小樽港(小樽港フェリーターミナル)

日本海側の新潟、舞鶴と北海道を結ぶ航路の拠点

石狩湾の西隅に、海を抱くように突き出した高島岬の東側に位置する小樽港は、石炭の積出港として明治32年に開港。現在は、北海道の政治、経済の中心地・札幌に近く、日本海側の流通拠点港でもある。北海道観光の海の玄関口として、新潟港、舞鶴港(京都府)を結ぶ定期フェリー船やクルーズ船が多数寄港する。小樽の観光名所・堺町通りや小樽運河へも近い。

小樽港

あわせて読みたい!

今、この宿、見られてます

×