北海道の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索

北海道観光情報

  1. 知床流氷フェス/斜里町

知床流氷フェス/斜里町

【投稿日】2017年02月03日(金)| 北海道発

幻想的な森や海で自然を体感。平成29年(2017)、「知床流氷フェス」が初開催

世界自然遺産知床の新たな冬のイベントとして、北海道が定めた「知床の日」の平成29年(2017)1月30日から2月28日まで、「知床流氷フェス」が開催中。昨年(2016)3月に30年の幕を閉じた「知床ファンタジア オーロラファンタジー」に替わり、氷のアートやアイスバー、たき火スペースなどを設けた夜の森で、知床の冬の魅力を体感するイベント。主催する実行委員会は「流氷ウォークや厳冬期の知床五湖エコツアーなどとともに、自然の価値を伝える機会にしたい」と話す。

会場は斜里町ウトロの知床国設野営場(グリーンステージ)と、海に近いオロンコ岩駐車場(ブルーステージ)。海を見渡す高台のグリーンステージでは、高さ約4メートルのアイスタワーや、中でホットカクテルを楽しめるドーム状のアイスバーを制作。雪や氷によるこれらのアートは、その日の風や気温で造形がどんどん変化する様子も楽しめる。大型テント内では地元食材を使った軽食を提供し、自然ガイドによるスライドトークを開催。寝そべって夜空を眺められる空中テントも設置する。ブルーステージでは流氷が漂う海中ライトアップや、オロンコ岩、三角岩という巨岩のライトアップのほか、天気が良い日は時間を決めて消灯し、星空観察を行う。

スタートとなる「知床の日」は、知床が世界自然遺産に登録された平成17年(2005)の流氷接岸初日にあたる。流氷の海から森へとつながる豊かな生態系が特徴の知床。自然が織りなす幻想的な雰囲気の中、観光客や地元の人たちで交流し、その価値を感じ取ってもらうことを目指す。

入場料は知床のシンボルマーク「トコさん」の缶バッジと、ホットワインかホットココアが1杯付いて一人500円。2つの会場間は無料バスが運行する。昼間は各種アクティビティを楽しみ、夜は知床流氷フェスの非日常な空間で自然の美しさを体感してほしい。

■知床流氷フェス
【開催期間】
平成29年(2017)1月30日(月)~2月28日(火)


【開催日時】
18時30分~22時(ラストオーダー21時30分)

【会場】
グリーンステージ(知床国設野営場)
北海道斜里郡斜里町ウトロ香川

ブルーステージ(オロンコ岩駐車場)
北海道斜里郡斜里町ウトロ東

【料金】
一人500円(トコさん缶バッジ、ホットワインかホットココア1杯付き)

【問い合わせ】 
知床流氷フェス実行委員会(事務局・知床斜里町観光協会) TEL:0152-22-2125

【投稿日】2017年02月03日(金)【投稿者】たびらい編集部