鹿児島県の地理・自然

鹿児島県の位置や自然、産業をまとめて紹介

鹿児島県は九州地方の最南部に位置し、面積は約9189平方キロで全国10位。東京都の約4倍にあたり、九州では最も広い。また、県域も南北に長く、県最北の長島町から最南の与論島まではおよそ600キロあり、これは鹿児島・大阪間の距離とほぼ同じ。東京までは約960キロだが、韓国のソウルまでは750キロ余り、中国の上海までは約860キロと、距離では東京よりも海外に近い。島々は豊かな自然に恵まれ、多くの生物が棲息する。「屋久島」では亜種のヤクザルやヤクシカ、樹齢数千年ともいわれる巨大な杉が茂る。また、奄美大島は特有の動物が多く、“東洋のガラパゴス”と呼ばれる。

鹿児島県の基本データ

鹿児島市街地と桜島

鹿児島県は、九州本土と、その南に連なる大隅諸島(おおすみしょとう)、吐臈喇列島(とかられっとう)、奄美諸島などから成り、本土の北部は熊本県と宮崎県に接する。本土南部では、太平洋に大隅半島と薩摩半島が突き出しており、その間には鹿児島湾(錦江湾)が広がる。湾内には大隅半島と陸続きの火山島・桜島がそびえる。 県内には世界自然遺産の屋久島をはじめとする多くの島があり、その総面積と有人島の総人口は日本一。県全体の海岸線の長さを合わせると約2640キロとなり、これは日本最北端の宗谷岬から沖縄県の宮古島までの距離とほぼ同じ。離島へは主に鹿児島新港からフェリーが就航し、種子島や屋久島、奄美大島、徳之島などには空港もある。

鹿児島県のデータ

■面積 約9189平方キロ
■人口 約166万8500人
■県の木 カイコウズ、クスノキ
■県の花 ミヤマキリシマ
■県の鳥 ルリカケス

鹿児島県面積比較

北海道(全国1位) 8万3457平方キロ
岩手県(全国2位) 1万5279平方キロ
鹿児島県(全国10位) 9189平方キロ
香川県(全国47位) 1876平方キロ

鹿児島県の自然

シベリア方面から渡って来る出水市のツル

鹿児島県の北部には、宮崎県との県境に標高1700メートルの韓国岳を主峰とした霧島山がそびえ、熊本県との県境には国見山系が横たわっている。鹿児島県全土が火山灰堆積物に覆われており、約50%は軽くて灰色の火山灰のシラス台地。比較的平野部が少なく、各市町には山が迫り、自然が豊か。県内の森林面積は約9万3500ヘクタールで、県土の68%余りを占める。 北西部の出水市はツルの飛来地として有名で、毎年10月中旬から3月中旬にかけて、1万羽を超えるツルがシベリア方面から渡って来る。薩摩半島の南端には、標高924メートルの開聞岳(かいもんだけ)が海からそそり立ち、円錐形の山容から“薩摩富士”ともいわれる。また、世界自然遺産の屋久島は、九州最高峰の宮之浦岳(標高1936メートル)をはじめ1000~1900メートルの山々が連なることから“洋上アルプス”と呼ばれる。

鹿児島県の自然公園
薩摩川内市の長目の浜

鹿児島県には国立公園が3カ所、国定公園が2カ所、県立公園が9カ所ある。「屋久島国立公園」は、九州本土最南端の佐田岬から南へ約60キロの海上に浮かぶ屋久島の山岳部を中心に、火山島の口永良部島(くちのえらぶじま)を範囲とし、ともに山の景観が優れている。奄美大島、喜界島(きかいじま)、徳之島、沖永良部島、与論島の五つの島から成る「奄美群島国定公園」は、サンゴ礁やリアス式海岸、波蝕台など海の造形が美しい。上甑、中甑、下甑などの島々で構成された「甑島(こしきじま)国定公園」は、連綿と続く海食崖や、砂州と潟湖群など、多様な海景が魅力だ。ほかにも、東シナ海に面して弧状の砂丘海岸が約47キロにおよぶ「吹上浜県立自然公園」や、“東洋のナイアガラ”と呼ばれる落差12メートルの曽木の滝をはじめ、変化に富んだ河川流域の景色が続く「川内川(せんだいがわ)流域県立自然公園」など、ダイナミックな自然公園が多い。

鹿児島県の島
鹿児島県の最南端にある与論島

鹿児島県には605の島があり、島の多さは長崎県に次いで全国2位。有人島は28あるが、日本にある436の有人島のうち、面積の大きさでは奄美大島が3位、屋久島が7位、種子島が8位にランクインしている(ちなみに1位は沖縄本島、2位は佐渡島)。屋久島は、樹齢数千年という屋久杉のほか、モミやツガなどの原生林が広がる世界自然遺産の島。あちこちに深い谷が刻まれ、豊富な水に恵まれている。種子島は鉄砲伝来と宇宙センターで有名。鹿児島県本土と沖縄本島のほぼ中間に浮かぶ奄美大島は、周囲約460キロで南北に長く、400メートル級の山々が海岸に迫る沈降型地形を成す。与論島は鹿児島県の最南端に位置し、周囲をエメラルドグリーンの海で囲まれている。沖縄本島は目と鼻の先で、距離にしてわずか20キロほど。

鹿児島県の温泉地
指宿の天然砂蒸し温泉

活火山の多い鹿児島県には2753の源泉があり、この数は大分県に次いで全国2位。県内の温泉地は100カ所。慶応2年(1866)3月に、日本で最初の新婚旅行を行ったのが坂本龍馬とお龍の夫妻といわれ、その時に訪れたのが霧島の塩浸温泉(しおひたしおんせん)。現在、塩浸温泉は龍馬公園として整備され、日帰り入浴施設や足湯、龍馬夫妻が入浴したとされる湯船などがある。鹿児島湾に臨む指宿(いぶすき)温泉は、世界唯一の天然砂蒸し風呂で知られる九州を代表する温泉地の一つ。浴衣を着て天然の蒸し風呂に入る光景は、指宿温泉摺ヶ浜(すりがはま)の風物詩になっている。約1万平方メートルの山の斜面の岩場から、もくもくと湯煙を上げる霧島近くの栗野岳温泉、標高600~800メートルに湧く霧島温泉、海を指呼の間にし、潮が引いた時しか入れない屋久島の平内海中温泉など、自然と一体となった野趣豊かな温泉地もある。