北海道の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索

北海道観光情報

  1. 「日帰り温泉&スパランキング2017」。北海道から選出された名湯はドコ!?

ニュース

お得なパッケージツアーやアクティビティ、イベント情報、新発売の商品など、現地編集部が独自の視点で取材したニュースを毎日配信しています。

「日帰り温泉&スパランキング2017」。北海道から選出された名湯はドコ!?

【投稿日】2017年03月30日(木)| 北海道発

人気旅行口コミサイト「トリップアドバイザー」が、投稿された口コミを元に「旅好きが選ぶ!日帰り温泉&スパランキング2017」を発表。なんと10位以内に、3つの北海道の温泉がランクインしました。

全国的なランキングに影響を及ぼしたのは、外国人旅行客。今回のランキングでは自然の中にある秘境温泉だけでなく、スーパー銭湯など気軽に天然温泉を楽しめる施設も多く入っています。北海道から選ばれた「豊平峡温泉」「新千歳空港温泉」「熊の湯」は昨年(2016)からすべてがランクアップ! 新千歳空港温泉はランク外からの選出となりました。

今年は、道内のどのエリア、どの温泉地が脚光を浴びるのか。変化し続ける北海道の温泉シーンに注目したいですね。





全国2位/やわらぎの里 豊平峡温泉(札幌市)
札幌市・定山渓温泉のさらに奥にある日帰り入浴施設。源泉100%かけ流しの湯のほか、雪見、紅葉鑑賞も楽しめる広大な露天風呂が人気の温泉です。まず、ここを訪れた多くの人が驚くのが、入った瞬間に香るインドカリーの香り。温泉を満喫した後は、本場ネパールのスタッフがつくるカリーをいただくのが乙な楽しみ方。「豊平峡温泉」は定山渓のワイナリー見学やホーストレッキングなど、野外観光と組み合わせて楽しむのがおすすめです。


【住所】札幌市南区定山渓608番地2
【料金】大人1000円
【営業時間】10時~22時30分(最終受付21時45分)
【問い合わせ】011-598-2410

---------------------------



全国5位/新千歳空港温泉(千歳市)
北海道の空の玄関・新千歳空港国内線ターミナル4階にある「万葉の湯」。国内の空港では初の天然温泉を活用した温泉で、千歳市内の源泉から温泉を運搬し、実際に使用するこだわりよう。リラックスルームも完備していて、別料金で宿泊も可能です。ゲームコーナーや読書スポットなど、休憩場所が充実。フライトまで時間がある時に、旅の終わりにも、ぜひ利用してみてください。

【住所】千歳市美々(新千歳空港国内線ターミナルビル4階)
【料金】マル得セット入館料/大人1500円(入浴料・浴衣・バスタオル・フェイスタオル・館内利用料金・入湯税込みのセット割引料金)
 ※他、深夜料金などさまざまな料金体系あり
【営業時間】10時~翌9時
【問い合わせ】0123-46-4126

---------------------------

全国7位/熊の湯(羅臼町)
知床の羅臼町湯の沢にある秘湯。知床の原生林に囲まれた「熊の湯」は、森林浴も楽しめるスポットとして人気です。地元の温泉愛好家によって維持管理されており、無料で入浴可能ですが、どうか寸志の用意を。露天風呂は脱衣場と湯船が男女別になっているので、誰でも気軽に入浴できるのもいいですね。冬、通行止めとなる「知床横断道路」(国道334号線)のすぐ近くにありますが、通年利用できます。

【住所】目梨郡羅臼町湯の沢町
【料金】無料
【時間】※朝5時~7時は清掃のため入浴不可
【問い合わせ】0153-87-2126(羅臼町役場水産商工振興課)

----------

グリーンシーズンに旅したい、北海道の絶景ガイド!

どの桜見に行く?道央地方の「桜名所」8選


この青はどこから? 非日常を味わえる「ブルースポット」7選


「北海道の雲海」ガイド。超人気スポットからマイナーな道東の峠まで

こちらも、ぜひチェック♪

ドライブで立ち寄りたい札幌近郊「絶景カフェ」5選