅行をお得に予約する
⇒パッケージツアー、ホテル、レンタカー、遊びの予約は「たびらい沖縄」で
=========================

>>「ニュース一覧」に戻る

この記事を見ている人におすすめ観光情報

この記事を見ている人におすすめホテル情報